京都市京セラ美術館の敷地内にある「桜水館」のこと

京都市京セラ美術館は、当初2020年3月21日にリニューアル後のオープンを予定していたのですが、新型コロナウイルス禍のために、6月1日から予約制でオープンしています。
6月18日までは京都府民に限定されますが、6月19日(金)からはその限定が外されます。
そのご案内はこちら

ところで、この京都市京セラ美術館の敷地内には「桜水館」(おうすい館)という2階建ての洋館があります。
下記のイラスト図の右上の方にある「K」という小さな建物がそれです。
岡崎疏水に面して建っていて、東側は岡崎道、南側は仁王門通、敷地の東南角地、建物は南向き、入り口は北側と、風水上も文句なしの氣の良い立地条件です。

 
 


(画像はこちらから拝借)

 
 

加えて、春は桜、夏は緑、秋は紅葉、敷地内には日本庭園もあるという好条件です。
(ただし、この日本庭園はリニューアルに際して「東山キューブ」を作るために、著しく減らされてしまったのが残念です。)
過去記事で、この建物に入るレストランが素敵なレストランだといいなと書いているのですが、そのレストランは「株式会社都食堂」に決まったようです。

 
 

 
 

京都市役所のHPのサイトではリンクが外れていましたので、市役所に確認したところ、都食堂さんで間違いないとのことでした。
どのような雰囲気のレストランになるのかわかりませんが、今から開業を楽しみにしています。

 
 


カテゴリー: 京都やマクロビオティックのことなど パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です