「マクロビオティックガイドブック」を読んで 塾生さんの感想文より

幸せコースの塾生さんから感想文が送られてきました。
誰にもあることですし、私もいつか通った道を歩んでおられました。
どうしてもなってしまうんですよね。
ここが本当のマクロビオティックを、なかなか理解してもらえないところだと思います。
記事にさせていただいて、一緒に考えてみましょう。

 
 

<塾生さんの感想文より> 抜粋

「マクロビオティックは単なる健康食や食事法にとどまらず、身体を健康にするだけではなく同時に心も健康にする事を目指す。
心身の健康を通じて人間が本来持っているやさしさ、穏やかさを取り戻し人々が幸せになり社会の平和が実現されることを目的としている」
と書かれている箇所がありました。

マクロビオティックを取り入れるようになって体調が良くなったこともあり、食事法と捉えてしまったが為に一時期ストイックな方向に走ったことがありました。
考え方や物事の見方が狭くなってしまい、心の方は不健康になってしまったように思います。
そんな自分が嫌になり、身体の声と言い訳して欲を満たすような食生活に走ってしまい今に至ります。

陰陽の表面的な部分に囚われマクロビオティックの目的・本質からかけ離れて迷子になっていましたが、これを機に気持ち新たに初心者のつもりで学び、心身共に健康であることを目指したいと思いました。

 
 

***

私もストイックになっていたことありましたよ。
でも、そんなときって体調がよいので気づかないんですよね。
周りから見たら、変な方向なんでしょうけど(笑)

でも、当時はマクロビオティック関連の書物を片っ端から読んでいましたので、「どうやら食べ方だけではない世界があるらしい」と気づきました。
大事なことは、「こころ」の方はどうなの?ということです。

健康になった体と心で、どんな生き方をしたいの?
そんなところまでたどり着けたら素敵ですよね。

「人生を愉しむ」生き方。
陰陽でそんなことが実現できますよ。
大いに期待して、一緒にそんな世界を覗いてみましょう。

 
 

実はね、マクロビオティックは桜沢先生が、青少年に希望を持たせようとして説いた面もあるのです。
ですから、目的を見失っている人や、生き方に戸惑いを覚えているとき、人間関係に困っているとき、あるいは精神的につらいときなど、あらゆる場面で陰陽は生きてくるのです。

正直に言うと、私もまたこの陰陽で今も助けられています。
陰陽で物事を考えると、平和裏に座りのよいところに着地するので、心に平和が訪れるんですよ。
これがこの考え方の素晴らしいところだと思っています。

別に新興宗教ではないのですが、まるで宗教であるかのように心に響く考え方が出来るようになります。
これはこれで自分の精神面に柱が出来るので、強い生き方が出来てよいと思っています。
その結果、穏やかな日々になるのがいいなあと思います。

 
 

(マクロビオティックガイドブック 体と心をはぐくむ食養生)

 
 


カテゴリー: マクロビオティックの指導現場からシリーズ, むそう塾スタイル, 幸せコース感想文, こころ・想い パーマリンク

コメント

  1. 幸せコース生 より:

    今年度、幸せコースに通っている者です。
    私も同じ気持ちを抱えています。
    思いを共有できる方と集えたことがうれしく、コメントしました。

    美風さん、中川さんのお言葉は、まさにピピカシャンで
    圧力鍋や糠漬けにお二人の分身がついているんじゃなかろうかと思うほどです。

    私には、まだ逃げとか甘えという気持ちがあります。
    そんなことも見抜いてくださっているにもかかわらず、
    いつも誠実に対応してくださいます。
    だから奮起する気持ちが目覚めることも。はい、まだまだです。

    玄米炊飯の講座の帰り道、京都駅までむそう塾の大先輩お二人と
    ご一緒させてもらったことがあります。
    今の悩みを打ち明けると、「そんな気持ちになるよね~」
    と、もしかしたら先輩方も通ってきた道なのかなという言葉が返ってきました。

    講座で、お二人の炊いた玄米をいただいた時、もう美味しくて美味しくて。
    むそう塾に通ううちに、教わった料理を作っているうちに、
    大先輩のように自由に生きられるのかなと思いました。
    私はまだまだですが、自分次第で自由になれる道がある。と大先輩から学びました。

    • マクロ美風 より:

      幸せコース生さん、こんばんは。

      >もしかしたら先輩方も通ってきた道なのかなという言葉が返ってきました。

      そうですよ〜。
      皆さんが同じような道を歩んでおられます。
      でも、続けているうちに、一つ、また一つと乗り越えていって、振り返るとずいぶん成長した自分を知るわけです。
      でもね、その道は不安半分、楽しさ半分ではないかと想像しています。

      大人になってから成長するチャンスを得られる喜び。
      出来ないことを出来るようになる喜び。
      思うように行かない苦悩。
      そんなことが入り乱れていながらも、やっぱり共に学ぶ仲間がいるからこそ、前に進む勇気が出てくるのだと思います。

      これから色々な面で仲間の存在に助けられることがありますよ。
      どうぞ、皆さんが一緒に、姉妹のようなお気持ちで教室に集い、むそう塾からたくさん得てください。
      みんなで前に進みましょう。
      陰陽を使って自由に人生を遊びましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。