抱きしめられる・抱きしめる

先の記事「凛とした女の子におなりなさい」を読んで下さった方から、多くのメールをいただきました。
ありがとうございます。
まだお返事が出来ていなくてごめんなさい。


本の装丁からみると、年齢の低い人を対象にして作られていると思うのですが、阿久悠さんはもっと幅広く女性全般に語りかけるような気持で書かれたのだと想像します。
とにかく、収録されている9編の詩の内容が、あまりにも奥深いからです。
行間どころか、文字の一つ一つに人生を感じる深さなのです。
私は「凛とした女の子におなりなさい」を、淡々とご紹介しました。
しかし、このような人になるのは時間が必要だとも思いました。
そして、何よりも不可欠なものがあります。
その不可欠なもの。
私はこんなふうに思います。
                *    *    *    *
凛とした人
そうなるには 絶対欠かせないものがある
愛の存在だ
自由で強くてやさしい  なんて 愛がなくてはできない
人は真の愛を確信しなければ 自由になれない


人は誠の愛を受けなければ 強くなれない
人は深い愛に満たされなければ やさしくなれない

愛で抱きしめられる
愛で抱きしめる
異性に抱きしめられる
異性を抱きしめる
宇宙(自然)に抱きしめられる
宇宙(自然)を抱きしめる
これがなくして 凛とした人 にはなれない
                 *    *    *    *
長い間生きて来て、色々あったけれど、マクロビオティックを知った今なら、この「凛とした世界」が可能なように思います。
凛とするには何よりも、中心軸が定まらなければなりません。
この中心軸のある人が少なくなったからこそ、阿久悠さんの下記の言葉が出てくるのです。
凛とした・・・
近頃いないのです
そうです、少ないのです、そういう人が。
人間の土台を作る食生活が乱れてしまったからです。
もう一度伝統的な日本の食生活を取り戻せば、それは可能だと確信します。
そして、取り戻すべきです。

今の日本人が忘れようとしているもの、忘れてしまったもの。
どうしても忘れて欲しくないもの。
そんなものをお伝えしたくて「むそう塾」を始めた私と中川さんです。
「むそう塾」から多くの「凛とした人」が巣立ってほしいです。
そして、いい男といい女になって、死ぬまで恋をしてほしいな。
抱きしめられる感覚。
抱きしめる感覚。
それを大切にしてほしいと、つくづく思います。


カテゴリー: マクロビオティックが楽しい♪ パーマリンク

コメント

  1. Gentaroh より:

    今日はから記事を確認しながら書いておりますが、『愛』を見て『男にも必要だなぁ』と思い読んでいると、
    『いい男といい女になって』の記述を見て、『フムフム』と頷きながら一言書かせて頂くことにしました

    ワタクシ個人的には『玄米』から中心軸が創られると思っているので、むそう塾の考え方には賛成ですし、病前の父も普段から、『玄米が一番大事な基本なのに、玄米の炊き方を教える所が無い。まずはおかず云々より、玄米の炊き方を一番の教えるべきなのに』と嘆いておりましたが、
    父については、ようやく玄米を食すことが出来る段階まで来たので、今年1年かかってやっとスタート地点に辿り着いたような状態です。

    父の病気の原点はズバリ『高血圧』の1点に尽きるので、高圧な玄米は無理ですが、低圧でもじっくり時間をかけた玄米を食べさせることが出来るようになったので、今後の経過を観察しようと思います

  2. millet より:

    今までblueという名で書き込みさせてもらっていたものです。美風さん、すばらしいですね。
    いつも素敵な情報をありがとうございます。
    本、図書館で予約しました。
    私も抱いて抱きしめられるよう、素敵な女性になりたいです。

  3. 89 より:

    子育て中の私の心にぐっときました。
    子供も記憶にはないだろうけど、ちゃんと親が抱きしめて愛情を注ぐことが大人になってから、まっすぐに育ってくれるのだと再確認。
    さっそく、今日もたくさん抱いてあげよう。

  4. ケロ より:

    美風さん
    ミクシーを退会してしまったケロです。その際はありがとうございました。こちらのブログはこれからも見せていただきますね。
    すごく素敵な詩で心に響きました。

    「自由で強くてやさしい」
    男でも女でも子供でも老人でもこういう人は魅力にあふれていますね。
    私の周り、こういう人結構います。
    世の中、全ては愛です。

    また遊びに来させていただきますね。ありがとうございます

  5. Fiona より:

    このお話で、私はようやくあの(1)~(3)も理解できました。中心軸、それはたとえば、ポリシー、普遍的な知恵、にもつながりますね。ありがとうございます。

  6. しのん より:

    こんにちは。初めてコメントさせて頂きます。他にこういった内容を相談できる人が周りにいないため不躾だとは思ったのですが質問させて下さいませ。
    私は厳格にマクロビを実践しているわけではないのですが、1年ほど前から玄米を食べてます。特別体調の変化はなかったのですが、10日間程前から両肩に発疹が出始め日ごとに数が増えています。現在は背中全体、上腕の方まで少しずつ広がって来ています。はじめは何かのアレルギーかと思ったのですが今までと変わったものを口にしたわけではなく、これがいわゆる好転反応なのかなと思ったのです。特に痒みや痛みがあるわけではないですし、万が一全身に広がったとしても今の時季でしたら洋服で隠せるので平気です。
    病院に行って抗生物質を処方してもらってもどうせ飲まないですし、好転反応の場合諦めずに玄米を食べ続けることが大事というのを読んだこともあるのでこのまま発疹を出るに任せておいた方がいいのか悩んでいます。医師でもないマクロ美風さんにこんなことをお聞きするのはご迷惑だと思うのですが、ご意見を頂けたら有難いです。また玄米菜食を続けていたらくせ毛が直ったというご意見もたまに拝見するのですが、そういう方は結構いらっしゃるのですか?私が玄米を食べ始めたきっかけの一つが髪の毛の悩みでしたので・・・。

  7. marieJ より:

    美風さん
    すごい素敵です。
    美風さんの悟った お言葉。
    真、誠、そして深い愛
    すごい ふわーっとイメージがわきました。

    ありがとうございました。

  8. マクロ美風 より:

    >ワタクシ個人的には『玄米』から中心軸が創られると思っているので、むそう塾の考え方には賛成ですし、

    おっしゃるとおりですね。
    私もそのように思っていますよ。
    これは自分の体験を通じて実感したことです。

    >病前の父も普段から、『玄米が一番大事な基本なのに、玄米の炊き方を教える所が無い。まずはおかず云々より、玄米の炊き方を一番に教えるべきなのに』と嘆いておりましたが、

    心強いです。
    お父様は玄米ご飯の大切さを、心底ご理解なさっていらっしゃる方ですから、お父様がそのように仰っていらしたことを知り、とても嬉しく思いました。
    教えてくださって、ありがとうございました。

  9. マクロ美風 より:

    milletさん、こんにちは。
    お名前が変わったのね。
    何か変化を望まれたのでしょうか?
    阿久悠さんの詩で、またまた変化されますよ、きっと。
    お楽しみに~♪

  10. マクロ美風 より:

    89さん、こんにちは。

    >子供も記憶にはないだろうけど、

    いえいえ、お子さんはしっかり覚えていますよ。
    口に言葉として発しなくても、体が全部記憶しています。
    どうぞ、今の大事な時期に、いっぱいいっぱい抱きしめてあげてください。
    充分に抱きしめられた子供は、親との信頼関係が築かれているので、スッと自立して行きます。
    今が子育ての勝負時ですよ~。

  11. マクロ美風 より:

    ケロさん、こんにちは。

    >男でも女でも子供でも老人でもこういう人は魅力にあふれていますね。

    本当にそう思います。
    私もそういう老人になりたいと思っているんですよ~。

    >私の周り、こういう人結構います。

    それは素晴らしい!
    ぜひ、その方々からいい氣をいただけますように。

    また覗いてくださいね。
    お待ちしております♪

  12. マクロ美風 より:

    Fionaさん、こんにちは。

    >このお話で、私はようやくあの(1)~(3)も理解できました。

    あらあら、ごめんなさい。
    言葉足らずな文章だったでしょうか?
    でも、ご理解いただけて嬉しいです。
    最も大切なところなので。

    >中心軸、それはたとえば、ポリシー、普遍的な知恵、にもつながりますね。

    そうですね。
    だからこそ、大事なものなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。