東北関東大震災に真の応援を!

雑感の記事を書いたところ、何人かの方からメールをいただきました。
私も同じ気持ちですが、コメントをするのがためらわれるのでという内容でした。
そんな気持ちの方もいらっしゃることを想定済みであの記事を書きました。
しかし、反対意見の方ももちろんいらっしゃることも想定済みです。
でもね、それはどちらも一緒なんですよね。
そして、そのどちらの気持ちも私にはありますし、皆さんも持っています。
ただ、表に出すか出さないかの違いではないかと思います。
私は表に出して一緒に考えたいタイプなだけです。
ところでお笑いのことです。
先の記事ではお笑いより生きることなんて書きましたが、それは生死を分ける状態のときには、まだお笑いの出番ではないというだけのことです。
人間はうんと苦しくなると、一筋の光を求めようとします。
どん底から這い上がろうとするんですよね。
まさにこれが陰陽の極みです。
極限状態から生還しようとする時には、お笑いも必要になります。
著しい緊張をほぐすものが欲しくなるのです。
皆さんも経験がありませんか?
すごーく疲れている時には、何もする気が起こらなくて、ただボーッと意味のないテレビ番組を眺めていることが。
これぞ陰陽ですね。
被災者たちのお腹が満たされると共に、次は生活拠点の確保です。
職場を失った人もいるでしょう。
家を失った人もいるでしょう。
むごいことに両方失った人もいるでしょう。
でも、生きて行かなければなりません。
その段階になったら間違いなく大きなお金が必要になります。
生き方にそれぞれの想いはあっても、今の時代は悔しいことにお金なしでは生きられないのです。
その時期に私達が出来ることはたくさんあります。
お笑いを届けるも良し、お金を届けるも良し、労働を届けるも良し、笑顔を届けるも良し。
大切なことは、被災者とどこまで一緒の気持ちになれるかどうかです。
テレビが普通番組に戻り、計画停電も解除されたところで、本当の被災はそれから生まれて来るといっても過言ではないのです。
私達に出来ることは、「忘れない」ことなのではないかと思います。
単に忘れないのではなく、日々の生活のそこかしこで、生活の変化を維持することだと思います。
物に対する姿勢でもいいし、お金に対する認識でもいい。
あるいは暮らし方全般でもいい。
この震災であなたはきっと沢山考えたはず。
その考えたことを一人ひとりが実践に移すことが真の応援になると思うのです。
亡くなった尊い命を無駄にしないためにも、生き残った私達が多少傷つきながらでもいいから、私達が一人ひとりの想いを外に出すことが不可欠だと思っています。
黙っていては何も変わりません。
今こそあなたの想いを言葉に託しましょう。


カテゴリー: マクロビオティックが楽しい♪ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です