「12月24日緊急5分メッセージ」東京大学大学院教授 鈴木宣弘

東京大学大学院教授の鈴木宣弘先生の、「12月24日緊急5分メッセージ」という動画をTwitterで拡散したところ、多くのかたに観ていただいているようです。
大事な内容なので、ブログの方でもリンクしておきます。

ウクライナ戦争の影響で、海外からの輸入に異変が起きて、その影響はすでに以前から出ていますし、物価も上がっています。
鈴木先生のおっしゃっていることは、まったくの正論で、それと逆行する我が国の政治に、みんなで怒らなければいけない状態です。

防衛費を上げても日本を守ることはできません。
むしろ、反対の方向に進んでいます。

もし核戦争が起きて物流が止まったら、世界で餓死する2億5500万人のうち3割は日本人だという予想がアメリカの大学で出されているそうです。
日本の人口の6割、7,200万人が餓死するというのです。

実質的な食料自給率は38%ではなく、10%ほどになってしまうという計算。
そして、食料を持たずに武器だけ持っても、戦う前に兵糧攻めで終わってしまう現実。
今私たちはそんな時代に生きているのです。

「武器にお金をかけるな 日本国民を餓死から守れ!」と私も言いたいです。

 
 

【12月24日緊急5分メッセージ】

 
 


カテゴリー: その他 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です