土鍋炊きの玄米ごはんと圧力鍋の玄米ごはん~喜びへ~

私はこのブログで、主食の大切さを何回も記事として書いています。
それは、主食の種類であったり、炊き方であったり、量であったりするわけですが、どの場合にも大切なのは、体に合っているということです。
マクロビオティックを長い間続けると、圧力のかかった玄米ごはんを重く感じる人が多くなります。
あるいは、マクロビオティックを始めたばかりの人でも、圧力のかかった玄米ごはんをなかなか美味しく感じない人もいます。
そんな時には、玄米ごはんの炊き方を変えてみましょう。
ちなみに私は、真夏でも圧力のかかった玄米ごはんを美味しく食べていたタイプなのですが、さすがに日々の陽性な行動が影響して、昨年の晩秋からコトンと圧力がイヤになりました。
今はこんなに寒いというのに、陽性さがイヤです。
でも、夫は圧力の陽性さを受け付ける体なので、私の体調で炊き分けています。
ところで、子供は大人より陽性なので、圧力のかかった玄米ごはんはそんなに長くは欲しがらないようです。
ウチの息子は、初めて玄米ごはんを口にした時は、普通に食べていて、おやつも玄米おにぎりでした。
体が求めていたのでしょう。
でも、そのうちに玄米ごはんを嫌がるようになりました。
それで、学校のお弁当は分づき米ご飯を持たせてやりました。
でも、そんな息子でも、玄米ごはんを土鍋で時間をかけてフワッと炊くと、な?んにも言わずに食べます。
まるで、白いご飯を食べているかのような感覚です。
今日のお昼も、土鍋炊きの玄米ごはんを黙って食べていました。
だから、玄米が嫌いなのではないんですね~。
ところが、圧力鍋で玄米ごはんを炊くと、「エー!、玄米ごはん? ほかに何かないの??」とブーブー言います。
そんな息子も黙って食べる玄米ごはんは、「ニューマスタークック」のお鍋で炊きました。
マスタークックシリーズ・ニューマスタークックシリーズは、我が家には全部揃っています。
同じ型でもお料理によって使い分けるので、二つあったりします。
余談ですが、マスタークックの6号深型は、糠みそ漬けの樽代わりになっているんですよ。
あ、話が横道にそれました。
とにかく、今の私は陽性に傾いているようです。
でも、そんなに甘いものが欲しいわけでもありません。
きっと、精神的に満たされているからなんでしょうね。
毎日が幸せです。
充実しています。
夢が途切れることなく溢れて来て、どんどん楽しくなってきます。
嬉しいなぁ、こんな日々♪
この嬉しさを、多くの人と分かち合いたいな♪


カテゴリー: マクロビオティックが楽しい♪ パーマリンク

コメント

  1. kaekuru のコメント:
    >きっと、精神的に満たされているからなんでしょうね。

    とても羨ましく思います。
    昨年秋の札幌の美風ゼミ以来、マクロビオティックを意識した食事に移行しています。

    体質改善の目的もありますが、
    精神面を健やかに保ちたいと思ったのも始めた理由のひとつです。

    体調はとても良くなってきてると感じます。

    なのに、以前と変わらずすごくイライラしたり・・・というか拍車がかかったようにさえ感じる今日この頃。
    マクロビオティックを始めると穏やかになると聞きますが、これじゃ全く反対(涙)

    冷え性だからと暖める素材、調理法に重きを置いて、陽に傾いているのでしょうか。

    娘達は、作ったものは喜んで食べてくれていますが、
    自分の管理もできてないのに、子供にちゃんとあっているのか不安にもなります。一人は土鍋の玄米の方をより好み、もう一人は圧力鍋を・・・
    結局、私に合わせた料理になってしまっています。

    東京での親子ゼミ、指をくわえてました~
    自分より、やはり子供の心身が気になります。
    あ、もちろん主人もですが・・・

    まだ始めて3ヶ月。
    精神面が落着くかは長く続けていかなければわかりませんね、きっと。
    あるとき、ふっとトンネルを抜けるときがくることを願います。


  2. なごみ のコメント:
    わたしも圧力鍋のご飯が
    去年末から入らなくなりました。
    いまは土鍋で炊いております。
    船越さんの天地で(^^)
    息子はそれでもなかなか受け付けないようですので、
    分づき米ご飯にチャレンジしてみますー。
    いつもいろんな氣付をありがとうございます。
  3. mimi のコメント:
    私もマクロビを始めた頃ほど玄米を食べたいと思わなくなったし、実際昔ほどこだわって玄米を食べていません。
    昔に比べてずいぶん陽性になったと思います。
    でも、甘いものはついつい食べてしまいます。。。
  4. マクロ美風 のコメント:
    kaekuruさん、こんにちは。

    >以前と変わらずすごくイライラしたり・・・というか拍車がかかったようにさえ感じる今日この頃。

    まず最初に、精神的にいい状態になるには、少々お時間がかかります。
    でも、以前よりイライラするのなら、それはカルシウムの吸収がうまくいっていないことが考えられます。
    次のような心当たりはありませんか?
    ・白砂糖に代表される甘い物を止めないまま、動物性抜きの食生活をしている。
    ・玄米を良くかまない。
    ・主食の量が少ない。

    いかがでしょうか?

    ところで、kaekuruさんは、どんな玄米ごはんを美味しいと感じるのでしょうか?
    もし、圧力鍋の玄米ご飯が美味しいのなら、まず、圧力鍋でご飯を炊いて、土鍋好きのお嬢さんには、小さな土鍋に一人分を移して、ちょっとだけお水を入れ、静か~にもう一度加熱してあげるのです。
    こうすると、圧力鍋炊きの圧迫感がなくて、ふっくらとしたやさしいご飯に変わります。

    その状態にして、お嬢さんにお出ししたらいかがでしょうか?
    お嬢さんは、お母さんが「自分だけのために」手間をかけてくれた事を、とても嬉しく感じるはずです。
    その「特別なこと」は、愛情としても光景としても、生涯忘れないことになるでしょう。
    ちょっと面倒くさく感じるかも知れませんが、こんな小さなことが、イザと言う時に子供の精神の支えになるのです。
    ですから、面倒くさいことを避けない方が賢明ですよ~。

    ご主人に対しても、お子さんに対しても、希望は叶えてあげましょう。
    kaekuruさんだって、ご自分の希望を受け入れてもらえたら、嬉しいじゃないですか!
    自分で嬉しいことは、他の人にも嬉しいはず(特別な場合を除いては)。
    お子さんは、嬉しい体験をしたら、必ず他の人にも嬉しいことを出来る人になれますよ~。

    子育てって、恐ろしいほど日々の暮らしぶりが反映するものです。
    こんな子に育って欲しいと思ったら、そんな生活をすることです。
    地道だけれど、月並みな言い方だけれど、「子供は親の背中をみて育つ」から。

    生意気なことを書きましたが、これは私の実感ですから悪しからず。

  5. マクロ美風 のコメント:
    あら~、なごみさんもそうですか~。
    なごみさんは陽性だからね~。

    息子さんは分づき米の方が抵抗ないかもね。
    ウチの息子は陰性よりタイプなんですが、それでも玄米ごはんは喜ばなくなりました。
    友達関係に影響されて来ましたね~。
    ですから、普通っぽいご飯として食べる時には分づき米、チャーハンとして食べる時には圧力鍋炊きの玄米ごはん、陽性のおかずの時には土鍋炊きの玄米ごはん。
    こんなふうに炊き分けています。

  6. マクロ美風 のコメント:
    おやおや、mimiさんは甘いものがお好きなんですね~。
    この甘いものに対する味覚も変わってきますよ~。
    これからの変化をお楽しみにね~♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です