無双原理がマクロビオティックの羅針盤である実例

「日本人(特にアトピーの人)はなぜ小麦粉を多く摂らない方が良いのか?」の記事のコメントに、てんこさんからとても深いコメントをいただきました。
おはるさんへのコメントを踏まえてのコメントなのですが、マクロビオティックの無双原理をよく理解されてのコメントにとても嬉しくなりました。
まずはてんこさんからのコメントをご紹介します。


<てんこさんからのコメント>

美風さん、こんにちは。

>迷わない背景には、勇気や度胸や決断や責任などが一緒にあります。

おはるさんへのコメントのこの文章に、とても惹かれました。
もとから長時間悩むのが苦手で、さっさと決めてさっさと行動してしまう傾向がありましたが、むそう塾でマクロビオティックを学んでからは本当に迷いがなくなりました。
どちらへ進めばいいのかは陰陽が示してくれるので、後は現状に合わせてどう行動するか、それだけなのだと思います。
勇気、度胸、決断、責任、一見重そうなこれらの言葉達を軽々と飛び越えさせてくれるのが無双原理なのですよね。

迷いがなくなった事に加えてもう一つ、『損をする』、という概念が私の中から無くなった気がしています。
他の人からみて損をしてしまったような状況も、その状況を招いたのは自分の選択なのだから、損というよりもあくまで『結果』と思えます。
大変な仕事を引き受けたりして損をしているように見えても、それで全体が望ましい状況になるのなら、やはり損というより良い結果になって得をした、と思えます。『損をした』という感覚を感じなくなってから、いろいろな選択が楽になりました。

何を食べても平気でいられる体は、何が起こっても柔軟に対応できる精神と繋がっているのですね。
むそう塾の深い学びに感謝です。


<マクロ美風からのコメント>

てんこさん、こんにちは。
お忙しい日々なのに、コメントをありがとうございました。

どちらへ進めばいいのかは陰陽が示してくれるので、後は現状に合わせてどう行動するか、それだけなのだと思います。
勇気、度胸、決断、責任、一見重そうなこれらの言葉達を軽々と飛び越えさせてくれるのが無双原理なのですよね。

そうそう、そうなんです!
すべては無双原理のとおりに動いているので、目の前のことを無双原理に添わせて考えてみれば自ずと答えが出てくるのですが、そこがあやふやになっている人が圧倒的ですね。
それが一般の人ならいざ知らず、マクロビオティックを何年も前から知っているという人が無双原理の無の字を知らないことも多くて、頭を抱えてしまうのが現状です。
てんこさんがおっしゃるように、軽々と飛び越えられる根拠が無双原理であり、それが羅針盤として安心感を生み出すのだと思います。

迷いがなくなった事に加えてもう一つ、『損をする』、という概念が私の中から無くなった気がしています。

ああ、それは私もないですねぇ。不思議なくらいありません。
それは「部分」でとらえるのではなく「全体」でとらえることが出来るからであり、それが無双原理のおかげですね。
原因と結果は陰陽なので、その視点で物事をとらえていくと、「損と得」も陰陽で説明がついてしまうからです。
そして、その結果残るのは安心感とか平穏とかいう中庸な心境なんですよね。
無双原理がマクロビオティックの羅針盤としてしっかり働いていることがよく理解できます。

最後に、「何を食べても平気」でいられる体は結果であり、その陰には何が起こっても対応しきれる精神が存在することは言うまでもありません。
こうして考えると、ほとんど大事なことは「見えない部分」にあるような気がしますね。食べ物もしかりです。

寒桜 宝泉 京都

(寒桜 宝泉 京都駅店)


カテゴリー: マクロビオティックの陰陽で考えてみよう, マクロ美風の体験的マクロビオティック パーマリンク

コメント

  1. のコメント:
    美風さん

    こんばんは。
    ブログの記事を読んであ!と。
    小麦粉のお話しも、
    無双原理のお話しも、先日の座学や個人的に体調の事でアドバイス頂いた事と自身の中でシンクロいたしました。

    美風さん、まだまだ、小さな所にばかりに意識を置きがちになるのですが、全体としてどうなのか?と考える目を持つ大切さを教えて頂いてありがとうございます。
    てんこさんのコメントも記事にしてくださって、ありがとうございます!
    • マクロ美風 のコメント:
      好ちゃん、こんばんは。

      私はいつも「食べ物はマクロビオティックの入り口」ですよと言っていますね。
      早く食べ物よりスケールの大きい世界に目をやりましょう。
      体のことだけに気持ちを囚われていないで、どんな生き方をするのか考えてみましょう。
      それがマクロビオティックの真髄なんですよ。
  2. てんこ のコメント:
    美風さん、こんにちは。
    お忙しいなか早速記事にしてお答え頂きまして、恐縮です。。。

    >それは「部分」でとらえるのではなく「全体」でとらえることが出来るからであり、それが無双原理のおかげですね。
    自分が宇宙の一部であり宇宙の法則に沿って生かされている事が分かると、全体の安定が自分の安定に繋がると自然に理解できて、部分よりも全体に氣が向くようになるのですね。
    無双原理は丸一生。。。ですので、これからも知らなかった世界に触れられると思うとワクワクしています。
    • マクロ美風 のコメント:
      てんこさん、こんばんは。

      いつも「全体」から「部分」を見る癖がついていると、とても気持ちが安定しますよね。
      そこが具体的に考えられるのもマクロビオティックの良いところかと思います。
      無双原理の実践は一生続くのだと思うと、私は面白くて死ぬのが嫌になります(笑)
      お互いに愉しい生き方をしましょう!
  3. おはる のコメント:
    美風さん、こんばんは。
    先日のコメントに引き続き、記事にしていただいてありがとうございました。

    >迷わない背景には、勇気や度胸や決断や責任などが一緒にあります。

    てんこさんに引用していただいたこの一節、私に欠けているもので、響いていたことでした。

    こんなにもいつも迷い彷徨い悩んでいますが、実は、悩むのがしんどいというジレンマ。無双原理を真に理解しておれば、自ずと答えが見えてくるはず。

    美風さんにずっとずっといただいてるアトバイス、「行動あるのみ。」
    どんな自分でありたいか?と考え、責任の所在を自覚して言い訳せずに動いていきます。

    ありがとうございます。
    てんこさん、ありがとうございました。
    • マクロ美風 のコメント:
      おはるちゃん、おはようございます。

      おはるちゃんには上の言葉の他にも「覚悟」を贈ります。
      あら、増えちゃったね(笑)
      決断する時には覚悟を伴います。そして決断したらもう迷わないで突き進むのです。決断した後で迷うのは、無理して決断していた時と時間がありすぎる場合ですね。
      たっぷり時間があるとロクなことを考えません。
      さらに、今年から悩むことを止めませんか? 「今までしていたことを止める」ことの一つとして。
      悩むことを止めても一向に生活は困りません。むしろ快適になって、陽性な時間が増えるだけです。
      そのための方法は、今の自分の心を無双原理に照らし合わせてみるのです。すると、どれに該当するでしょうか? 
      私たちは無双原理の中で生かされているのですから、それに沿えば良いだけです。
      それがマクロビオティックの(桜沢先生の)言わんとしているところです。
  4. のコメント:
    美風さん

    おはようございます。
    頂いたお返事を読んで、
    ふっと、囚われていたものから解放されたような、自由になった気持ちを感じました。
    同じメッセージを送り続けてくださっていたと思うのですがより理解が深まってきました。美風さんのブログからも発信し続けられるマクロビオティックによって、また一つ自由になれました。
    おはるさんと同じく、
    私も突き進む1年にしたいと思いました。
    美風さん、ありがとうございます。
    • マクロ美風 のコメント:
      好ちゃん、おはようございます。

      私はずっと同じことを発信し続けているので、きっと好ちゃんがその発信を受け取れるようになってきたのでしょう。
      同じ情報に接しても、受け手がその情報を必要と感じない場合は、その情報は素通りしてしまいます。
      でもいつか、また接した時に必要と感じた場合はキャッチしてくれると思って発信し続けているのです。
      ご理解いただけて良かったです。
  5. ひな のコメント:
    陰があるから陽があり、陽があるから陰がある。
    陰と陽はその大きさも相互に引き合っている。
    万物は常に刻々と変化していき、同じものはない。
    始めがあれば終わりがある。

    “宇宙の秩序”、“無双原理”についてずっと「?」状態でしたが、
    少し理解できた気がします。
    物事を無双原理に沿って照らし合わせてみると、その状況や結果に納得がいきます。
    そうやって次々と当てはめていくうちに、
    わたしは無双原理の中で生かされているんだなぁと実感しました。
    悲しみも苦しみもいつか終わる。喜びが必ず来る。
    その喜びもいつか終わってしまうけれど、刻々と変化していくからこそ、
    また別の感動に出会うことができる。
    そう考えると、前向きな気持ちになれます。
    過去の行動が現在につながり、現在の行動がまた未来につながる。
    1分1秒が積み重なっていく。
    「無双原理に沿って流されるように、流れずに生きていく。」
    今日の学びを言葉で表現すると、こんな感じです。(語彙力のなさを痛感しました。)
    マクロな視点をもっと大事にしていきたいです。
    • マクロ美風 のコメント:
      ひなちゃん、こんばんは。

      まだ19歳のあなたがこの内容に興味を持たれることに驚いています。
      その理解がぜひ現実生活で活かせるようになることが大事です。
      頭でっかちにならず、実践が伴ってこそのマクロビオティックなのでね。
      • ひな のコメント:
        美風さん、おはようございます。

        美風さんがいつも
        「マクロビオティックは楽しい♪」
        とお伝えしてくださっているから、
        わたしもその世界に触れてみたいと思いました。
        中川さんもおっしゃっていましたが、
        「体感する」ことが大切なのですね。
        知識ばかりを詰め込まず、きちんと実践していこうと思います。
        • マクロ美風 のコメント:
          ひなちゃん、こんにちは。

          ぜひぜひ、実践をしながら納得をしながら進んでみてください。
          何年もかかるものもあるでしょうが、だからこそ理解できるものがあります。
          無双原理ってそんな内容なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です