視点を変えると

「メイコの手抜きオーガニック生活」の“メイコ”さんは、バキバキの陽性タイプ。
お酒も強くて、酔った上での数々の逸話が面白い。
力もあって、自転車を塀越しに持ち上げて乗り越えられるほどの腕力(^^;)
そんなメイコさんでも、子育てはちょっと勝手が違う。
家事が思うようにこなせない。
そんな時、ちょっと視点を変えてみたら、見えないものが見えて来た。
そして、かえって心にゆとりが出て来たから不思議だ。
「あせらない よくばらない」
*    *    *    *
今、高松のインターネットカフェからブログを更新しています。
今週は丸々1週間関西と四国にいて、8日までビッシリのスケジュールです。

 

帰ったら恐ろしく溜まった家事が待っているのですが、家事は奴隷にならずに、要領よく楽しくつきあいたいものですね?。
もしかして、家事は義務だと思っている人がいませんか?
それはN Oですよね。
やりたいからやる。
これが一番だと思います。
私は家事が好きです。
整理整頓も大好き。
部屋の模様替えなんか、仕事にしたいくらい好き!
模様替えのプランを考えるだけで、ワクワクして、寝ていられなくなります。
だから、主婦の仕事が好きです。
メイコさんのご家庭は、「やりたい人がやる」ことがごく自然に行われているのです。
ご主人がお子様を扱う手つきや態度は、主婦顔負けです。
本当に子供が好きなんだなぁと感心します。
新しい家庭のあり方を感じました。


カテゴリー: マクロビオティックが楽しい♪, マクロ美風の家事アドバイス講座 パーマリンク

コメント

  1. ともこ より:

    いつも楽しくブログを拝見しております。

    私も3歳・1歳の子供がいるのですが、なかなか
    家事が思うように行かず、イライラしてしまいます。
    子供が散らかすのもイライラ…。
    そんな自分にイライラ(笑)。

    視点を変えることが気付かない内に出来なくなっているとき、マクロ美風さんのブログではっとさせられたり、救われたり…。

    私は下の子を妊娠したのをきっかけにマクロビオティックを始めました。しかし、陣痛が微弱陣痛だったため陣痛促進剤での出産となり、出血も多く産後3日間は貧血のため起き上がることも出来ず、点滴。正直、何のためにマクロビオティックで頑張ったのか、と思いました。

    でも、なぜか止めることもせず、何となくマクロビから離れられず、意識しつつ今に至ります。
    最近は視点を変えて、なぜあんな出産だったのかな、と思うようになり、またマクロビオティックしてみたいな、と思うようになりました。自分でも不思議なのですが。何と言えばいいのか分からないのですが(笑)。でもお砂糖も間食も・・・アリアリなのですけどね。
    いつか井戸端会議にも出席できたらいいなと思います。
    長々と失礼しました。

  2. 89 より:

    こんにちわ。
    まさに、このことです。

    あの日以来、少しずつ少しずつ、手を抜けるようになり、息子に対してイライラしなくなりました。
    それよりも、息子をよく見て、遊んでが楽しくなりました。
    今まで、お掃除も料理も寝ている間にって、結局休めなく、また、思うように寝てくれないとイライラが絶頂に・・・そんな日々でしたが、最近は、お料理は出来るときに(朝早く目覚めたらするとか)、掃除なんですが、掃除機を手押し車に、息子なりに手伝ってくれています。
    それに、思うように寝てくれなかったら、ちょっとベビーカーや車で散歩して寝せたほうが、楽だったし、本とか持って、車中で読んだり。

    「思うようにならない」と思うと、気が楽になりました。

    息子が遊んで欲しいときに遊ぶと、しばらく満足したげに自分で遊び始めたり、寝ている時に私も疲れたら一緒に寝ることで、夜中の睡眠不足が解消され、寝顔を見るとこっちが癒されたり。

    ほんと、今まで義務というかしなければーーって言っていた家事を、出来ればいいやーーってなるだけでこんなにも変われるものですね。

    実際、向き合っているのかどうなのかは自分では判断できませんが、息子が、安心している顔つきになった気がします。

    今月またお会いできるの楽しみです。

  3. マクロ美風 より:

    3歳と1歳なら、一番手のかかる時ですね~。
    ストレスも半端じゃないと思います。
    でもね、視点を変えると、一番楽しい満ち足りた時期でもあるんですよ。

    どうぞ、家事には目をつぶって、お子様を第一優先にしてあげてください。
    ご主人様にも、「今だけごめんね」と言って、理解をしてもらいましょう。
    もし、それでゴニョゴニョいうようなご主人なら、「二人の子供でしょ」ぐらいのことは言いましょう。

    子供は、母親だけで育てるものではなく、夫婦で育てるものです。
    もし、ご主人が家事の協力が出来ないなら、精神的なサポートはしてもらいましょう。

    母親は、子供を育てるだけでなく、夫をも育てていいと思います。
    男性は、特にいまどきの男性は、妻が口に出して訴えないと妻の要求が分からない人が多い傾向にありますからね。
    もちろん、何も要求しなくても、そっと何かをしてくれるような男性が理想的ではありますが・・・。

    ところで、マクロビオティックをある程度していると、生理もお産もとても楽になりますよ~。
    楽になるにはそれなりの理由があります。
    甘いものの影響は大きいので、お子さんのためにもきちんとマクロビオティックと向き合って見ることをお勧めします。

    ともこさんのお住まいがどちら方面か分かりませんが、お近くの「美風ゼミ」にお出かけくだされば、アドバイスさせていただきますよ~。
    下記の記事の末尾にこれからの「美風ゼミ」の一覧が載っています。
    ご参考になさってくださいませ。
    http://blog.goo.ne.jp/macro21/e/8ab552e490aabd7a2f4ce7b6c1415586

  4. マクロ美風 より:

    89さん、良かったです~!
    そうなんです!
    子育てって、「思うようにしようと思わない=思うようにならない」ことが原則なんです。
    だから、思うように生きて来た人ほどストレスが大きいんですね~。

    89さんは、いい感じでお子様と向き合いつつあるのではないでしょうか?
    お子さんは正直です。
    お母様がどんなに弁解しても、お子様をみればその家庭のありようが手に取るように透けて見えます。
    きっと今月にお会いしたら、お子様の表情も変わっていることでしょうね。
    楽しみにしていますよ~♪

  5. ともこ より:

    丁寧なお返事、ありがとうございます。

    私は熊本在住なので、美風ゼミに参加できる機会がなかなかないのですが、いつかはぜひ参加してみたいです。
    mixiの「九州マクロビ的お集まり」のコミュニティには参加させていただいているのですが、熊本で開催されているものにもいまだ参加できず…。
    子供たちのためにも何より自分のためにも、マクロビオティックを楽しんでいきたいと思っています。
    3人目も欲しいと思っているので、ぜひぜひ楽なお産、自然なお産を体験してみたいものです!

  6. maki より:

    子供が生まれてからも、私はまだ自分のことを中心に考えていたと思います。

    それが、恥ずかしながら最近、何を中心にすべきかを痛感する日々です。

    89ちゃん同様、あの日から変わり始めています…

    まさに自分の行いはすべて鏡のように自分に跳ね返ってくるのですね。

    私が変化したことで、本当に満たされた顔をするようになった息子がいます。

    こちらも、まだまだ修行の身ですが、どうやって息子の言い分を理解しようかと、言葉も拙い子供を観察することの大事を感じています。

    見てあげること。
    気を送ってあげること。

    そして、いい意味で、できないことにイライラせずに、諦めること。

    今はこのスタンスが気持ちいいです。

  7. マクロ美風 より:

    mixiの「九州マクロビ的お集まり」のコミュニティは素晴らしいでしょ?
    管理人さんでいらっしゃる“ぼんた@”さんのお人柄を、私はとても尊敬しています。
    実際にお会いすると、もっと惚れちゃいますよ。
    柔らかくて、あったかく包み込んでくれるお人柄の持ち主です。
    ぜひ、勇気を出してイベントにご参加なさってみてください。
    その第一歩が、ともこさんの悩みや疑問の解決につながりますよ。

    あ、そうそう、私もmixiしています。
    同じく“マクロ美風”です。
    mixiでもよろしくね~。

    >子供たちのためにも何より自分のためにも、マクロビオティックを楽しんでいきたいと思っています。

    それが一番です!
    ぜひ、楽しんでマクロビオティックライフを続けてくださいね~。
    いつか、必ずお会いしましょう♪

  8. マクロ美風 より:

    良かったです~。
    あの時流した涙は、無駄ではありませんでしたね。
    去年の5月にも泣いた。
    今年の5月にも泣いた。
    今月、また泣きましょう。

    泣いて、泣いて、泣きながら真剣にお子さんに向き合うmakiさんは、とっても素敵です。
    そして、それをサポートしてくださるご主人さまの笑顔も素敵です。
    それからそれから、最高に素敵なのは奏太ちゃんのトビキリの笑顔と、ダイヤモンドの瞳です。

    これさえあれば、makiさんは絶対幸せになれます!
    今は欲張らないで、この幸せをかみ締めましょう。
    子供が常に母親を求める時期はいっときです。
    短くて、二度とやって来ません。
    たった一度しかないチャンスを、これ以下の価値観で浪費しないでほしいなぁと思います。

    makiさんの本当にしたいことは、奏太ちゃんを育てる過程で変化するかも知れませんし、新たに生まれるかも知れません。
    今は、目の前にある子育てに、真剣勝負で臨みましょう。
    その先に、makiさんの道は用意されますよ。
    楽しみにしていてね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。