中川式糠床のやわらかさ(動画付)

中川式糠床 マクロビオティック京料理教室 むそう塾

 
 

(中川式糠床 マクロビオティック京料理教室  むそう塾 2015.12.7)

中川式糠床の今の状態はこんな感じです。
塾生さんのお食事のために、胡瓜や茄子やお大根などを取り出してそのままの状態です。
取り出したあとには少し汁が溜まっていますが、中川さんの糠床には桿菌がいっぱいいるから大丈夫なのです。
よく、汁が溜まると抜くように書いてある本もありますが、糠床の汁は美味しさそのものなのですから、抜いてしまうのはもったいないですよね。
それをうまくキープして旨味に変えているのが中川式の凄いところです。

夜の撮影なので暗くて申し訳ないのですが、混ぜるとこんなにフワフワしています。
色ももっと黄色みがかって綺麗です。
やわらかさを知っていただくための動画です。
中川式糠床をキープされている方はご参考になさって、ぜひ美味しい糠漬けで新年を迎えましょう。

この糠床で漬けられた糠漬けがこちらの写真です。
美味しかったのはいうまでもありません。

中川式糠漬け マクロビオティック京料理教室  むそう塾

 
 

(中川式糠漬け 料理:京料理人  中川善博 マクロビオティック京料理教室  むそう塾)

※関連記事
中川式糠床を激混ぜするスピード(動画付)

 
 


カテゴリー: 中川式糠漬け パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です