野口晴哉先生のことば

マクロビオティックの考え方ととても共通している、素敵な言葉をご紹介します。
  自分の健康は自分で保つ可きだ。
  蟻でも、鼠でも、犬でも、そのことを実行しているのに、
 人間は自分で自分の健康を保てない、何故か。
  いつの間にか病気は他の力で治して貰うもの、健康は何らかの
 方法によらねばならぬもの、自分独りでは生きられぬものと
 自ら決めてしまっているからである。
 その決めた心の向きさえ変えれば、その働きで丈夫を保つことが
 できることに気付かないのは惜しい。
  しかし、これができなければ、自由も独立もない。
 非常の場合、自分ではどうにもならないような心で、
 口先だけで、自由や独立をいうのは滑稽だ。
                        「月刊 全生」より

 
 


カテゴリー: マクロビオティックが楽しい♪, 子育て・野口整体・アトピー パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です