気持ちの良い人には陽性さがつきもの

あなたの周りには陽性な人、陰性な人、さまざまだと思いますが、「気持ちの良い人だなあ」と思う時には、たいてい陽性な人が多いものです。
陽性な人というのは、マクロビオティックの陰陽で考えていますが、一般社会でも同じように伝わると思います。
あの人は陰気ね、あの人は陽気ねというように、ふだんから何気なく口にされていることでしょう。

ですから、私たちは知らず知らずのうちに、陰陽で物事を判断している面があるのです。
マクロビオティックだなんて改めていうと違和感を感じることでも、巷ではなんとなく氣として感じて、それぞれが判断してきたことです。
その氣を大事にすることが、マクロビオティックの暮らしへとつながるのです。

私たちは人間社会で生きて行くので、できれば気持ちの良い人間関係を築きたいですよね。
おつき合いというのは、氣のキャッチボールですから、それがスムーズに出来た方が関係も良好になります。
むそう塾には「むそう塾スタイル」というのがあって、これに近づくと生きやすくなりますよ〜とお伝えしています。

人生は判断・決断・実行の繰り返しですが、この3つが遅い人(陰性)と、早い人(陽性)がいます。
両者の違いは、自分を持っているか否かにあります。
常々自分を持っている人は、すばやく判断して決断し、すぐ実行に移します。(陽性)

でも、常々ボーッと生きていて、周りの意見に左右され、大事なことなのに第三者に丸投げしか出来ないような人もいます。(陰性)
こういう陰性な人は、時間をとても無駄に使っているので、生産性が悪いだけでなく、満足度も低くなります。

それからもう一つ。
陽性ではあるのですが、その欲求度が強くて、周りとぶつかる人がいます。(極陽性)
こういう人は人間関係がギクシャクして、一転して陰性を抱え込む危険性があります。
今の時代はこういう女性が増えてきましたね。
できれば、中庸からやや陽性寄りくらいで暮らせたら、心穏やかで気持ちの良い人になれます。

そんな暮らしに欠かせないのは、「即断・即決・即行動」です。
自分の周りで気持ちの良い人を観察すると、たいていこの要素を持っているはずです。
なお、誤解のないように書いておきますが、「即断・即決・即行動」は、常々慎重な判断をしているからこそ、スピードある行動につなげることが出来るのです。

慎重さは目に見えないところで育てておき、外部に対しては約束を守って素早い行動を取ると、信用されます。
ここでモタモタしていると、ろくなことはありません。
限りなく陰性に近づくだけです。

さあ、あなたも気持ちの良い人になってみませんか?



(新蓮根と茗荷の甘酢漬け 料理:京料理人 中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)

爽やかな甘酢と、新蓮根のシャリシャリ感がたまらなく美味しい一品です。


+ – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床のご注文方法(2018年度の場合)
2018年 中川式糠漬け(じゃい安Direct)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材

+ – + – + – + – + – + – +


カテゴリー: マクロビオティックが楽しい♪, こころ・想い パーマリンク

コメント

  1. みんみ のコメント:
    美風さん こんにちは。

    私はすぐに決断できるとき、モタモタ考えてしまうとき、結構差があるなと感じています。
    考えてしまうのは損得勘定があるとき、自分の力不足を感じるときが多いように思います。
    慎重になる部分でモタモタしているパターンです。

    今年は教室に伺う時間が多いので、なおさら自分の陰性さを感じることが増えました。
    陽性の空間にいる時間が増えれば、私にも陽性さが浸透してくるのでは?という期待も少しあります。

    でもそこに頼るのではなく、自ら変化できるように日々過ごそうと思います。
    • マクロ美風 のコメント:
      みんみちゃん、こんばんは。

      >今年は教室に伺う時間が多いので、なおさら自分の陰性さを感じることが増えました。

      これですね。
      多くの塾生さんが、「陽性にならなくちゃ」と教室で感じても、自宅に戻るとまた元の陰性生活に戻ってしまうのです。
      そうなると、1年間コースに通っても、12回しか陽性を意識するチャンスがありません。
      これでは変わりようがないですよね。
      だから、おはるちゃんは、モチベーションが下がりそうになると、愛クラスに来て陽性の氣を取り込んで帰っていたのです。

      今年のみんみちゃんはダブル受講なので、月に2回京都に来られます。
      これは陽性な過ごし方をするためには、とても良い方法なので、ビシビシ教室の空気が伝わっていると思います。
      13・14日とお盆も連続受講されて、頑張っていましたね。
      厳しいスケジュールの中、飛行機も利用しての陽性行動でした。

      昨年の家事アドバイス講座からジワジワと陽性の氣を注入して、今年はずいぶん陽性さが増しました。
      これからも、「迷ったら動く」を徹底してみましょう。
      そうすると、陽性への道が早まりますよ。
      これからの変化が楽しみですね。
  2. こつぶ のコメント:
    美風さんこんにちは。
    何回も読み直しました。
    個人の業務内容を振り返ると〝即断・即決・即行動〟が以前より実践できており、結果として評価も僅かながら上がりました。疲れますが職務には満足しています。

    しかし先日お話した通り、なかなか気の悪い環境から抜け出せずに気分の悪い中仕事をしています。
    その中でも「自分も相手も気持ちよく」というのはなかなかしんどくて、地雷だらけの中をサバイヴしているような気持ちになる事もしょっちゅうありますが、
    記事内の

    >両者の違いは、自分を持っているか否かにあります。
    >慎重さは目に見えないところで育てておき、外部に対しては約束を守って素早い行動を取ると、信用されます。

    という言葉が、最近仕事や職場に対して感じていた自分なりの〝対策〟というか結論にとても近くて、背中を押してもらったような気持ちになりました。このまま努力します。

    でも…
    家に帰ると即行動がなかなか出来なくなってしまうんですよね。
    こちらの方が課題なのかもしれません(苦笑)
    自分への信頼も積み重ねていきたいです^^;
    • マクロ美風 のコメント:
      こつぶちゃん、こんばんは。

      おお、今の職場環境で頑張る決心がついたのですね。
      それなら、その環境に負けないこつぶちゃんになれるといいですよね。
      難しいけど陰陽で考えたら、出来ないことではありません。
      相手の上を行く(相手より陽性になる)ことです。

      >家に帰ると即行動がなかなか出来なくなってしまうんですよね。

      会社でいっぱいエネルギーを使っているから、その反動なのかもしれませんね。
      だとしたら、会社で使うエネルギーをコントロールする(要領よくする)と、家で行動できる余力が残るかもしれません。
      どちらにしても、全体のエネルギーをアップさせれば、まかなえる話ですよね?
      そんなことも考えながら、パワーアップしてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です