新型コロナウイルスとワクチンのブースター接種に思う

2020年の1月末。
新型コロナ問題が起きたとき、相手がウイルスならどうしようもないなと思った。
どんどん変異するのがウイルスだから、何もせず体の力に任せようと思った。
塾生さんにもその旨を話して、とにかく免疫力を落とさないようにアドバイスをしていた。

それから2年半以上経っても、世の中はまだワーワー騒いでいる。
私からみたら、4回目のワクチン接種だなんて自殺行為に思える。
短期間にそんなに異物を体に注入することに、ためらいはないのだろうか?
不思議に思わないのだろうか?

さらに、連日猛暑が続くのに、マスクをしている人の多さよ。
なんだか、人間が二極化したような気がする。

常々薬に抵抗のない人はワクチンを接種するし、マスクもする。
(中には二重マスクの人もいる)
そして、3度目、4度目とワクチン接種が進む。

政府がいうことをそんなに信じていいの?
政府も製薬会社もお医者さんも責任をとってくれないんだよ。
治験中なんだよ。

ワクチンを接種しなかったら、コロナ問題はきっと収束していただろう。
自然に任せればよかったものを、余計なことをしたために今の状態を招いてしまった。

ワクチン接種者から伝播して、体調不良を訴える人がとても多くなった。
3回目、4回目と進むにしたがってその数が増えた。
中にはコロナの症状なのか、伝播なのか区別がつかないケースがある。
接種していない人も影響を受けているのだ。

人間とウイルスは共生しながら生きてきた。
だから、今も、これからも共生でいい。

 
 

(2022.8.3 京都の空)

 
 


カテゴリー: 新型コロナウイルス, からだ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。