人間として大事なものは体の弾力・心の弾力・思考の弾力

私は今までずいぶん多くの人の食事日記を拝見してきました。
目的は、相談者様のお食事内容を正確に把握して、マクロビオティックの陰陽で体調を改善したり、精神面のコントロールをはかったりするためです。
食事日記からは本当に多くのことを学びますが、お食事内容が豊かな人とそうでない人を見ていると、「食べたもののようになる」は、誠に名言なりと思えてきます。

ですから、食事日記を見ていると、その人の性格や生き方の傾向や人付き合いまで、かなり予想できます。
食いしん坊さんは比較的明るくて、おつき合いしていても楽しい人が多いですね。
会話の発展が豊富なのは、やはり食べ物ネタが多いためもあるでしょう。

逆に、食べることにあまり関心のない人は、食事日記も寂しいです。
精気を感じられないとでもいいましょうか。
これでは元気になれないでしょう、という感じがビシビシ伝わって来ます。
中には味覚は大丈夫なのだろうかと心配してしまうような人もいます。

家庭内で食べることの重要性や楽しさを大事にしていたら、もっと豊かな内容の食生活になっていただろうと思うのです。
来る日も来る日も味気ない食事ばかりしていたら、それは味気ない人になっても仕方ありませんね。

私は毎日グルメ三昧をすすめているのではありません。
心のこもったお料理を口にできているかどうかが気になるのです。
心のこもったお料理からは、人としての弾力を培えるからです。

人として大事なこと。
それは体の弾力であり、心の弾力であり、思考の弾力でもあります。
キャッチボールできる人づき合い。
それが一番素敵だなあと思っています。



(コーンと枝豆のかき揚げ  料理:京料理人  中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)


+ – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床のご注文方法(2018年度の場合)
2018年 中川式糠漬け(じゃい安Direct)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材

+ – + – + – + – + – + – +



カテゴリー: マクロビオティックの指導現場からシリーズ, 食べたもののようになる パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です