夫婦が同じ食事って難しいけれど。。。(陰陽ひとり立ち講座 投稿32)

<陰陽1-5さん>
まず、ご飯の量が少ないですね。
それに比べておかずの量が多過ぎです。
あなたの病気を治すには、ご飯の量を多くすることがお薬だと思って実行してください。
それから美味しいお豆腐屋さんがそばにあるのでしょうか?
お豆腐・厚揚げ・薄揚げ・おからが登場し過ぎです。
何かの知識が入っていませんか?
マクロビオティックではこれらのものは体質を考えて慎重に取り入れます。
お豆腐というものは身体を冷やします。
真夏であっても身体を冷やします。
だから真夏に冷奴なんですね。
お料理方法を陽性にしても、身体を冷やす成分が少し減るだけで、完全に陽性なものとは違います。
そのことを頭に入れて食材の検討をなさってくださいね。
今のあなたがするべきこと。
それは腸を冷やさないことです。
ですからお豆腐はどのようにすれば良いのか、もうお分かりですね?
次に、間食は止めましょう。
出先でとか、ご友人とハイになってとか理由を書かれていましたが、どんな状況であっても一口も口にしない強い意志が必要です。
それには理由をきちんとお話しすることです。
理由をお話しすることは、ご自分のためだけでなく、長い目でみると相手のためにもなることなのですよ。
ですから説明する勇気と、辞退する強さを持ちましょう。
間食は癖でもあるし、心の問題でもあります。
心が揺れ動いていると、間食で落ち着かせようとしてしまいます。
これを防ぐためにも、主食を多く摂ってください。
主食は身体の中に柱を作ります。
この柱があなたには整っていないような気がします。
ステロイドを使うのなら一定期間きちんと使う。
止めるのなら絶対止める。
その決断もあやふやなようにお見受けします。
10日間使ったから止めた。
これではかえってアトピーには良くないでしょう。
ステロイドを使ってクッキーやパイを食べているのは、愚かな行為です。
それこそがその皮膚のガサガサを招くのです。
特別な病気のない人がマクロビオティックをする場合は、こんなに厳しいことは申しません。
しかしあなたはアトピーを治したいということでしたから、他のかたより厳しくアドバイスをさせていただきました。
この内容にめげることなく、ひたすら腸のために良いことをしてあげましょう。
アトピーは腸を治すことから始まるのですから。
そのためには一層中川式の玄米ご飯を究めてくださいね。
これを一食あたり200gは食べてください。
これがあなたの特効薬です。
<陰陽2-7さん>
うふふ。
ご主人の変化が面白いですね?。
まあまあ、そんなにカッカしないでくださいな。
馬刺しなんぞを食べるからそんなことになるんですよ。
馬刺しはかなり陽性です。
だって身体を温める効果があるんですもの。
馬油も含めて通常のお肉とは違いますね。
育てられ方を考えてみましょう。
いつも申し上げますが、ご主人には感謝の気持ちも持ちましょうね。
不満なことに神経を注ぐのではなく、感謝の方に神経を注ぎましょう。
そうすると同じ場面でも返す言葉が変わってきます。
まずはあなたから変わりましょう。
食事日記を拝見して思うこと。
もうその職場を離れてくださいと言いたいです。
あなたの寿命を間違いなく縮めます。
あなたの胃袋に入って行くものは、もう自殺行為的なものばかりです。
ため息しか出ません。
通勤時間も含めて、改善された方がいいですね。
食べた物のようになる。
あなたを見ていると、本当にこのことが良く分かります。
本気で考えてくださいね。
生きることの意味。
必要だと思っているお金の存在。
夫婦のあり方。
そもそも毎日楽しいのか?
楽しくない日々を送るために生まれて来たのか?
そんなことをじっくり、真面目に考えてください。
転機になります。
<陰陽1-10さん>
まずは夕方の間食ね。
これは簡単。
その時間帯に氣を集中することに没頭するのです。
もしくは出かけて夕ご飯まで食べられない環境を作り出すことです。
間食や甘いものは単なる習慣です。
そんな習慣には、サッサとおさらばしましょう。
反対に良い習慣がありますね?。
鰯のつみれをご自分で作ったり、蓮根ハンバーグを作ったり、手づくりが多いことです。
素晴らしいことなのですが、この場合は作りすぎ、食べ過ぎにご注意を。
あくまでも主食の半分以下に収まるようにしましょう。
おかずの量が多いと、どうしても後で甘いものや水分をほしくなりますからね。
白米を食べていた時よりおかずを少なくすることがコツです。
糠漬けはもっと食べても平気です。
バクバク食べてください。
次にメールの文章から。
お弁当の5品は頑張ってますね?。
素晴らしいです!
でも作りすぎにご注意を。
ご主人のことですが、白米であってもお代わりすることによって、食後のスナック菓子やカップ麺がなくなって良かったですね?。
おかずの味付けが薄かった時に、このような食べ物を欲しがりますので、観察してみるといいですよ。
なお、ご主人のエネルギーですが、玄米ご飯を食べてくれれば一気に解決に向かうのに・・・。
長期戦で考えてみましょう。
17日にお話ししましょう。
それまではお味噌汁のお味噌を、陽性タイプのものに変えることで凌いでください。
あくまでもご主人が美味しいと言ってくれるお味噌ですが。
お味噌汁の具によってもお味噌を変えましょう。
ホウレンソウのお浸しには、必ず削り節をかけてくださいね。
ご質問のキンピラは、本をお渡しする時にご説明しましたが、味付けが濃いです。
これは毎日少しずつ食べることが目的だからです。
陽性にして行くためにね。
でも、それがお嫌なら、ご自分が美味しいと感じる味付けに変えてくださって結構ですよ。
美味しく感じることが一番ですからね。
最後に。
よく頑張っていらっしゃると思います。
ご主人との調整に苦慮されながらも、マクロビオティックを実践されるあなたに、芯の強さを感じます。
これは悪い意味での強さではありません。
しなやかに、へこたれずに、マクロビオティックを実践なさってください。
そのうちに必ずご主人があなたのモードになって来ますよ。
だってマクロビオティックの理論は、自然の法則そのものだから無理がないのです。
無理をしているものは、必ず限界や破綻が来ます。
その時に最も大切なことに気がつきます。
限界や破綻が来ないうちに気づくのが望ましいのですが、そこまで行かないと受け入れられない人もいるのです。
これは個人差なので、強要することなく、相手の人生のリズムに合わせてお付き合いしましょう。
諦めではなく、いつも心に「スタンバイ」の気持ちを持って待ちましょう。
その日が早く来ることを、私も一緒に待ちます。


カテゴリー: マクロビオティックが楽しい♪, 陰陽ひとり立ち講座 パーマリンク

コメント

  1. 陰陽1-5 より:

     美風さん、ありがとうございます。
    そうなんです。おいしいお豆腐が手に入る状況です。
    でも以後気をつけたいと思います。
    間食の件、肝に銘じます。
    強くおっしゃってくださって本当にありがたいです。
    心から感謝します。
    自分で治していくしかないのですが、途方にくれるときがあります。
    今もちょっとそんな状態です。
    サポートしていただいて、こんなに心強いことはありません。

    それとご飯の件、安心しました。
    少食を意識すると200gは多いかなーと感じていたのですが、これからは気持ちよく頂きます。
    ただ、今腸の活動が感じられずしっかり詰まっています。このまま食べ続けていていいんだろうかと不安です。
    1ヶ月まえと比べて腸の働きは悪くなっている感じです。

    17日またお会いしてお話できるのを楽しみにしています。

  2. マクロ美風 より:

    なるほどー。
    やっぱりそうでしたか。
    それでは、お豆腐のもつ陰性さをカバーするような献立を意識されるようになさってくださいね。
    食事日記には書かれていませんでしたが、間違っても豆乳を飲んだりお料理に使ったりしない方がいいですよ。

    少食は意識だけで実現出来るものではありません。
    身体のためには少食がいいと知って、単純に主食を減らす人が多いです。
    でも、そのような移行の仕方は別の問題を生み出します。
    少食にするには少食でも持ちこたえられる準備をして、それから段階的に減らしていくことが必要です。
    ある日突然、頭で少食を実行しても、身体がついて来てくれないのです。
    それをなくすための第一段階が、主食をお代わりして食べることだったのです。
    主食がきちんと吸収できるようにならないと、少食は実現できません。

    あなたは頭でいいと思ったことばかりを並べてしまう癖があります。
    でも身体は段階的にしか処理出来ないのです。
    焦らずに王道で進んで行きましょう。

    >ただ、今腸の活動が感じられずしっかり詰まっています。このまま食べ続けていていいんだろうかと不安です。

    そりゃあそうなるでしょうね。
    あなたに合ったお食事というより、あなたが食べたいお食事だったから。
    もっと食事日記をよ~く観察されて、何を食べたら腸の状態は良かったとか、お通じがすんなり理想的だったとか、ご自分なりの判断の練習をしましょう。
    それは私が発見するのではなく、あなたがするものです。
    それが出来なければ、いつまで経っても誰かに頼ってしまいますので、練習して身につけてください。
    17日にはそのこともお話しします。
    一緒に練習しましょう。

  3. 2-7 より:

    美風さん、ありがとうございます。

    私のクヨクヨは実はイライラかっかとした陽性のものだったんですね。
    物の見方も変えてきているつもりでしたがまだまだです。

    実は、今回のコメントいただいて、一体私は何をしたらいいのか一瞬悩んだのです。

    私は「人よりは動物性のものも少ないし、身体にいいものを食べているはずなのに!」と言う感じで・・・

    ですが、実はもうすでに動物性はとりすぎているし、余計なものも取りすぎているんですよね。(大量ステロイドを15年飲み続けていました)

    考えることは沢山ありますが、少しづつ整理していきたいです。
    今まで何かをしたくなると欲張って一度に色々手をつけ結果をあせり、結局体力が続かず、何もできなくなる・・・の繰り返しでした。
    地道に毒だし、お掃除していきたいです。

    この講座、受けてよかったです。
    頑張ります。

  4. 陰陽(1-10) より:

    美風さんこんばんは。いつもどうもありがとうございます。

    夕方の間食については、工夫してみます。
    それから、作りすぎに注意します。作りすぎるとエネルギーが落ちると聞いているし、残ると次の食事で食べることになりがちなので注意します。

    それから、(1-5)さんへのアドバイスを読みました。小食にするために主食を増やすことの意味がよく分かりました。
    今は、しっかり主食とその半分のおかずを頭において食事を考えてみます。
    主食二口におかず一口と聞いていたのに、1対1、もしかすると糠漬けや味噌汁を入れると1対2になっていたかもしれません。糠漬けをバクバク食べるようにするにはもっとおかずを減らすことだと思いました。これは、陰性である私向けと考えてよいでしょうか。
    それと量は見た目で判断していいのでしょうか。

    主人の玄米ごはんですが、気長に、でも、真剣にがんばります。
    主人も「いつか食べるようになるかもしれないし、そうならないかもしれないし」と言っていたことがあります。美味しいとも言ってくれているので、あきらめていません。

    >これは個人差なので、強要することなく、相手の人生のリズムに合わせてお付き合いしましょう。
    諦めではなく、いつも心に「スタンバイ」の気持ちを持って待ちましょう。
    その日が早く来ることを、私も一緒に待ちます。

    美風さん本当にありがとうございます。私のことを自分のことのように考えてくださっているのを感じます。

    17日にお会いできるのを楽しみにしています。よろしくお願いします。

  5. マクロ美風 より:


    クヨクヨは陰性ですよ。
    イライラ、カッカは陽性です。
    あなたは陽性食品も陰性食品もたくさん毎日入っています。
    だから、どちらの症状も時間単位でコロコロと変わりながら出て来ます。
    つまり安定感がないんですね。
    そのような人は今いっぱいいます。
    しかしマクロビオティックの理論をもってすれば、陰陽のコントロール食でそれらの不安定さから脱出できるのです。
    だからこそ、マクロビオティックに関心をもってくれる人が増えて来ているのです。

    でも、あなたの場合は、肝心のマクロビオティック料理があまり入っていません。
    一般的に体に負担を与える物の方が、圧倒的に多いので、マクロビオティックの効果が出にくいのです。
    そこで記事にあるような厳しいアドバイスとなってしまいました。
    この問題を解決するには、あなたの生き方や職業に対しても見直さなければ根本的な解決は望めません。
    単に食べ物だけでどうこうなるという問題ではありません。

    もう一度、たった一度しかない人生を、どんなふうに生きたいのかを考え直してください。
    泣いても一生。
    怒っても一生。
    笑っても一生。
    あなたはどんな一生にしたいですか?

    まずは「氣」を整えましょう。

  6. マクロ美風 より:

    1-10さん、こんばんは。
    あなたと1-5さんは体質が違うので、すべてがあてはまるとは行きませんが、少食にもっていく方法は同じです。
    今のかたは主食が少なく、おかずを多く食べる癖がついているので、まずはその習慣をなくしてもらうことが大切なのです。
    そしておかずが少なくても平気になったら、ここから主食を減らして行きます。
    あくまでも主食と副食の割合は変えずにね。
    これらは一気に行うのではなく、期間をかけて徐々に進めます。
    体は急に反応出来ないからです。
    体の気持ちになって進めることがポイントね。

    おかずの量は、せっかく食事日記をつけているのですから、一度きちんと計ってみるといいですよ。
    そうすると、あとは目見当でも判断できるようになりますからね。
    お味噌汁の量も加えたおかずの総量、お味噌汁を加えないおかずの総量を把握しておくと、俄然その後に違いが出て来ます。
    何となく食べていた物でも、理論的に考えることが可能になりますよ。

    食べた物は間違いなく胃袋に収まります。
    胃袋の大きさと目の前に並んでいる食べ物の量を考えたら、自ずと食べられる量の見当がつきますよね。
    この意識をもつかもたないかは、大きな違いです。
    これこそが病気にならないための食べ方です。

  7. 陰陽1-5 より:

    美風さん
    はい、一緒に練習させていただきます。
    ありがとうございます。
    よろしくお願いいたします。

    2-7さん
    私も同感で、自分なりに良いものをとりいれているつもりなのに、どうしたらいいんだろう・・・
    って思うときがあります。

    でも今までの食生活に加え、わたしも同じくステロイド(塗りですが)を幼少のころより使ってもいるので、かなりじっくり取り組まなければならないのだと感じています。

    ステロイドを使っていたのも、同時に美風さんよりアドバイスをいただいたのも何かのご縁、いっしょにがんばりましょうね。

    1-10さん
    お久しぶりです。もうすぐお会いできますね。
    おかずの量、ほんとに油断すると増えていますよね。
    2対1というのは今までに経験していない比率ですから、慣れるのにちょっと時間がかかりそうですが、
    おいしい玄米を教えていただいたので、実行できそうですね。
    あさってまたご一緒できるのを楽しみにしています。

  8. 陰陽(1-10) より:

    美風さん、1-5さんおはようございます。
    こうしてブログに書いてくださるといろいろなことに気づきます。
    おかずの量は減らしたつもりなのに実際写真に撮ってみると多い、そして食べてみるとおかずが余る・・・
    そして、最近では玄米ごはんを増やしていました。逆ですね。おかずを減らすのが本当ですね。
    ここで気づくことができたのでお昼から実行します。
    あさってよろしくお願いします。皆さんに会えるのが楽しみです。

  9. 陰陽2-7 より:

    美風さん、メールで失礼しました。
    コメントにしたほうが皆様と共有できますもんね。

    「もう一度、たった一度しかない人生を、どんなふうに生きたいのかを考え直してください。
    泣いても一生。
    怒っても一生。
    笑っても一生。
    あなたはどんな一生にしたいですか?」

    この言葉、
    心にぐんと響きました。
    こんなこと、考えて生きてきたこと無いのです。

    陽性的思考かもしれませんけど、じぶんの敷いたレールを自分から降りるなんて、絶対に許されることではなかったのです。
    考えてみたら、
    子供の頃から、
    親に言われて小学校からの一連の受験、就職は何が何でも病院に・・・と目先の目標にばかりとらわれていました。
    自分がどうなりたいか、なんて二の次です。
    おまけに人の顔色ばかり伺っていて、最近でこそ少なくなりましたが、人にどう思われるか、そればかり考えてました。

    鶏が先か卵が先か、
    と言う話を先日されていましたが、

    まず、気を整えるようにしたいです。
    そういえば、職場の机・・・
    仕事がつまらなくなってからぐちゃぐちゃです。
    家も職場も汚くっちゃ仕方ありません。
    (家はだいぶよくなりましたけど)

    これでも仕事が本当に楽しかった時期もあったのです。やめたい気持ちは無いわけではないけれど、一花咲かせてから・・・
    と言う気持ちもあるんです。

    でもそのためにも考える視点を変え、
    感謝の気持ちを持つようにし、
    掃除片付け、自分自身のお掃除、
    やっていきたいです。

    感謝・・・
    感謝しなくちゃ!と無理やり考えていることも多いです。何かとらわれてます。

    ・・・

    ちなみにマクロビ料理ですが、
    大して一度に品数を作れるわけではありませんが、
    あえて陽性にならないように避けていました。

    調理法を軽くしたり、食材を考え、マクロビのお料理も作っていきたいと思います。

    本当に、本当に、ありがとうございました。

    ・・・

    1-5さん、

    ステロイド仲間ですね。
    私はステロイドで命を救われたので、医者もあきれるほどのステロイド依存症になっていました。
    今は医者にもかからず過ごしていますが、そうなると昔のことなんて忘れてしまうのですね。
    今の私が何でできているのか、考えるきっかけになりました。
    お互いがんばりましょう!

  10. マクロ美風 より:

    1-5さん、おはようございます。
    一緒に頑張りましょう。

  11. マクロ美風 より:

    1-10さん、おはようございます。

    >そして、最近では玄米ごはんを増やしていました。逆ですね。おかずを減らすのが本当ですね。

    (笑)そうなんです~。
    最終的には食べる量を減らすことが、体にとって負担が少ないので、どんな時にも全体量を増やすことはありません。
    お願いすることは主食と副食の割合を変えることと、全体量を減らすことのみです。
    よろしくね~。

  12. マクロ美風 より:

    2-7さん、おはようございます。
    やっぱり、そうでしたか~。
    目標に向かって一目散に生きて来られたんだろうなぁと思っていました。
    その目標が親の敷いたレールだったり、自分の敷いたレールだったりしますが、目標どおりに行かないこともよくあります。
    でもね、目標を達成することが成功ではなく、目標を達成しないことも意味があると捉えることが出来たらいいですね。
    そもそも目標っていつの時点での目標なのか?
    その後人間の考えはいくらでも変わります。
    自分の揚げた旗を自分の手で降ろすことは、決して負けることではなく、方向転換にすぎないことを、この際認識されても良いかと思います。
    そのうえで一花咲かせたいのなら、犠牲は覚悟の上で頑張られてはいかがでしょうか?
    あなたの人生ですもの。
    あなたのお好きなように生きられるのが一番ですよね。
    私もそうして来たので、大きなことは言えませんが(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です