崩れてきていませんか? マクロビオティックの食事バランス

むそう塾ではマクロビオティックの考え方を大事にして、陰陽で食事バランスをとることをお伝えしています。
過去にそれに関する記事もたくさん書いていますが、分かりやすくまとめた記事もありますので、忙しい人はそれだけでも読んで、ぜひご自分の体調に合ったお食事をしていただきたいと思います。

現代版マクロビオティック食事法(1)序 2016.9.10
現代版マクロビオティック食事法(2)食事バランス 2016.9.12
現代版マクロビオティック食事法(3)動物性の割合 2016.9.14
現代版マクロビオティック食事法(4)主食としての玄米 2016.9.14

誰でもそうですが、いろいろな理由からこのバランスが崩れることがあります。
少々ぐらい崩れても短期間なら大丈夫なのですが、長期間にわたって崩れると、やはり健康に陰りが出る場合があります。

上の記事では2つの「食事バランスの目安」を載せています。
その違いは動物性と主食の割合にあります。

【1】動物性が比較的少ない例

【2】動物性を少し多くした例

いかがですか?
まだまだ主菜は動物性でと思っている方が多いのではないでしょうか?
でも、動物性は毒消しが出来る範囲内で召し上がってほしいです。
決してグルメ三昧に陥ることなく、食べ過ぎることなく、命をつないで行くために必要最小限のお食事があればそれで良いし、それが体にとっても理想的な食事内容であることを思い出しましょう。


+ – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床受付方法のご連絡(2017年度の場合)
中川式糠漬け(じゃい安)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材


カテゴリー: マクロビオティック料理教室 むそう塾, からだ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です