料理人 中川善博の陰陽料理」カテゴリーアーカイブ

京料理人中川善博のパスタ料理は新しいパスタの世界

私は食べる回数でいうなら、パスタより圧倒的にお蕎麦やおうどんに軍配が上がっていました。
外に食べに行くときも、「美味しいお蕎麦を食べに行こう」ということはあっても、「美味しいパスタを食べに行こう」というほど魅力的なパスタのお店を知らなかったせいもあります。

外でパスタを食べることがあっても、「後を引く美味しさ」までには至らないお店が多く、どちらかというと、油っぽさが苦手でもありました。
お蕎麦やおうどんにあるサッパリ感がパスタにはないように感じたのです。

しかし、10年ほど前に中川さんの作るパスタを初めてご馳走になって、そのあっさり感に驚いたのでした。
それはどこのお店にもないあっさりしたお味で、でも旨味はあって、食べ終わった後のお皿に油が残らないことが新鮮な驚きだったのです。

それから時々中川さんが作ってくれる季節のパスタの虜になって、ついには上級幸せコースのカリキュラムにも入れてもらったのでした。
授業で習った人たちには、それまでパスタをそんなに食べなかった人も多く、またパスタが苦手という人もいたのですが、試食したら一気に中川式パスタのファンになってしまいました(笑)

パスタは外で食べるものであって、自分では作らないと言う人も多かったのですが、中川さんから習ったパスタは、自分で作らなければ外では食べられないので、必然的に作ることになります。
でも、人間って美味しいものへのエネルギーって凄いと感心するのですが、今までパスタを作ったことがない人でも、「あの美味しいパスタ」のためなら作ろうとするんですね(笑)
次々と復習されていて偉いなと思います。

*   *   *

ところで、パスタの授業では、おかずになるパスタ料理も教えています。
「ひじきとコーンのパスタ」ですが、その復習投稿をされた“ゆこ”さんの投稿文の感想が嬉しかったです。

シンプルな調味料でしっかり味が纏い、油こくもなく、パサパサ感もなく、食べ続けてしまうショートパスタは初めてです。
動物性がなくても主人も美味しいと食べていました。
息子も食べやすく、朝から糠漬けと共に黙々と食べてくれました。
主人、息子共によく食べてくれる姿が1番好きなので、家族が美味しく食べてくれることが1番幸せです。
もう外のパスタはいらないなぁ、と言っていました。
また外食率が減りました。

ご主人様のお気持ちは、すご〜くよく分かります。
私も中川さんのパスタをいただいてから、もう外でパスタを食べたいと思わなくなりましたから。

*   *   *

中川さんがピザの商品開発時代に、体を犠牲にしながら研究したイタリア料理の世界は、京料理の世界と見事に融合して新しいお料理の世界を生み出したと思います。
そして、上級幸せコースで教えているパスタは、マクロビオティックの陰陽が加わっているので、さらに「健康パスタ」とでも言いたくなるほど体に負担を感じません。
これは凄いことです。

中川さんのパスタの世界は、一般的な認識を覆す驚きの世界です。
こんなにも爽やかに、こんなにもライトなパスタがあるなんて、なんて幸せなことでしょうか。
う〜ん、お米に例えるなら、お茶漬けの軽さとでも言いましょうか。
そんなお料理を生み出せてしまう中川さんのことを、改めて尊敬しています。




(梅紫蘇パスタ 料理:京料理人  中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)

私はこの「梅紫蘇パスタ」が大好きです。
「壁の穴」では「若者のアイドル」を注文する息子ですが、その若さでもこの「梅紫蘇パスタ」が気に入ったそうです(^^)


+ – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床受付方法のご連絡(2017年度の場合)
中川式糠漬け(じゃい安)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材


カテゴリー: マクロビオティックの指導現場からシリーズ, マクロビオティック料理教室 むそう塾, 料理人 中川善博の陰陽料理 | 4件のコメント

京料理人中川善博の盛り付けには京友禅の世界が重なる

「マクロビオティック京料理教室 むそう塾」では、盛り付けにとても時間を費やしています。
それは、「盛り付けまでが料理である」という塾長中川善博の熱い想いがあるからです。
どんなに美味しくお料理が出来ても、最後の盛り付けがいい加減だと悲しくなってしまいますので、毎朝お弁当投稿(OBENTERS™)の指導もしています。
ですから、むそう塾生は知らず知らずのうちに、盛り付けに対する目が肥えてきますね。
肥えてこなければ鈍感だと思いましょう(笑)

下の写真は7月の満足コースで盛り付け教材として出された「美山炒め」を塾長がお手本として盛り付けたものです。
まるで京友禅の「束ね熨斗」(たばねのし)を思わせる盛り付けに、私は思わず声が出ました。
きっと彼の頭の中には、あの優雅な京友禅の世界や、魯山人の力強い世界や、美しい世界がいっぱい散りばめられているのだと思います。
この盛り付けは勝手に手が動いた結果なのですが、美しいですねぇ。




(万願寺唐辛子の美山炒め 料理:京料理人  中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)

実は、この盛り付けですが、中川善博の世界にはしっかりとマクロビオティックの陰陽が住み着いていますので、盛り付けの解説にある「マトリックス理論」には、膝を叩いて腑に落ちることがあります。
9月15日に開催する「中川善博の盛付秘伝&料理写真の撮り方講座」では、そこのところをしっかり納得していただけたら嬉しいです。
中川善博ならではの盛付秘伝ですから。

ちなみに、「束ね熨斗」とはこのような模様です。
縁起の良い吉祥模様の代表格ですね。
和服に興味のない方のためにご紹介しておきます。



こちらのサイトからお借りしました。)


+ – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床受付方法のご連絡(2017年度の場合)
中川式糠漬け(じゃい安)のご注文案内
中川式鉄火味噌のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材


カテゴリー: マクロビオティック料理教室 むそう塾, 料理人 中川善博の陰陽料理 | コメントする

マクロビオティックで金平牛蒡といっても作り方が色々あります

「金平牛蒡(きんぴらごぼう)」というのはお馴染みのお惣菜ですが、マクロビオティックの金平牛蒡となると、作り方が色々分かれます。
一般の金平牛蒡と大きく違うところは、みりんやお砂糖を使わないことですが、材料の切り方や炒め方、さらに調味料の量によっても陰陽が変わってきます。

マクロビオティックの指導校によって、教えている金平牛蒡もまちまちですから、果たしてその人の体調に合った金平牛蒡を作れているかどうかは大いに疑問です。
ですから、今体調が思わしくない人は、金平牛蒡をご自分の体調に合った作り方にする必要があります。

たとえば、マクロビオティック仕様の金平牛蒡で陽性な作り方の本をのぞいてみましょう。

【某マクロビオティック指導校の作り方】


【某マクロビオティック指導者の作り方】


ね?
違うでしょう?
この差はそのまま食べた人の体調を左右します。
この他にもっと陰性な作り方の金平牛蒡もありますが、ここでは割愛しておきます。

*   *   *

新しいむそう塾生にもぜひ金平牛蒡を食べてもらいたい人がいて、まだ金平牛蒡を教える授業まで時間がありすぎるので、一般的な金平牛蒡でも良いから食べてもらおうと思って「金平牛蒡」で検索をしました。
画像検索をすると、私のブログの古い写真がトップに出てきました。

【金平牛蒡】2012.12.22

その他にも過去記事の写真があがって来ます。
【中川式金平牛蒡と鉄火味噌】2012.10.1


こんな記事もあがってきます。
【中川式金平牛蒡で泣く】2012.10.9


こういう写真もあがってきました。
これらの中では一番古い記事ですが、中川さんのお料理技術(陰陽)の凄さがわかって、感動を新たにする内容で好きです。
【マクロビオティック仕様の中川式きんぴらごぼう】2011.10.18


でも、作り方は書いていないんですよね・・・。

なぜ作り方を書いていないのか?
それは中川式の金平牛蒡は、ちゃんと包丁が砥げていないと程遠い仕上がりになってしまうからです。
牛蒡には皆さんがご存知のようにアクがあります。
このアクの処理が仕上がりの陰陽とお味に大いに関係するので、むそう塾では上級幸せコースのメニューになっているのです。

でも、むそう塾には次から次と陰性な人が現れて、日常的に金平牛蒡を食べてほしい人がいるのです。
そういう人のために、昨年は上級幸せコースのカリキュラムに入っているものを前倒しで教える講座を開催したほどです。
もちろん、包丁とぎと併せて開催しました。
「金平牛蒡と包丁砥ぎ講座」開催のご案内 2016.3.2
金平牛蒡と包丁砥ぎ講座 4月11日 2016.4.11

*   *   *

というわけで、今年もどうやら金平牛蒡講座を臨時開催した方が良い雰囲気になって来たのですが、日程が平日しか残されていません。
まして、季節は夏野菜が旬を迎える時季に、根菜の代表格の食材で陽性のお料理を教えるのは・・・・という気もするのですが、食養ではそんなことは言っていられない場合があるのです。

いくら季節は夏でも、夏野菜が体に負担になる状態の人がいるのです。
そういう人は旬の食材ではありませんが、体を陽性にもっていくお食事をする必要があります。
確実に効果を出してくれる作り方で。
これから日程の打ち合わせをしますので、ご希望者がいらしたら、マクロ美風までご連絡くださいね。


+ – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床受付方法のご連絡(2017年度の場合)
中川式糠漬け(じゃい安)のご注文案内
中川式鉄火味噌のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材


カテゴリー: マクロビオティック料理教室 むそう塾, 料理人 中川善博の陰陽料理 | コメントする

京料理人中川善博が作った「葉唐辛子の佃煮」が美味しすぎる!

中川さんから「葉唐辛子の佃煮」をいただいた。
葉唐辛子は上賀茂の農家さんから直接いただいたもの。
桂剥き投稿でお忙しい日々なのに、こうしてマメに佃煮を作っている中川さんは、本当に食材を大事にする人だなぁと感心する。




(葉唐辛子の佃煮 料理:京料理人  中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)

この葉唐辛子の佃煮は、緑色がとても綺麗で、そして甘すぎないのです!
ここが私の大のお気に入り!(笑)
これを教えてあげたら、みんな喜んでくれるだろうなぁなんて思いながら、お昼にいただきます。

ところで、この他に梅も届いているそうで・・・。
いつもお仕事をいくつも抱えている中川さんの処理能力には、ただただ感心するばかりです。


カテゴリー: 料理人 中川善博の陰陽料理 | 2件のコメント

秘伝中の秘伝「中川式ラーメン」を伝授しました

上級幸せコースの名物料理の一つ、「中川式ラーメン」の授業が3クラスとも終わりました。
美味しくて、美味しくて、全員がスープを飲み干してしまいました。
500cc以上もあるのに・・・(笑)
どれだけ美味しかったかは、こちらの記事のコメントからも伝わってきます。



満足してホッとしている時には、人は笑顔になれますね。




あれ?
1名は手だけしか写っていませんでした(失礼)

とにかく美味しんです。
食材の組み合わせで????だったお味が、陽が加わった途端に激変する世界を知って、皆さんが驚いていました。
中川さんの味の設計って、本当に凄いです。

今日は「数種のサンドイッチとミネストローネ講座」ですが、そこでも味の設計の妙に唸る人が続出だと思います。
プロって本当に凄いものです。




(中川式ラーメン 料理:京料理人  中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)


+ – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床受付方法のご連絡(2017年度の場合)
中川式糠漬け(じゃい安)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材


カテゴリー: マクロビオティック料理教室 むそう塾, 料理人 中川善博の陰陽料理 | コメントする