お料理の勢いと「初物」のエネルギー

お料理には勢いが必要。
その勢いはそのまま食べた人の元気を構成する。
鮮度をいただくお刺身などはその典型例。

勢いとは、食材にも作る人にも求められる。
鮮度の下がった食材や、疲れた人の作ったお料理はエネルギーが乏しくなる。

昔から「初物」を尊ぶのは、食材に「氣」を感じて暮らしていた日本人ならではの感性だ。
初物が高値で取り引きされるのは、そんな背景があるから。

あなたも、あなたのお料理も鮮度落ちにならないように、マクロビオティックの陰陽をしっかり生活に落とし込もう。
そうすれば、勢いのあるエネルギーを見分けられるようになって、あなた自身がエネルギーのある人になって行けるから不思議。




(鰹のたたき 料理:京料理人  中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)


+ – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床受付方法のご連絡(2017年度の場合)
中川式糠漬け(じゃい安)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材


カテゴリー: マクロビオティックが楽しい♪ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です