『子どもが小さいんです』と心配されるお母さんへ

先日、『子どもが小さいんです』と相談されました。
きっと一人でいっぱい悩んだのでしょう、可哀想に。

いいんですよ、小さくても。
大きければ安心できるものでもないのです。

子どもはどんどん変化するので、気にかけるのは機嫌がいいかどうかだけでOKですよ。

ママが「こうあらねば」と思っていると、それはつらい子育てになるので、母子手帳に振り回されないようにしましょう。
大きい子も、小さい子も、強い子も弱い子も、みんな可愛い我が子です。

だから、まず心配しないこと。
あまり気にしないこと。

*   *   *

マクロビオティックを知っている人なら、陰陽の判断ができますね。
子どもはそれだけで大人より陽性なので、大人より陰性な食べ物でも良いのです。
親に「陽性にしなくちゃ信仰」があると、陽性+陽性で子どもの成長には好ましくありません。

甘いものや添加物には気をつけてあげたいですが、動物性を食べないからと悩む必要はありません。
特に玄米ご飯を食べていれば、そんなに動物性を欲しがらなくても当然です。
動物性は欲しがれば与えてもよいですが、積極的に食べさせようとしなくてもかまいません。

ましてや、動物性を食べないから小さいのだろうか?なんて悩む必要性はありません。
大きくなるのは陰性の力なのですから、そこを間違えないようにしましょう。

子どもはいつ大きくなるか誰にもわかりません。
早くに成長する子、のんびり成長する子、急に成長するときもあれば、成長が足踏み状態のときもあります。

大きくなってほしい親心は痛いほど理解できるのですが、心配するのではなく、朗らかな気持ちで待ちましょう。

*   *   *

ここで食べ物の陰陽のことを思い出しましょう。
固体より液体の方が陰性なので、子どもが固体を嫌ったら液体での料理方法にすると、すんなり飲んでくれることがあります。
固体の食感を嫌うことがあるからです。

子どもが大人より水分を欲するのは、子ども自身の体の欲求なのかもしれませんね。
体温も大人より高いので。

そもそも食べ物に対する反応は個人差が大きくて、それは大人になっても同じです。
おっぱい(またはミルク)をすごく飲む子もいれば、あまり飲まない子もいます。
大人になっても、食欲旺盛な人もいれば、食が細い人もいます。

部活を始めると急に食欲が増すお子さんもいます。
本当に人それぞれなので、体格は個性そのものととらえて、必要以上に悩みを抱えないようにしましょう。

生きていればそれだけでいいのです。
機嫌がよかったらなおいい。
そのくらいの割り切りをしましょう。

 
 


(教室の掛け花 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)

 
 

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床宅配のご注文方法
中川式糠漬け(じゃい安Direct)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
シリットecontrol 鍋のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

 
 


カテゴリー: 子育て・野口整体・アトピー, からだ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です