【だし巻きの芯を竹ひご1本で巻けますか?】 全コース塾生のために 



まずはこのTaさんの練習動画を見て欲しい。
幸せコースから満足コースまで、一番良く見る悪い癖が「箸で返す」「箸でナゲス」「箸でちぎる」では無いだろうか?
箸では無く、鍋を振って返そうという指導も空を切り、なかなか伝わらない。
そこで考えだしたのが「箸を竹ひごに置換する」という指導法です。
下の画像にある竹ひごは爪楊枝ほどの細さですから箸のように2本で挟もうとするとぐにゃりと反ってつかめません。 だし巻きを支えるのが精一杯という状況になります。
この練習をすると左手を多く使わないと巻けないという現実にぶち当たります。
それも慣れると巻けるようになります。 それで終わりではないのです。
「あ、できたのね、じゃ次は竹ひご1本で巻いてみよう」という私の指導が入ります。
こうなるともう「挟む」ということは物理的に不可能になるのでさらに左手で鍋を振って返すしかないのです。ここで理想の左手8:右手2の関係が完成します。
できれば・・・の話ですが。
あなたは右手でナゲスしていませんか?


カテゴリー: 出し巻き投稿 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です