料理人 中川善博の陰陽料理」カテゴリーアーカイブ

マクロビオティックで金平牛蒡といっても作り方が色々あります

「金平牛蒡(きんぴらごぼう)」というのはお馴染みのお惣菜ですが、マクロビオティックの金平牛蒡となると、作り方が色々分かれます。
一般の金平牛蒡と大きく違うところは、みりんやお砂糖を使わないことですが、材料の切り方や炒め方、さらに調味料の量によっても陰陽が変わってきます。

マクロビオティックの指導校によって、教えている金平牛蒡もまちまちですから、果たしてその人の体調に合った金平牛蒡を作れているかどうかは大いに疑問です。
ですから、今体調が思わしくない人は、金平牛蒡をご自分の体調に合った作り方にする必要があります。

たとえば、マクロビオティック仕様の金平牛蒡で陽性な作り方の本をのぞいてみましょう。

【某マクロビオティック指導校の作り方】


【某マクロビオティック指導者の作り方】


ね?
違うでしょう?
この差はそのまま食べた人の体調を左右します。
この他にもっと陰性な作り方の金平牛蒡もありますが、ここでは割愛しておきます。

*   *   *

新しいむそう塾生にもぜひ金平牛蒡を食べてもらいたい人がいて、まだ金平牛蒡を教える授業まで時間がありすぎるので、一般的な金平牛蒡でも良いから食べてもらおうと思って「金平牛蒡」で検索をしました。
画像検索をすると、私のブログの古い写真がトップに出てきました。

【金平牛蒡】2012.12.22

その他にも過去記事の写真があがって来ます。
【中川式金平牛蒡と鉄火味噌】2012.10.1


こんな記事もあがってきます。
【中川式金平牛蒡で泣く】2012.10.9


こういう写真もあがってきました。
これらの中では一番古い記事ですが、中川さんのお料理技術(陰陽)の凄さがわかって、感動を新たにする内容で好きです。
【マクロビオティック仕様の中川式きんぴらごぼう】2011.10.18


でも、作り方は書いていないんですよね・・・。

なぜ作り方を書いていないのか?
それは中川式の金平牛蒡は、ちゃんと包丁が砥げていないと程遠い仕上がりになってしまうからです。
牛蒡には皆さんがご存知のようにアクがあります。
このアクの処理が仕上がりの陰陽とお味に大いに関係するので、むそう塾では上級幸せコースのメニューになっているのです。

でも、むそう塾には次から次と陰性な人が現れて、日常的に金平牛蒡を食べてほしい人がいるのです。
そういう人のために、昨年は上級幸せコースのカリキュラムに入っているものを前倒しで教える講座を開催したほどです。
もちろん、包丁とぎと併せて開催しました。
「金平牛蒡と包丁砥ぎ講座」開催のご案内 2016.3.2
金平牛蒡と包丁砥ぎ講座 4月11日 2016.4.11

*   *   *

というわけで、今年もどうやら金平牛蒡講座を臨時開催した方が良い雰囲気になって来たのですが、日程が平日しか残されていません。
まして、季節は夏野菜が旬を迎える時季に、根菜の代表格の食材で陽性のお料理を教えるのは・・・・という気もするのですが、食養ではそんなことは言っていられない場合があるのです。

いくら季節は夏でも、夏野菜が体に負担になる状態の人がいるのです。
そういう人は旬の食材ではありませんが、体を陽性にもっていくお食事をする必要があります。
確実に効果を出してくれる作り方で。
これから日程の打ち合わせをしますので、ご希望者がいらしたら、マクロ美風までご連絡くださいね。


+ – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床受付方法のご連絡(2017年度の場合)
中川式糠漬け(じゃい安)のご注文案内
中川式鉄火味噌のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材


カテゴリー: マクロビオティック料理教室 むそう塾, 料理人 中川善博の陰陽料理 | コメントする

京料理人中川善博が作った「葉唐辛子の佃煮」が美味しすぎる!

中川さんから「葉唐辛子の佃煮」をいただいた。
葉唐辛子は上賀茂の農家さんから直接いただいたもの。
桂剥き投稿でお忙しい日々なのに、こうしてマメに佃煮を作っている中川さんは、本当に食材を大事にする人だなぁと感心する。




(葉唐辛子の佃煮 料理:京料理人  中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)

この葉唐辛子の佃煮は、緑色がとても綺麗で、そして甘すぎないのです!
ここが私の大のお気に入り!(笑)
これを教えてあげたら、みんな喜んでくれるだろうなぁなんて思いながら、お昼にいただきます。

ところで、この他に梅も届いているそうで・・・。
いつもお仕事をいくつも抱えている中川さんの処理能力には、ただただ感心するばかりです。


カテゴリー: 料理人 中川善博の陰陽料理 | 2件のコメント

秘伝中の秘伝「中川式ラーメン」を伝授しました

上級幸せコースの名物料理の一つ、「中川式ラーメン」の授業が3クラスとも終わりました。
美味しくて、美味しくて、全員がスープを飲み干してしまいました。
500cc以上もあるのに・・・(笑)
どれだけ美味しかったかは、こちらの記事のコメントからも伝わってきます。



満足してホッとしている時には、人は笑顔になれますね。




あれ?
1名は手だけしか写っていませんでした(失礼)

とにかく美味しんです。
食材の組み合わせで????だったお味が、陽が加わった途端に激変する世界を知って、皆さんが驚いていました。
中川さんの味の設計って、本当に凄いです。

今日は「数種のサンドイッチとミネストローネ講座」ですが、そこでも味の設計の妙に唸る人が続出だと思います。
プロって本当に凄いものです。




(中川式ラーメン 料理:京料理人  中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)


+ – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床受付方法のご連絡(2017年度の場合)
中川式糠漬け(じゃい安)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材


カテゴリー: マクロビオティック料理教室 むそう塾, 料理人 中川善博の陰陽料理 | コメントする

京料理人 中川善博が作る胡瓜の雷干し

これからは夏野菜の美味しい季節です。
マクロビオティックでは冬野菜より夏野菜は陰性であると考えるため、陰性体質の人は控えめにすると良いと指導されます。
私もマクロビオティックを始めた時には、茄子・トマト・胡瓜などの代表的な夏野菜をスッパリ止めていました。
同時にお豆腐も止めました。

しかし、むそう塾を始めてからは、陰性の必要さを感じ、夏野菜も徐々に摂るようになりました。
誤解があってはいけないので書いておきますが、私は陰性寄りの体質だったためにそんなことをしたのですが、陽性体質の人は夏野菜をバリバリ召し上がっても大丈夫です。

でも、陰性寄りな人でも夏野菜を上手に摂った方が良い人がいますね。
そんな時にはちょっと手を加えて、夏野菜の陰性さを減らしてから召し上がると良いです。
お料理方法の陰陽を考えればすぐ答えが出るのですが、たとえば「雷干し」というのは、野菜の水分を飛ばして、なおかつ食材の歯ざわりも良くしてくれる優れた料理方法です。

先日、中川さんが胡瓜の雷干しを作ってくれましたので、その時の写真を載せておきましょう。
最初に胡瓜の芯抜きをして、外側からくるくる切り込みを入れていきます。
中川さんは、胡瓜の芯があったところにお箸を入れずに空洞のまま切り進んでいます。



(胡瓜の雷干し 料理:京料理人  中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)

切り込みを入れたら、塩水に浸けてしんなりさせてから割り箸や洗濯干しに吊るして乾燥させます。



結構乾燥してきました。



このくらい乾燥したらOKです。
酢の物や和え物にどうぞ。
パリパリと音も楽しいお料理が出来上がります。



+ – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床受付方法のご連絡(2017年度の場合)
中川式糠漬け(じゃい安)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材


カテゴリー: マクロビオティック料理教室 むそう塾, 料理人 中川善博の陰陽料理, 食べ物あれこれ | コメントする

幻の櫻鑽會

25日の真夜中に突然「櫻鑽會」のご案内記事を書きました。
開催日20日前の急な告知は、無理があるのは重々承知の上でした。
まして平日の開催です。

でも、今年は開催しないことに決定しました。
すでに各コースに申し込まれている人が多いことと、有給休暇の申請が間に合わない人がいるためです。
裏でメールをくださった方、ぜひ来年開催してほしいとラブコールをくださった方、ありがとうございました。
嬉しかったです。

そして、平日にもかかわらず万難を排する覚悟でお申込みくださった塾生さんには、心から感謝しています。
そんな方々を含めて、たまに近況報告を兼ねて、お食事会でも開催しようかなと思ったりしています。
いつも緊張する授業ばかりでなく、たまにはリラックスして話し合う集まりもしたいなぁと、私が密かに思っているのです。

実は、櫻鑽會を誰よりも楽しみにしていたのは、この私かもしれません。
どんなに有名なお店に行っても、なかなか納得できるお味に出会えなくなって来た今の時代、中川さんからほんまもんの味を食べさせてもらえて、その覚え書までもらえて、さらに盛り付けまで見せてもらえるなんて、なんという贅沢なことか。
中川さんがお元気なうちに、ぜひそのお味を教えてもらいたい。
そんな想いが私の中にあります。

人はいつまでも生きてはいないのです。
ある日突然やりたかったことを残して旅立ってしまうかもしれません。
ですから私はいつも「一期一会」の覚悟で生きています。
凛とした気持ちで「今」「この時」を大切に。

中川さんがぜひ伝えたかったお料理に煮物椀があります。
煮物椀は煮物コースには入れられないし、秘伝でも教えてあるけれど、まだまだ絶品の煮物椀があるし・・・。
ならば、煮物椀もご飯物もなんでも食べさせてあげられるコースを作ろうということになったのでした。
ですから、この櫻鑽會はかなり美味しいものが並ぶ予定でした。

残念。




カテゴリー: 料理人 中川善博の陰陽料理 | 8件のコメント