「2023年度 自由人コース3」の授業日変更のお知らせ

2023年度のコースの受講ご希望者は、こちらの記事でご案内しておりますが、「自由人コース3」について、日程の変更ご希望がありました。

すでにご希望くださっていた皆さんにご連絡をとったところ、全員の了解が得られましたので、授業日を第1日曜日に変更することになりました。

ご協力くださった皆さん、ありがとうございます。
全員で楽しいコースにして行きましょう♪

新しい日程表を下記に載せておきます。
(なお、自由人コースは全部同じ色にしてみました。)

 
 

 
 


カテゴリー: 講座のご案内・連絡事項 | コメントする

秘伝コースの「鱧しゃぶしゃぶ」の授業を終えて 動画あり

鱧の骨切り練習をしていた人にとっては、必ず作りたいお料理が「鱧しゃぶしゃぶ」です。
中川さんがお料理屋さんをしているときに大絶賛されたメニューを、さらに美味しくして伝授しています。
当時のメニューはこちらの記事に載っています。
過去が活きてくる生き方 中川善博の場合 2015.9.30

お魚屋さんで骨切りされた鱧を買っても、骨がチクチクしたり、綺麗に花が咲かなかったりして残念な経験を持っている人もいて、この日を待ちわびていました。
朝から鱧をおろしたり骨切りしたり、教室の準備も大忙しですが、皆さんに美味しいのを召し上がってもらいたい一心で授業が進みます。

今年は鱧しゃぶの前に「鱧管牛蒡」を作りました。
昔の秘伝コースではこのメニューがなかったため、これを習いたくて秘伝コースを再受講された塾生さんは、残念ながら身内の告別式があって欠席されました。
どんなに残念だったことでしょうか……
とっても美味しいお料理なので、なおのこと。
いつかお伝えできる機会があることを祈ります。

 
 

(鱧管牛蒡 料理:京料理人 中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)

 
 

さあ、いよいよ鱧しゃぶです。
まずはお野菜と松茸、お麩などです。

 
 

そして鱧!

 
 

いただきま〜す♪
湯気が美味しさを誘います。

 
 

では、動画もどうぞ。
皆さんの嬉しそうな雰囲気が伝わるでしょうか?
BGMに中川さんが切る骨切りの音が聞こえます。

【鱧の骨切り音をBGMに「鱧しゃぶ」 マクロビオティック京料理教室むそう塾】

(iPhoneから動画を観る場合は携帯を横にしてご覧ください。)

 
 

最後に、授業ではお伝えしなかったかと思いますので、動画で金串の研ぎ方を載せておきます。
管牛蒡を作る前にこの方法で金串を滑りやすくしておきましょう。

【金串の先端のとぎ方 京料理人中川善博】

(iPhoneから動画を観る場合は携帯を横にしてご覧ください。)

 
 

これからは季節的にも鱧しゃぶがピッタリです。
お鍋は人の心を解きほぐして、笑顔にしてくれます。
骨切りをまだ習っていない人は、お宝さんDIRECTでご注文ください。
ご家庭でも楽しくお鍋を囲めますように。

 
 


カテゴリー: マクロビオティックの指導現場からシリーズ, マクロビオティック料理教室 むそう塾 | コメントする

「第14回 中川式小豆玄米ご飯の炊き方秘伝講座」を終えて

10月10日に「第14回 中川式小豆玄米ご飯の炊き方秘伝講座」を開催しました。
受講してくださったのは、東京2名・新潟1名・愛知1名・大阪3名・長崎1名の8名です。
すごくお久しぶりの方もいて、とても嬉しかったです。

主食を大事にしてくれる想いが満ち溢れていて、そのことがとても良い氣になって循環しているのです。
日本人はやはりお米を抜きにして健康は語れませんね。

見事に炊きあがった小豆玄米ご飯に、思わず感動してしまう表情があちこちで繰り広げられます。
こういう表情は見ていても気持ちのよいものです。
他の人のご飯も試食させていただくのですが、微妙に差があってここが改善点として指導される場合があります。

 
 

 
 

全部同じように見える小豆ですが、たま〜に柔らかさに差が出ることがあります。
もちろん、小豆自体の個体差が大きいのですが、他にも考えられる点があるので、それがマンツーマン指導になります。
そうして全部の小豆が崩壊寸前の柔らかさになる方法を伝授します。

 
 

(小豆玄米ご飯 料理:京料理人 中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)

 
 

炊飯の実習が終わって、懇親会会場のホテルオークラ京都に向かいます。
鴨川の景色を見ると、ついシャッターを切りたくなります。
雨上がりの景色で薄暗く感じます。

 
 

 
 

1名を除いて7名が懇親会に参加してくださいました。
お子さんをホテルオークラの託児ルームに預けて受講してくださった人もいます。
ママもお子さんもお疲れさまでした。
やはり子どもは陽性ですねぇ。
みんなの視線がお子さんに注がれます。

 
 

 
 

次回は、11月2日(水)に「第16回 中川式小豆玄米ご飯の炊き方秘伝講座」を予定しています。
あと3席だけ空いていますので、この機会に受講なさって小豆玄米ご飯の素晴らしい効果を享受なさってください。
便秘になりがちの人や、むくみやすい人は必須の講座です。

 
 


カテゴリー: うれしかったこと, 玄米の炊き方講座 | コメントする

京都 「麩嘉(ふうか)」さんの花麩と季節による色づかい 

先日、塾生さんとお話をしていたら、むそう塾で使っている「花麩」の色合いが季節によって変わることを知らない人がいらっしゃいました。
以前、記事に書いたのですが、読まれていなかったのかもしれません。

「京都らしい食材 麩嘉さんの花麩 そして京文化の一端」 2021.3.30

この記事で使われている写真を下に並べておきます。

 
 

【春 桜の頃のみ】

 
 

【初夏から夏】

 
 

【秋の始まり】

 
 

【秋本番】

 
 

「麩嘉(ふうか)」さんは、京料理人中川善博によると、ここ一択なのだそうです。
授業でもここの「粟麩」「蓬麩」を使ったりしますが、いつも大人気です。

ネットによると、ここの「麩まんじゅう」がとても美味しいのだそうですが、なぜか私はまだいただいたことがありません。
明日、お散歩がてらに買いに行こうっと。

 
 


カテゴリー: 京都やマクロビオティックのことなど, マクロビオティック料理教室 むそう塾 | コメントする

思いがけないところでタコスに遭遇 平安蚤の市

きょうの京都は、きのうまでの雨も去って、朝から気持ちのよい秋晴れになりました。
ふらりと岡崎疏水沿いを歩いてみました。
鴨が気持ちよさそうに泳いでいます。

 
 

 
 

平安神宮前の広場では、「平安蚤の市」を開催していました。
「ロームシアター京都」の蔦屋書店横にはタコスのお店が出ていて、思わず写真を撮ってしまいました(笑)
自由人コースの授業で「タコス」が登場したもので、なんとなく気になってしまったのです。

ナチュレロのとうもろこし粉を使っています。
メキシコ産有機のとうもろこし100%。
全粒粉。
グルテンフリー。
NON-GMO。
保存料・添加物不使用。

と書かれていました。
「El calavera(エルカラベラ)」さんという移動販売形式のメキシコ料理店のようです。

 
 

骨董的な商品が多くて、こういうものが好きな人にはたまらないのでしょうね。
広場はこの他にもあって、そちらには飲食のお店が多かったです。
それにしても、ここでも消毒液が…

 
 

次回は11月10日(木)なんだとか。

 
 

涼しい風に吹かれて、気持ちのよい時間でした。

 
 


カテゴリー: 京都やマクロビオティックのことなど | コメントする