料理人 中川善博の陰陽料理」カテゴリーアーカイブ

幻の櫻鑽會

25日の真夜中に突然「櫻鑽會」のご案内記事を書きました。
開催日20日前の急な告知は、無理があるのは重々承知の上でした。
まして平日の開催です。

でも、今年は開催しないことに決定しました。
すでに各コースに申し込まれている人が多いことと、有給休暇の申請が間に合わない人がいるためです。
裏でメールをくださった方、ぜひ来年開催してほしいとラブコールをくださった方、ありがとうございました。
嬉しかったです。

そして、平日にもかかわらず万難を排する覚悟でお申込みくださった塾生さんには、心から感謝しています。
そんな方々を含めて、たまに近況報告を兼ねて、お食事会でも開催しようかなと思ったりしています。
いつも緊張する授業ばかりでなく、たまにはリラックスして話し合う集まりもしたいなぁと、私が密かに思っているのです。

実は、櫻鑽會を誰よりも楽しみにしていたのは、この私かもしれません。
どんなに有名なお店に行っても、なかなか納得できるお味に出会えなくなって来た今の時代、中川さんからほんまもんの味を食べさせてもらえて、その覚え書までもらえて、さらに盛り付けまで見せてもらえるなんて、なんという贅沢なことか。
中川さんがお元気なうちに、ぜひそのお味を教えてもらいたい。
そんな想いが私の中にあります。

人はいつまでも生きてはいないのです。
ある日突然やりたかったことを残して旅立ってしまうかもしれません。
ですから私はいつも「一期一会」の覚悟で生きています。
凛とした気持ちで「今」「この時」を大切に。

中川さんがぜひ伝えたかったお料理に煮物椀があります。
煮物椀は煮物コースには入れられないし、秘伝でも教えてあるけれど、まだまだ絶品の煮物椀があるし・・・。
ならば、煮物椀もご飯物もなんでも食べさせてあげられるコースを作ろうということになったのでした。
ですから、この櫻鑽會はかなり美味しいものが並ぶ予定でした。

残念。




カテゴリー: 料理人 中川善博の陰陽料理 | 8件のコメント

牡蠣(かき)と水菜のパスタ 牡蠣(かき)ご飯



(牡蠣と水菜のパスタ 料理:京料理人  中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)

牡蠣が美味しい季節。
中川さんがとっても美味しいパスタを作ってくれた。
牡蠣の美味しい汁がたっぷりで、全部飲み干してしまった。
食べた実感で名前をつけると、「女殺しのパスタ」(笑)
牡蠣のミネラルを求める女性の内なる欲求があるのだろうか。

*   *   *

前に作ってくれた牡蠣ご飯も美味すぎて、なんだか「牡蠣の魔術師」のような気がする。
絶対おかわりしたくなる美味しさ。



(牡蠣ご飯 料理:京料理人  中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)


カテゴリー: 料理人 中川善博の陰陽料理 | コメントする

むそう塾生のおせち投稿とお弁当投稿(OBENTERS™)

2016年12月31日。
前日に引き続き中川さんはおせちの仕込みを続けていて、最初のうちは投稿されて来たおせちの写真をブログにアップしていたのですが、そのうちにそれも途切れ、真夜中の12時過ぎからまたおせち投稿がアップされ始めました。
その間に36種類のおせちを完成させ、お子さんたちとの大晦日のお食事も用意し、ヤレヤレと座れたのが日付の変わった1時近くだったのでしょう。

そしてまた、むそう塾生たちも頑張りました。
次々とアップされるおせちの写真に、彼女たちとの1年間がぐるぐる頭の中を駆け巡ります。
笑顔や涙やいっぱいの想い出が波のように押し寄せます。
お子さんがいたり、お仕事があったり、大変な環境下にあっても頑張る人たちがなんとむそう塾には多いことか。
感動の連続です。

すでにFacebookでは私の個人ページにも、むそう塾のファンページにもおせちの写真をリンクしておきましたが、ここではOBENTERS™との関係で記事にしておこうと思います。
おせちはOBENTERS™にとっては特別なものではなく、お弁当の延長であり、総まとめとしての位置づけになるからです。
日々のお弁当に格を持たせて、華やかに仕上げるのがおせちなので、約束事を守ればもうおせちが完成します。

OBENTERS™には参加していないけれど、頑張っておせちを作ってくれた人が7名いらっしゃいました。
勇気を出して投稿してくださったことがとても嬉しかったです。
その一歩がこれからにつながるので、今年も楽しみにしていますね。
全員の投稿文やコメントからは、「おせちを作るのが楽しかった!」という言葉が溢れています。
楽しいから作る! 美味しいから作る! こんな生き方って最高ですね!
今年も楽しくお料理をしましょう♪


<2016年12月31日  おせち投稿一覧> 投稿順

1 Hoさん(3-3) OBENTERS™
金沢にお住まいの塾生さんです。ひどいアトピーと何年も戦いながら、昨年は素手でお料理が出来ました。その喜びに私は泣いています。

2 Kaさん(36-6) OBENTERS™
東京在住のむそう塾生が作ったおせちです。一人暮らしのお父様のためにも作りました。(泣けます 涙) 中学生の時にお母様を亡くしたので、彼女のお料理はむそう塾で基本から習いました。彼女のおふくろの味は中川さんの味ということになります。妊娠中ですが頑張りました!

3 Kiさん(69-1) OBENTERS™
京都在住のむそう塾生が作ったおせちです。お子さんを育てながらお仕事もしているのに、こうしてお父様の分までおせちを作りました。今年は満足コースでさらに腕を磨きます。

4 Isさん(84-3) OBENTERS™
神奈川県在住のむそう塾生が作ったおせちです。まだ上級幸せコースですが、よく頑張って作りました。

5 Saさん(84-2) OBENTERS™
愛知県在住のむそう塾生が作ったおせちです。お子さんを育てながらお仕事もしています。今年から満足コースでさらに磨きをかけます。
お疲れさまでした。

6 Taさん(37-5) OBENTERS™
奈良県在住のむそう塾生が作ったおせちです。学業との両立に時間に追われながら大変な日々を送っていましたが、こうして初めてのおせちを作り終えました。

7 Fuさん(26-3) OBENTERS™
新潟県在住のむそう塾生が作ったおせちです。離れていてもこうして投稿でつながっていられることが心強い1年だったことでしょう。なかなかの頑張り屋さんです。

8 Ohさん(15-10) OBENTERS™
東京在塾のむそう塾生が作ったおせちです。結婚をしたので、それぞれの実家の分も作りました。お仕事もされているので、さぞ大変だったことでしょう。

9 Ebさん(88-3) OBENTERS™
岡山県在住のむそう塾生が作ったおせちです。お子さんもいてお仕事もあって、さらに嫁ぎ先のおせち作りもお手伝いして、それでもこのおせちを作り上げました。作りたい一心で台所に立ったのでしょう。むそう塾1年生です。

10 Suさん(8-4)
神奈川県在住のむそう塾生が作ったおせちです。お仕事でいつも忙しくされているのですが、頑張って作ってくれました。今年も期待しています。

11 Chさん(60-4) OBENTERS™
東京在住のむそう塾生が作ったおせちです。お子様が二人いてお仕事もされているので大忙しですが、頑張って作ってくれました。今年は満足コースでさらに腕を磨きます。

12 Saさん(64-5) OBENTERS™
神奈川県在住のむそう塾生が作ったおせちです。いつも忙しい事が多いのですが、こうして集大成としてのおせちを作る喜びを味わったそうで、私も嬉しいです。これからもむそう塾で腕を磨きます。

13 Kaさん(24-11)
愛知県在住のむそう塾生が作ったおせちです。遠慮しがちなご性格ながら、こうして投稿してくれたことが嬉しかったです。今は煮物コースで頑張っています。

14 Saさん(83-1)
東京在住のむそう塾生が作ったおせちです。年末ギリギリまでお仕事があるのに、こうして頑張っておせちを作ってくれました。自慢じゃないけどお料理が苦手だったのに、むそう塾のお料理は美味しいから作りたくなるそうです(^^)

15 Shさん(73-6)
兵庫県在住のむそう塾生が作ったおせちです。お仕事がいつも転がるように忙しいそうですが、こうして頑張っておせちに挑戦してくれました。今年は秘伝コースで磨きをかけます。

16 Asさん(67-3) OBENTERS™
岐阜県在住のむそう塾生が作ったおせちです。お母様の近くに住まわれるようになったので、きっとこのおせちも一緒にお口にされていることでしょう。幸せの絆が太くなりますね。

17 Kaさん(58-4)
愛知県在住のむそう塾生が作ったおせちです。2015年は2段でしたが、2016年は3段に挑戦されました。学びも大きかったようです。

18 Naさん(2-1) OBENTERS™
大阪府在住のむそう塾生が作ったおせちです。むそう塾で教わった36品全部をただひとり制覇しました。何軒分も作ったので、仕出し屋さんのようだったそうです。

19 Maさん(12-9)
大阪府在住のむそう塾生が作ったおせちです。美味しいお料理を介してご両親の理解も深まり、昨年以上のおせちが出来たことに涙しながら盛り込んだそうです。私も泣けました。

20 Fuさん(2-6)
兵庫県在住のむそう塾生が作ったおせちです。忙しい毎日ですが、こうしておせちに挑戦してくれました。お子さんたちがビックリされるかもしれません(笑)

21 Naさん(69-4) OBENTERS™
兵庫県在住のむそう塾生が作ったおせちです。ご両親や帰省中のご家族と囲むおせちは格別なことでしょう。お料理から笑顔と幸せを紡ぎ出している塾生さんです。

22 Saさん(21-9) OBENTERS™
東京在住のむそう塾生が作ったおせちです。根気よくお弁当投稿を続けた成果が、この日に花開くことを実感されたことでしょう。夏には鱧の骨切りも頑張った努力家です。

*   *   *

2016年12月31日のおせち投稿は22名からありました。
まだむそう塾に通い始めたばかりの1年生、4年以上通ったお姉さんたち、それぞれの人が1年間の想いを重箱に詰めてくださいました。
皆さんが「美味しいから作りたい!」という気持ちに溢れて挑戦してくださいました。ありがたいことです。
写真にあるのは一部で、何軒分ものおせちを作った塾生さんも多いです。あちこちのご家庭で「美味しい!」という言葉が飛び交っていることでしょう。

伝統の京料理とマクロビオティックが融合して、陰陽を踏まえたらもっと美味しくなったというのがむそう塾のお料理たちです。
プロを超えるほんまもんのお味を素人でも作れるようにしたお料理の数々が、皆様のお幸せのお役に立ちますことを京都からお祈りしています。

最後に塾長である京料理人中川善博が、息子さんとお嬢さんのために作ったおせちの写真を掲載しておきます。


【京料理人  中川善博のおせち マクロビオティック京料理教室 むそう塾】






+ – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材


カテゴリー: マクロビオティック料理教室 むそう塾, 料理人 中川善博の陰陽料理 | 8件のコメント

京料理人 中川善博の牡蠣ご飯が絶品すぎる!

%e7%89%a1%e8%a0%a3%e3%81%94%e9%a3%af%e3%80%80%e3%83%9e%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%93%e3%82%aa%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%83%e3%82%af%e4%ba%ac%e6%96%99%e7%90%86%e6%95%99%e5%ae%a4%e3%80%80%e3%82%80%e3%81%9d

(牡蠣ご飯 料理:京料理人  中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)

中川さんの炊き込みご飯は、玄米でも白米でも本当に美味しいのですが、この「牡蠣ご飯」は、実は私が一番気に入っています。
先日のカレーライスの試作会の時に作ってくれたのがとっても美味しくて、その味が忘れられず、昨日もう一度おねだりして作ってもらいました。

%e7%89%a1%e8%a0%a3%e3%81%94%e9%a3%af%e3%80%80%e4%ba%ac%e6%96%99%e7%90%86%e4%ba%ba%e3%80%80%e4%b8%ad%e5%b7%9d%e5%96%84%e5%8d%9a

(牡蠣ご飯 料理:京料理人  中川善博)

フレスコで買った加熱用の牡蠣ですが、十分に美味しくて大満足の牡蠣ご飯でした。
いつもはご飯が少なめの私なのに、この日はお替わりして中川さんもビックリの食べっぷりでした。
これはぜひ皆さんにお伝えしたいお料理です。
やはり作り方が違うんですよね〜、普通の炊き込みご飯とは。

材料費の面では、地鶏の炊き込みご飯と似たり寄ったりかもしれませんが、牡蠣の持つミネラル成分はぜひほしいので、鉄分補給の意味でも特に女性にはイチオシの炊き込みご飯です。
Rのつくうちに講座にしてあげたいな。


+ – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材


カテゴリー: 料理人 中川善博の陰陽料理 | コメントする

京都 和久傳

%e4%ba%ac%e9%83%bd%e3%80%80%e5%92%8c%e4%b9%85%e5%82%b3

(京都 和久傳)

京都伊勢丹の11階にある「京都 和久傳」
本店とはまた違った雰囲気で、明るくカジュアルな感じがなかなか良いなぁと思います。
高台寺の和久傳は、どちらかというと昔ながらのサービス方法ですが、こちらの「京都 和久傳」は、場所柄も考えて敷居を低くしてあるのが特長ですね。
お一人で行っても気軽にお食事ができ、雰囲気が良いのでお酒も美味しくなることでしょう。

お店での写真は遠慮しましたが、サイトに載っているものを拝借。

%e4%ba%ac%e9%83%bd%e3%80%80%e5%92%8c%e4%b9%85%e5%82%b3%e3%80%80%e8%95%aa%e8%92%b8%e3%81%97


むそう塾の秘伝コースで「蕪蒸し」を習った人は、ぜひ食べ比べてみると良いでしょう。
なぜ中川善博はこの器を使って、なぜあの料理方法にしてあるのかが納得出来るはずです。
温度・舌触り・味の濃淡など、すべてにおいてその理由が解ることでしょう。
凄いお料理を習ってしまいましたね(笑)

%e9%af%9b%e3%81%ae%e8%95%aa%e8%92%b8%e3%81%97%e3%80%80%e3%83%9e%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%93%e3%82%aa%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%83%e3%82%af%e4%ba%ac%e6%96%99%e7%90%86%e6%95%99%e5%ae%a4%e3%80%80%e3%82%80

(蕪蒸し 料理:京料理人  中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)

マクロビオティックの陰陽を知ると、お料理がどんどん美味しくなって行きます。
そして、その理由も深く納得できるようになります。
2016年の秘伝コース 2016.11.19
2015年の秘伝コース(日曜クラス) 2015.11.22
2015年の秘伝コース(土曜クラス) 2015.11.21


+ – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材


カテゴリー: 京都やマクロビオティックのことなど, 料理人 中川善博の陰陽料理, 食べ物あれこれ | コメントする