「尾形妃樺怜先生と土鍋を囲む会」を終えて

2月23(金)・24日(土)、「尾形妃樺怜先生とマスタークックの土鍋を囲む会」を開催しました。
23日はあいにくの雨。
でも、尾形先生のお話をお聞きしたい一心で、9名が集まりました。
男性の参加者が2名。
そのうちの一人は、なんと群馬県から、誰も知らない集まりに勇気を出して参加してくれました。
「マクロビオティックを勉強したいけれど、学ぶところがなくて」とおっしゃって。
嬉しかったです!
こんな方が参加してくださって、本当に「準備して良かった?」と思いました。
実は、当初、この会は24日(土)・25(日)で開催するつもりでした。
でも、会場である「産直の家」の予約がとれず、1日繰り上げての開催になりました。
平日開催だったため、お仕事がある人のご希望に添えなかったことを、とても申し訳なく思います。
泣く泣く断念された方も多くて、心が痛みました。
ごめんなさい。
*    *    *    *
さてさて、「土鍋の会」ですが、結論から言って、「良かった?!!」です。
やっぱり、尾形先生のお話は凄い!
奥が深い!
解りやすい!

リマ・クッキングスクールでの尾形先生は、当然ですが「先生の顔」。
でも、「土鍋の会」での尾形先生は、「かわいい純粋なマクロビアン」という感じ。
リマでの尾形先生を、「厳しい先生」と思っていらっしゃる方には、と?っても意外なはず。
とにかく柔らかくて、穏やかで、それでいてポイントはしっかり押える。
そんな、とても頼もしい(失礼)先生です。
あ、前置きが長くなりました。
まず、会場の「産直の家」ですが、これは、古民家を移築した建物で、「ちばコープ」が所有しているものです。
「古民家」ということで、もう想像できるでしょうが、とにかく広い、ゆったり、のんびり。
立地場所も、畑と田んぼの真ん中。
日常の喧騒から開放されること間違いなしです。
そんなところで、囲炉裏を囲みながら、炭の赤い炎をみつめ、おでんとマクロビオティック料理に舌鼓を打ち、ご好意で持ち寄ってくださったお酒で、しっぽりと語る極上のひととき。

マクロビオティックの理論や、実践上の悩み、問題点などを次々語り合いました。
特に、桜沢如一先生の教えや、大森英櫻先生・大森一慧先生の穀菜食、さらに、久司道夫先生のマクロビオティックについてのお話は、とっても現実的で、腑に落ちることばかりでした。
お料理以外のマクロビオティック。
それが、今回の大きなテーマだったように思います。
夜中の2時ごろまで語り続け、炭がなくなってしまったので寝ることに・・・。
(炭があったら、何時まで話していたのだろう?)
*    *    *    *
翌日は快晴!
朝からお風呂に入る人や、掃除をする人や、全員が清々しい顔。
中でも感心したのは、群馬から参加してくださった好青年さんが、前夜、尾形先生が教えてくださった雑巾がけの姿勢を実行していることでした。

 

いやはや、それは、きつ?い姿勢なのですが、それを頑張って実行している姿を見て、彼の本気度を再確認しました。
彼の将来が楽しみです。
さて、朝食も、尾形先生に教えていただきながら、全員で用意して、囲炉裏を囲んで「美味しい!」を連発しながらいただきました。
お食事をしながら、「朝食の意味合い」など、またまた尾形先生の奥深いお話があって、ず?っと時間を忘れて話しておりました。
最後に、みんなでお掃除をして、雨戸を閉めて、Iさんの車を待ちます。
Iさんは、八日市場(今は匝瑳市)で、マクロビオティックのレストランを営む方で、今回はご夫婦で参加してくれました。
営業の都合上、夜中にご自宅に帰り、早朝から仕込みをして、私達と一緒にお昼を食べるために、車を出してくださいました。
「産直の家」を出てから、まず、を見に行きました。
風が強くて、波が荒かったのですが、海なし県に住む私は、最高に満足でした!
Iさんは、八日市場の生まれ育ちなので、海岸線がこんなに変化しているんだと、昔と比較して具体的に説明してくれました。
ここでも、確実に地球は壊れつつあることを実感します。
それから、お目当てのお蕎麦屋さんへ。
前夜は、吾妻庵本店で昼食をと思っていたのですが、Iさんが「他にも美味しいお蕎麦屋さんがあるよ」というので、みんな一斉に「そっちに行こう!」となったのです。
そのお蕎麦屋さんは、「そば工房 篠」。
ホームページがなくて、とっても残念です。
でも、考えようによっては、「知る人ぞ知る」でもいいのかなとも思いますが。
お蕎麦屋さんのことは、長くなってしまうので、続編でどうぞ。
*    *    *    *
◆まとめ
この「土鍋の会」は、尾形先生とマスタークックの会社の方と、3人でお茶を飲んでいて、ひょんなことから「やろう!」ということなりました。
3人とも大忙しの毎日でしたが、同じ想いを胸にして開催に漕ぎ着けました。
参加していただいた皆さんが、「とっても良かった!」とおっしゃって、その日のうちに「次はいつにする?」という言葉が。
それで、まず、尾形先生のご予定をお伺いしたのですが、もう4月いっぱいまで、土日はビッシリです。
(ああ、土日開催は無理かなぁ?)
それで、会場探しをして、また、案を練ろうと思っています。
産直の家も最高なのですが、ちょっと遠いので、もう少しみんなが集まりやすい所がいいかなぁ?と思っているのですが、どうなりますことやら・・・。
もしかすると、5月の連休明けになってしまうかも知れませんね。
ま、無理のない、自然体の集まりですから、心地よい風が吹いた時に「それっ!」と開催することになるのでしょう。
*    *    *    *
今回は、Iさんご夫妻のお蔭で、美味しいお蕎麦屋さんにも行けました。
とっても感謝しています。
Iさん、ありがとうございました。
Iさんのお店は、ホームページがないので、後日、ブログの記事としてご紹介させて頂きたいと思います。
また、遠い場所にも拘らず、参加してくださった皆さん、お疲れさまでした。
マスタークックの会社のNさん、土鍋の荷造りをありがとうございました。
最後に、尾形妃樺怜先生。
お忙しい毎日なのに、快くこのお話をお引き受けくださり、その上、会場の手配までしていただきまして、本当にありがとうございました。
心より感謝しております。
尾形先生のお蔭で、益々マクロビオティックが面白くなりました。
ありがたいことです。
では、また、皆さんと再会できますことを、心待ちにしております。


カテゴリー: マクロビオティックが楽しい♪ パーマリンク

コメント

  1. まり兵衛 より:

     本当に楽しい美味しい会でした。幸せな2日間でした。

     お忙しそうな方たちばかりですが、2回目参加希望でーす。
     美風さん、有難うございました。感謝。 

     (お土産のおでん、1食助かりました。と、うちの相方が申しておりました。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です