桂剥き投稿2017   Moさん(107-2)

砥ぎがよくなってきました。 まだまだまだまだ押さえつけています。 砥石に触れないように前後させましょう。そうすると面が不安定になります。その時のために赤ペン練習をしておくのです。 これが正しい連携です。 泥が出ないということは押さえつけているということです。
Air桂剥きとリアル桂剥きが正しく同期していますね。 あなたはどんどん上達します。
刃を押上げて、下ろすときに面圧が解除されています。そして上げるときに改めて面圧を当て始めます。 これが凸凹の原因です。 上げても下げてもずっと面圧は当てたまんまです。
刻みはOKですね もうすこし握りの力が抜けるともっと手首が柔らかくなってまな板へのショックが減ります。 そうすると長く切れ味が続きます。

 
 


カテゴリー: 桂剥き道 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です