慈愛の気持ち(陰陽ひとり立ち講座 投稿44)

<陰陽1-6さん>
変わりましたね?。
心も体も変化して、「変化度ナンバーワン!」です。
精神的にも大きく方向転換出来たのが素晴らしいです。
キンピラ牛蒡も、中川さんにOKをもらって良かったですね。
細かい観察日記が、あなたの変化を詳しく報告してくれます。
その中でこんな文章がありましたね。
>気持ちがど?んと出来る様になって来た。
>おろおろしない自分がいる。
>講座が始まってから、心の本を読まなくなったなぁ?とふと気づいた。
>そんな本に頼らなくてもいい自分がいることに気づいた。
>きっとご飯をしっかり食べ出して、いい軸が身体に出来て来たのかなぁ?と思う。
まさにこれが主食の割合を多くすることの反映なんですね?。
精神的にどんなに苦しい時でも、主食さえ身体に入っていれば大丈夫。
このことは大きな安心感に繋がります。
おかずやおかずの栄養素で心身の健康状態が決まるのではなく、食べ物のエネルギーが優先されることをご理解いただけましたか?
良質のエネルギーをいただくことにより、私たちの心身のエネルギーバランスが保たれるんですね。
「むそう塾」が「氣」の存在を大切にする所以はここにあります。
ところで、あなたの日記は便の観察日記でもありますので、本をご紹介しましょう。
もう古くなった本ですが、便の状態を細かく楽しく書いた本で、私は便の百科事典なんて言っております。
著者の藤田紘一郎先生には、10年ほど前にお目にかかったことがありますが、「サナダ虫大好き」先生で、とっても楽しいかたです。
マクロビオティックとは違う世界から便と食べ物の関係を解き明かしていて、とても参考になる本です。
「ウンココロ」(実業之日本社)
実践編でこんな手帖もあります。
「ウンココロ手帖」(実業之日本社)
手帖は別としても、「ウンココロ」の本は参考になります。
ただし、「コロコロ便の時には水分を意識して多めに摂る」というところは、多めになり過ぎないようにくれぐれもご注意ください。
<陰陽2-10さん>
う?ん。
まず最後の日から。
この時期にビールは厳禁です。
ましてや陰性が抜けていないあなたには。
手軽に飲めることもあって缶ビールに手が伸びるのでしょうが、ビールは汗をかく時期の飲み物です。
1年中ビールを飲むご夫婦の性生活は充実していません。
そのくらい体質を陰性にもって行きます。
どうしてもアルコールを飲みたい場合は、もう少し陰性度の低いものにしてください。
中川表にもありますね。
できればアルコールではなく、異性に癒される環境を早く作り出しましょう。
アルコールは陰性、男性は陽性。
この差は大きいです。
陰陽2-5さんや2-6さんと「ひとり立ち独身グループ」を結成して、早く解散してください(笑)
ちょっと視点を変えるだけで、物事の見方は変わります。
癒すのは陰性ばかりではありません。
陽性に癒されることもお気づきですか?
陽性はよく緊張をもたらすことのように言われますが、心地よい緊張は快感や快楽に繋がります。
過ぎた緊張は疲れを生み出しますが、ちょうど良い緊張はかえってリラックスを誘うものです。
この微妙な感覚を味方につけてほしいと、つくづく思います。
男性の力恐るべしです。
それからご実家での味付けのことですが、お母様にお会いしていないので何とも言えないのですが、お母様にはそのお味が合っているのでしょう。
しかし、男性であるお父様にはそれでは薄すぎますよね。
お父様のご病気は陰性です。
ですから、なおのことお父様は濃いお味を求めていらっしゃると思います。
当然お薬も飲まれているでしょうから、健康な人より陽性を意識したお食事にしなければなりません。
お醤油やお味噌、それに梅干しのような陽性の強いもので味付けをしてください。
お弁当のご飯ですが、ランチジャーを買いましょう。
ぜひ温かいご飯を召し上がってください。
電子レンジは物の水分を振動させて熱を発生させるものなので、そのことは身体の水分にも間接的に影響を与えると考えられています。
細胞レベルの話ですが、これから次の世代を産み育てる人には使ってほしくない器具です。
単なる癖として使ってしまうこともあるので、調理方法をもう一度根底から見直しましょう。
外食でのチキンの話。
150gを食べ切らなくても、残せばいいじゃないですか(笑)
その時には生野菜を選んだ方が無難ですね。
後がややこしくならないから。
オニオンスライスがあったのなら、それでもOKですよ。
ジュースは酸味のある100%天然果汁でないと、毒消し効果は少ないです。
甘ったるい濃縮還元ジュースは避けましょう。
果物や野菜を固形物として食べるのと、液体として飲むのとでは、身体に与える効き目が少し違います。
ジュースの方が陰性になるので、出来れば固形物で取り入れた方が理想的ですね。
食べ物のことばかりが書かれているのですが、「体調・精神面・考え方の変化」について観察していただくことが第2期のテーマです。
食べ物ももちろん大切なのですが、それだけに囚われないで、もっと大きなテーマに取り組んで行きましょう。
そして、最終的には心の安定や生き方に繋がるマクロビオティックの真髄を理解できるようになりましょう。
心の観察を忘れないようにしてください。
<陰陽1-4さん>
とても細かい観察記録をありがとうございます。
食事日記に引き続き、1-4さんの綿密さをあらわしているなぁと思いました。
食べ物の陰陽で睡眠時間の長さを観察したり、気持ちの表れ方を観察されたり、素晴らしいなぁと思いました。
またご両親やご兄弟のことも陰陽で観察されていて、お見事です。
お父様のことですが、私も父に対して似たような気持ちを持って大きくなりました。
しかし41歳のころ、父親の本当の素晴らしさを知りました。
子供を育てて初めて分かった感情でした。
ですから、あなたもこれから子育て中に、お父様に対する感情の持ち方が変わる時が来るかも知れませんよ。
「お父さん、ありがとう」ってね。
今ももちろん感謝しておられるのですが、もっともっと深くお父様を理解して、大人の人間同士として解り合えるレベルまで達しますよ。
>最近わかったのは、体が陰性に傾いているときは、過去のいやな記憶ばかりをクローズアップして、被害者意識が強くなるということです。
そうですね。
いわゆるプラス思考がしにくくなります。
陰性である証拠です。
不思議ですよね。
>以前、中川さんに「慈愛の気持ちがわかりますか?」と聞かれ、私は持っていないと思いましたが、自分の体と心が健康で、余力がなければ、持てないですね。
はい、そうなんです。
まずは自分が健康で心が満たされていないと、なかなか慈愛の気持ちになれないものです。
中には体調が悪くても慈愛の気持ちに溢れている人がいますが、このような人は体調だけが今一つであって、心は病気になっていないんですね。
相当意志の強い人です。
見習いたいものです。
あなたには素晴らしいお母様がついていらっしゃるから、大丈夫ですね。
安心しました。


カテゴリー: マクロビオティックが楽しい♪, 陰陽ひとり立ち講座 パーマリンク

コメント

  1. 陰陽1-6 より:

    美風さま

    変化度一番なんて、とても嬉しいです。
    大きなお便りは、今の私にとっては大切なお品物です。
    だから、毎日細かく見ています。

    美風さんがご紹介下さったご本、
    とっても楽しそうですね。
    今便には、興味深深な私です。
    ご紹介下さったご本、絶対読みます。読みたいです。
    ご紹介下さって、本当に有難うございました。

    職業柄今までは、食べものの栄養素に目が行っていました。
    でも、今は食べもののエネルギーが大切なことが
    身をもってわかりました。
    中川式玄米ご飯を第一に、良質のエネルギーを身体にチャージして、もっともっと身体を整えて行きたいです。
    そして、幸せのスパイラルにますますのって行けるように頑張ります。
    どうぞよそしくお願い致します。

  2. マクロ美風 より:

    1-6さん、こんばんは。
    本当にあなたは変わりました。
    10月20日の夜が嘘のようです。
    真剣にお伝えして良かったです。

    これでもう何年も引きずって来た、あなたの過去の体調とはお別れ出来ますね。
    本当に良かったです。
    あなたの頑張りに心から感謝しております。
    ありがとう。

  3. 陰陽1-4 より:

    美風さん、こんばんは。

    美風さんが経験された、お父様に対する感情の変化、とても励みになります。もっと解り合える日が来るのが、楽しみです。

    今までは、自分だけがすごく回り道をしているような気がしていました。でも、全ては必要なことだったのだと、思えるようになりました。

    そして、まだまだ成長できるのだと思うと、ワクワクします。

    1-6さんもおっしゃっているように、自信が無いときは、生きるヒントみたいな本や、新聞の切り抜きを集めては、意識改革を頑張っていました。
    でも、そんなことが必要なくなるのもマクロビオティックなのですね。面白いです♪

  4. 陰陽(2-10) より:

    美風さん、こんばんは。
    アドバイスありがとうございます。
    母の料理のこと、話し合ってみます。
    観察日記ですが、食べ物のことばかりで、いやしい子みたいですね。(笑)
    客観的に具体的なので書きやすくて、ついそうなってしまいました。
    次回からそのように成らないように気をつけます。
    ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です