「なかがわ」式玄米ご飯の効果!

きょうも暑かったですね?。
私達一家はお墓参りのため、夫の運転する車で2か所のお墓をハシゴして来ました。
60キロ近く走りました?。
午前中も忙しかったのですが、こんな時だからこそ、気持ちを込めて玄米ご飯を炊きました。
もちろん「なかがわ」さん仕込みの美味しい玄米ご飯の炊き方に忠実に炊きましたよ?。
「なかがわ」さんで教わった時と、お鍋の種類もお米の量も違いますから、細心の神経で加減します。
タイマーも二つ用意して炊きます。
炊き上がったご飯におへらを入れる時、へら当たりでご飯の美味しさの見当がつきます。
ん?
きょうも美味しそうだぞ(^^)
果たして、夫いわく、「やっぱりこの柔らかさがいいね?」。
(やっぱり)。。。
今回はいつもと変えてみました。
いえ、炊き方だけでなく、炊き上がり後の入れ物を。
*     *     *     *
いつもはおひつに移すのですが、家族が一斉に食べられないと、遅くなった人はどうしても冷めたご飯になってしまいます。
それで、電気炊飯器の保温機能を利用してみました。
お墓から帰って来て夕ご飯に玄米ご飯を食べたのですが、とても美味しかったです!
やはり、温かいご飯は幸せな気持ちになりますね?。
息子は玄米ご飯は食べたがらないのですが、この「なかがわ」式の炊き方なら、黙ってモクモクと食べてくれます。
何よりも、炊き上がりのふっくらした感じが、口当たりが良くて抵抗がないようです。
「なかがわ」式の炊き方は、白米のご飯と同じ感覚で食べられるから不思議です。
そんなわけで、こんなに暑いのに、お昼も夜も玄米ご飯をパクリパクリといただきました。
こんなに美味しい玄米ご飯の炊き方を伝授してくださった「なかがわ」さん、本当にありがとうございます。
店主の中川善博さんの、「すべてを包み隠さず全部さらけ出して」教えてくださる姿勢に、心から感銘を受けております。
<中川さんのお言葉をそのまま引用させていただきます。> 中川さんのブログより
・・・つつみかくさず、出し惜しみをせず、シェアの心で「コツ」から「秘訣」まで全部お話致しましたが、うまく伝わったでしょうか?・・・

画期的な炊き方を多くの方がマスターなさって、ご家族みんなで「美味しいね」って、笑って食べていただけたら嬉しいですね。
参考記事
「夏向け玄米ご飯の美味しい炊き方教室」が終わりました 


カテゴリー: マクロビオティックが楽しい♪ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。