24時間断食のススメ (注)低血糖になる人はしないでください

突然ですが、あなたは断食をされたことがありますか?
断食というと、怖そうとか、難しそうとか思われる方が多いので、今はファスティングという言い方をされる人もいますね。

私はマクロビオティックを知るまで断食とは無縁の暮らし方をしていたのですが、マクロビオティックの学校に通うようになったら、断食の本がいっぱい並んでいたので、興味を持って読み始めたのでした。

そして、読めば読むほど納得できるので、自然とお食事の量を減らしたり、1食抜くというようなことをして、空腹に慣れるようにしていきました。
そのうちに、きちんと7日断食を繰り返すようになり、その爽やかさの虜になりました。

と同時に、食べ物の持つ本当の美味しさを知りました。
私たちは口で美味しく感じるものを求めがちですが、真の健康は細胞が美味しく感じるもので出来上がっているのだなぁと思ったものです。

しかし、今の方は長期間の断食に向かない体調の人が多いように思います。
食べないと途端に体調が悪くなってしまう人もいるからです。
体力がないというか、体にゆとりがないというか、血糖値が安定していないというか・・・。

ですから、私は24時間の断食をおすすめします。
24時間ならなんとかなると思いませんか?

でも、1食抜いただけで低血糖になる人がいますので、そういう人は本断食向きではありません。
くれぐれも無理に挑戦なさらないでくださいね。
ということで、今は半断食をおすすめしている指導者もいます。
その時に使う飲み物で色々名前が変わったりします。

ただ、人の体は百人百様なので、絶対誰にでも合う方法というのはありませんから、ご自分が気持ちよくいられる間だけ食事を抜く方法で良いと思います。
その抜く時間が長くなればなるほど、体の反応も変わってくることになります。

一日3食食べなくちゃと思っている人は、1食抜く練習をするだけでも体は喜びます。
つまり、空腹に慣れるだけでも消化器系の仕事量が減るからです。
私たちは働きすぎると体が疲れるわけですが、内臓も同じことなので、その仕事をたまに減らしてあげるとよいのです。

今日は日曜日。
日曜日だけ抜くというのもいいですね。

 
 


(天丼 料理:京料理人 中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)

こういう写真を見ても食べないでいられたら、あなたは断食向きです(^^)

 
 

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床宅配のご注文方法
中川式糠漬け(じゃい安Direct)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
シリットecontrol 鍋のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

 
 


カテゴリー: からだ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です