むそう塾のマクロビオティック料理とは?

<玄米の炊き方講座 愛クラス>
朝晩の空気がひんやりして、いよいよ秋を思わせる季節になって来ました。
今が一番玄米ご飯の炊き方が難しい時期です。
生きている玄米は、収穫してから保管の状態まで如実に反映しますので、白米では考えなくても良かったことを玄米では考えなければなりません。
繊細な玄米を美味しく炊き上げるだけでなく、確実に体の調子を変えてくれるほど吸収よく炊き上げるには、やはりいくつかの重要なポイントがあります。
それをマンツーマンで指導するのがむそう塾の愛クラスです。

<マクロビオティックの視点>
マクロビオティックは物事を陰と陽の視点で考えることによって、身体や精神面の不都合を改善してくれる力を持っています。
食べ物が本来持っている力を知らない人も多い時代になりましたが、少しでも食べ物の力を知って、あなた自身が本来持っている体の力を信じられる食習慣を構築しましょう。
そのためにむそう塾は、玄米ご飯・お味噌汁・糠漬け・お弁当に力を入れて、健康の土台を築くお手伝いをしています。

<絶対美味しいお料理>
むそう塾がお伝えするお料理は、何といってもその美味しさが最高の魅力です。
一般的にマクロビオティック料理教室で教えるお料理は、男性たちには不人気のことが多いだけでなく、お子さんたちにはそっぽを向かれることも多いです。
しかし子供は正直なので、美味しいと思ったら食べてくれます。
むそう塾の講座を受けてから、ご主人やお子さんが食べてくれるお料理が増えて、お料理を作る人が嬉しいだけでなく、「美味しい!」と言ってくれる喜びを味わって、今まで経験したことのない幸せ感を味わっている人がいっぱいいます。

<お料理の基本はご飯から>
そんな幸せ感を味わえる入り口は、玄米を炊くことから始まります。
ご飯の炊き方はすべてのお料理に通じる基本が含まれていますので、むそう塾ではこれを最初に学んでいただくようにしています。
玄米ご飯が美味しく炊けるようになってから、色々な美味しいお料理を作る段階に進みます。
何事も基本が大切です。
お料理の基本はまずは玄米ご飯から。

<玄米では炊き込みご飯は出来ない?>
プレーンな玄米ご飯が炊けるようになると、さまざまな炊き込みご飯が炊けるようになります。
下手な玄米ご飯の炊き方だと、炊き込みご飯は出来ません。
玄米がやわらかくならないからです。
(ゆえに、玄米では炊き込みご飯が出来ないと教えているマクロビオティック料理教室もあります。)
しかし中川式の炊き方ですと、炊き込みご飯がとても美味しくて、ご家族はもちろんのこと、お土産にさし上げても大喜びされます。

<動物性と一緒に食べても陽性すぎない玄米ご飯>
マクロビオティックの定説では、玄米に動物性は合わないと言われます。
それは陽性が強くなるからですね。
しかし現在では陽性不足の人が多いので、むしろ玄米と一緒に動物性を摂ってもらった方が元気になれる人が続出です。
たとえば下の写真は、玄米ご飯に牡蠣の時雨煮を載せたものです。
現代人が最も不足しているミネラルをたっぷり補うために、牡蠣は最高の食材です。
私は現代人の体調不良のかなり多くはミネラル不足だと思っていますので、牡蠣の時雨煮は大いにおすすめします。


牡蠣の時雨煮丼 マクロビオティック料理教室 むそう塾

(牡蠣の時雨煮丼 料理:京料理人  中川善博)

<一流の料亭を超えるお味をそのままご家庭に>
むそう塾のお料理は、京料理人中川善博が研究に研究を重ねて編み出したお味と技術なので、絶対美味しいこと間違いなしです。
美味しくないなんてプロの顔に傷がつきますから、それはそれは入念に考え抜かれた美味しさなのです。
そのレベルは一流料亭でも味わえなかったお味が登場して、塾生さんをビックリさせるほどです。
この美味しさが各御家庭に幸せ感をもたらしています。
感謝のお言葉をいただくと、本当に心から嬉しいです。

<プロの技術を素人向けにアレンジして>
プロの技術は長年の修業の結果ですから、それをそのまま素人さんにお伝えするには無理があります。
ですから、素人さんでも作れる技術に置き換える作業が必要になります。
ここが中川善博の一番の悩みどころで、本当に日夜そのことばかり考え続けていると言っても過言ではありません。
「どうやったらこの味を落とさずに料理下手の人でも作れるようになるか?」
これは中川善博がむそう塾を続けている限り背負い続ける課題ですが、それを考えることすら楽しいと思わせるエネルギーが彼にはあります。

<美味しいだけでなく健康に>
むそう塾のお料理は、単にグルメ家を満足させるためのものではありません。
マクロビオティックの陰陽でもう一度洗い直して、召し上がった人の体に負担がかからないように、陰陽を駆使した結果のお料理です。
不思議なことに、陰陽に忠実にお料理を作ると、それは美味しい世界に近づくのです。
そして、体が楽になるのです。
それが健康への一歩ですね。
美味しいだけで満足せず、健康になれるお料理であなたの人生を充実させてください。

*   *   *

<9月10月に開催予定の講座案内>

【9月】
21日(「秋から冬の極上お弁当講座」 満席
22日(「秋から冬の極上お弁当講座」 満席
23日(「秋から冬の極上お弁当講座」 満席
25日(金)「秋から冬の極上お弁当講座」 満席
26日(土)「秋から冬の極上お弁当講座」 満席
27日(「玄米の炊き方秘伝(第90回愛クラス)」 残席2名

【10月】
2015/10/5〜2016/3/7(月) 「煮物コース 秋冬編 2015 残席1名
2015/10/9〜2016/3/11(金) 「煮物コース 秋冬編 2015 満席
12日(「2015年度  中川式糠漬け講座  秋編」 残席1名



カテゴリー: 講座のご案内・連絡事項, マクロビオティック料理教室 むそう塾 パーマリンク

コメント

  1. こつぶ のコメント:
    美風さん、こんにちは。
    この記事を拝見して、改めてむそう塾とのご縁に感謝しました。
    家事全般、特にお料理とお掃除には根強い苦手意識があるのですが、できなかったことに対しての前進する喜びを少しずつ感じてもきました。
    中川さんと美風さんの熱いお気持ちのお陰だなぁと思ってます。
    まだまだメンタルも弱いしすぐにヘタってしまうのですが、愛クラスに通う前とは雲泥の差であると胸を張れます。
    結果はついてくるものなので先のことはわからないけれど、体の調子も上向きですし、心も上向きです。
    これからもむそう塾で学んで、良い自立を目指して頑張っていきたいと思います。
    • マクロ美風 のコメント:
      こつぶちゃん、おはようございます。

      愛クラスの頃のあなたは病人でしたね。
      心身ともに大いに問題ありでした。
      でも、少しずつこちらを向いてくださって、実行が伴ってくると変化し始めました。
      体って正直ですね。
      使い方さえ誤らなければ、体も心もちゃんと応えてくれます。
      そんな体の使い方と生き方を、むそう塾で強固なものにしておきましょう。
      あなたの人生が満たされたものになるために。
  2. ふみよ丸 のコメント:
    美風さん、こんにちは。
    記事の下記の部分に共感し、最近の気づきをシェアさせていただきます。
    >何事も基本が大切です。
    お料理の基本はまずは玄米ご飯から

    最近強く感じるのが基本の重要性です。 (遅っ!)

    愛クラスに行くまで、玄米ご飯を一度も焚いたことがなかった私は、『玄米を白米のように美味しく焚ける』ということが、どれほど凄いことなのか、わかっていませんでした。

    難しいという先入観がなかった事と、他のやり方を知らないが故に言われた通りに素直にしていたこと等が幸いして、最初から美味しく焚けたので余計、「一番簡単やし、一番最初に教えてくれはったんやわ」と思ってしまいました。

    しかし、上級幸せコースでお料理を習いはじめ、陰陽の理解が進むにつれて、基本(玄米ご飯の焚き方)は、全ての全てだとやっと気がつきました。
    最初から極意中の極意を教えてもらっていたことが心底腑に落ちた時から、そんな秘伝の焚き方を教えて頂いたことに・・、不味い玄米ご飯の経験なしで最初から美味しい玄米ご飯が頂けたことに・・、そして健康を護ってくれる玄米ご飯が毎日食卓にあることに・・、感謝の念が湧き上がってきました。

    ありがとうございます。
    その他にも糠漬けやお味噌汁、他では絶対手に入れられない、かけがえのないものを、たくさん教えて頂きました。

    父が昔「東洋の技術の伝承は、最初に極意を教えることが多い」と言っていたことも思い出しました。

    また、東洋の基本は西洋の基礎(ベーシック)と同じ意味ではなく、『高いレベルに達した人が、最も大事なことをまとめたものが(東洋の)基本なのだ』と聞いたような気がします。

    だからレベルが低いほど、基本から外れやすく、その価値にも気がつかないんですね。

    基本をしっかりやり直します。
    素敵な記事をありがとうございました。
    (いつも長文になってしまい、申し訳ありません)
    • マクロ美風 のコメント:
      ふみよ丸ちゃん、おはようございます。

      >『玄米を白米のように美味しく焚ける』ということが、どれほど凄いことなのか、わかっていませんでした。

      ほとんどの方がそうだと思いますよ。
      ごはんを炊くということがあまりにも日常化しているので、その重要性を見落としがちなのだと思います。
      でも、そのことを気づけたふみよ丸ちゃんは幸せですね。

      ところで、お父様はさすがに大事なことをお子さんに伝えていらっしゃいますね。
      お父様に教えられたことを大切にされたら間違いないと思います。
      お父様は亡くなっても、お父様の蔵書からも教えられることがおありでしょう。
      心強いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です