小沢氏の一連の裁判

検事が事実とは異なることを記載する。
そのことが裁判の結果どころか、一人の政治家の将来を決める。
事実とは違うと知った裁判官も、自身の出世を考えて有罪を下すこともある。
テレビも新聞も事実を正しく伝えていると思ったら大間違いで、権力者の意向で偏ってしまう。
ラジオも新聞も過ちの過去がある。
テレビはもっとひどい。
絶対というものがないと思えば理解しやすい。
本来は絶対であってほしい裁判も絶対ではない。


カテゴリー: マクロビオティックが楽しい♪ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です