甘いもの(お砂糖)の体験

リマ・クッキングスクール尾形妃樺怜先生。
穏やかなお人柄と物凄い勉強量。
いつもいつも教えられます。
ある日、こんなことがありました。
同じホテルに泊まっていたのですが、いつも二人とも朝は食べません。
しかし、その日の朝(10:00頃)は、な?んだか私が「お腹がすいたわ?」と言いました。
この後食事をいただけるのは15:00頃なのです。
「体が要求してるんじゃない?何か食べれば?」と尾形先生。
街角にある珈琲が自慢の喫茶店に入り、ココアとトーストを頼みました。
尾形先生もお付き合いでコーヒーの深入りを注文。
パンにはジャムとバターがついて来ましたが、バターのみをつけてパクン。
うっ! 柔らかい!
綿あめのように柔らかいパンに、ビックリ!
いや、きっとこれが普通のパンなのでしょう。
マクロ仕様の固いパンに私が慣れているだけ。
その日は、何故か紅茶では物足りず、ココアを注文したのですが、その甘さはとっても美味しく感じたのです。
(きっと二日間の徹夜がきいているんだなぁと私)
尾形先生の目の前で、ふわふわパンと白砂糖たっぷりのココアを口にする私を、尾形先生はただニコニコして眺めていました。


              *    *    *    *
さて、お料理教室が始まりました。
いつもは何時間立ちっ放しでも平気な私ですが、13時を過ぎたあたりから、な?んだか今ひとつピシッとしないのです。
もちろん、立っていることは平気なのですが、何かこう、背骨に力が入らないというか、気合いが今一つなのです。
(やっぱり二日間の徹夜は厳しかったんだなぁ?、なんて思う)
そうこうしているうちに、試食タイムになりました。
メニューにあったきんぴらを食べ、お味噌汁を飲んでから、あら、不思議?
体に変化があったのです。
だんだん、シャキッとして来るではありませんか!
うん?
もしかして?
さっきまでの体は、お砂糖のせい?
(これが陰陽ってことなのかぁ)
              *    *    *    *
後で尾形先生に、このことをお話ししました。
「良かったね?、体で感じられて」と一言。
相変わらずニコニコ。
そうなんです。
まさに体で感じたんです。
マクロビオティックで一番大事なこと。
それは、実践し、体で感じ、また実践すること。
このことを無言で教えてくれた尾形先生に感謝です。
話すだけが教えることではなく、黙っていることも教えることになる。
このことを教えてくださった尾形先生の深い想いに、私は大きな課題をいただいた気がしました。
これからの私の方向性が見えて来た出来事でした。


カテゴリー: マクロビオティックが楽しい♪ パーマリンク

コメント

  1. minmin のコメント:
    おはようございます。
    最近、まさに甘いものプラス陰性の力を体で感じています。

    昨日は久々に左側の頭痛が1日治らず、梅干と味噌を食べながら原因を探ってみました。

    実家で食べた母の料理には市販のめんつゆが使われているのでその中の砂糖か?
    それとも主人用に作ったてんさい糖入り小豆の味見のせいか?
    でも両方とも口にしたのは「少し」なのですが、その「少し」でも体が反応するようになったのか?
    はたまた2日連続でさつまいもを食べ過ぎたせいか?

    今回はどうやら「さつまいもの食べ過ぎ」が原因のようです。
    なぜならあんなに食べていたさつまいもが、今は目の前にあってもあまり食べたいと思わないからです。

    「砂糖」だけじゃないんだな~と実感しました。
    そりゃ、何でも食べ過ぎは×ですからね。(笑)
  2. macrobi papa のコメント:
    これ、分かります。
    僕も仕事はいる前は、甘いものを食べません。

    ちょっとでも食べると、料理が全然作れなくなるんですよね。で、食べちゃった時は、みそ汁飲んでいます。

    なるほどー、と思いながら読ませて頂きました。
  3. マクロ美風 のコメント:
    あらあら、さつま芋を美味しそうに頬張るminminさんを想像しちゃいましたよ~(^^)

    ところで、甘い物を摂ると頭痛がするとよく言いますよね?
    どの先生にもそのように教わりました。
    でも、私は何故か、甘い物を摂っても頭痛がしないんですよ~。
    どんなに寝不足しても頭が痛くならないし。

    個人差をつくづく感じます。
    大森先生が、「お手当てはいつも違うんだよ」とおっしゃっておりましたが、本当にそれを実感します。

    陰性、とくに甘いものは砂糖以外でも要注意ですね~。
    ついうっかりしそうですが、大事なポイントです。
    さつまいもの陰性もあなどれません。
    何しろ紫ですからね~。
    それから「質も量」なので、気をつけたいですね~。

  4. マクロ美風 のコメント:
    おおー、papaさんはすでに体験済みでしたか~。
    ホントにあの気合いの入らない感覚って、いただけないよね~。

    でも、お味噌汁の力を知るには、いい体験かも?
  5. かなりあ のコメント:
    美風さん、こんにちは♪

    私も甘いものでの体の変化を、体験済みです。

    以前10年振りで某所に行きまして、嬉しさのあまり
    ちょっと羽目を外してしまいました。
    砂糖の他に乳製品なども入っていました。

    帰宅後から1週間位、とにかく朝、起きられませんでした。
    起床後も体がすっきり・しゃっきりしません。

    何とか落ち着きましたら、今度は激しい生理痛に!
    3日後にリマの試作会がありまして、
    S先生とK先生にお話しましたら、
    「そうでしょう」と「体と食べ物と、良い体験をしましたね」と、言われました。

    その後は砂糖でなくても、甘酒でも充分に眠気を誘ってくれます。

    甘いもの断ち中ですので(先月のリマの講座で破ってしまいました!)、
    今の私でしたら、ちょっと甘味が入りましたら
    てきめんに反応してしまうでしょうね。

    化学物質過敏症故、食べ物への反応も過敏です。
  6. マクロ美風 のコメント:
    そうそう、しばらくお砂糖をとらないと、お砂糖が入った時の感覚がはっきり判りますよね。
    反対に、ダラダラ摂っていると、いつまでも判らない。
    甘酒も同じですね~。
    やはり、陰性だな~と思います。

    >化学物質過敏症故、食べ物への反応も過敏です。

    本物か偽物かを見抜く時は、化学物質過敏症の人に試食していただくと、すぐ分かりますよね。
    ご本人は大変でしょうが。。。


  7. なんででも のコメント:
    尾形先生とのちょっといいお話、ありがとうございます!言葉によらない伝わり方って、重要かもしれないですね。そんな方法もあるんだって再発見です。

    私は糖類を摂ると、歯がすぐに痛くなります。白砂糖とそれ以外のものだと反応時間に差があります。

    あと砂糖ではないけど、たまに魚介類を食べると、睡眠時間が3時間程でパッチリ起きて眠くないです。それが顕著なんですよ~最近は夜中読書に役立ててますけどこれも陰陽ですよね?すごいですね。

    さて昨日55日ぶりに生理がきました。満月の時は身体に負担がないとかでいいらしいので、嬉しいですが。

    ただーショックな事も引き金になるのかな。
    実は82歳の父が認知症が進み…深刻で同居してる母が私の元に逃げてきたんです。砂糖の害の影響が強いと思うんです。

    満月の力を借り、私の持ってる全てを持って何としてでも改善したい、対応するつもりです。甲田先生の本も緊急入手しないと~しばらくその事に全力投球します。私を育ててくれた両親に恩返ししたいんです…もう一度前の父に戻って会いたいし~

    個人的な事を載せてごめんなさい

  8. gissy のコメント:
    この二つのものの効果はマクロビを始めて本当に体感できました。

    しばらく砂糖断ちしていた時に、「たまには甘いものも食べないと行き詰るだろ」と言われて、ソフトクリームを少し食べたら、その後、激烈に眠くなり、「うわ~、こんな耐え難いほど眠くなるとは…」と驚いたのを思い出しました。

    また、しばらくの間、ほとんど玄米おにぎりだけで過ごした時に、塩気が完全に抜けてしまい(その時は何が原因だったのか気付かなかったのですが)普通に歩くこともしんどくなるくらい力が抜け、覇気がなくなってしまうという経験もしました。

    その時は大変でしたが、二つの出来事は自分の体を知る上ではとてもいい経験になりました。
  9. マクロ美風 のコメント:
    なんででもさん、こんにちは。

    >さて昨日55日ぶりに生理がきました。満月の時は身体に負担がないとかでいいらしいので、嬉しいですが。

    おー!
    やっぱり陽過多でしたね~。
    納得です。
    経過はいかがでしたか?
    満月の効果がありましたか?

    ところで、お父様はヨダレが多くありませんか?
    ちょっと確認してみてくださいね。

    ご両親のことを考えると、これから大変なことが待っていると思いますが、そんな時こそマクロビオティックは役立ちます。
    お食事だけでなく、精神的にマクロビオティックは大きな力になりますので、どうぞ、真剣に取り組まれることをお勧めします。

  10. マクロ美風 のコメント:
    gissyさん、こんにちは。
    そうですかぁ、いい体験をなさっていますね~。
    お砂糖もお塩も一定期間断つと、その後に口にした時、ハッキリと判りますよね。
    恐ろしいくらいに。

    gissyさんのお塩の体験ですが、それがもう少し進むと、起き上がれなくなります。
    中には、救急車で病院に運ばれた人もいますよ。
    めまいも多いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です