「マクロビオティックの陰陽で考える食べ方生き方講座」によせて

きょうは東京で「マクロビオティックの陰陽で考える食べ方生き方講座」があります。
私がマクロビオティックを始めた頃とは違って、最近はマクロビオティックによる弊害と思われる考え方をしている人や、体調不良の人が増えてきているように感じます。
現にむそう塾にはそういう人たちが毎月の愛クラスに来られるし、メールでのお問い合わせも多くあります。

そこで、そんな方たちにブログではなく実際にお会いして、今困っておられることを一緒に考える会をしたいと思ってこの講座を企画しました。
結論的にいうなら、マクロビオティックをきちんとご理解してくだされば済むことなのですが、本を頼りに孤独な勉強をしていたり、陰陽をきちんと把握できていないと、思わぬ落とし穴にはまってしまうことがあります。
それがマクロビオティックの危ないところかと思います。

ちなみに桜沢先生の本には、どこにも動物性を絶対食べてはダメだとは書いていないのですが、全体の表現からは動物性をとても敵対視しているように受け取られる表現が多々あります。
そうすると、本を読めば読むほど「動物性は絶対食べてはいけない」と思い込んでしまうようになる人がいます。
あるいは、そのように教えるマクロビオティックの講師がいたり、そのような視点で構成されているマクロビオティック関連の本も多数(というかほとんど)あります。

それらがひとり歩きして、本来のマクロビオティックの良さがどこかに追いやられてしまい、むしろ避けてほしい宗教だと思われていたりします。
とあるサイトによれば、彼氏が彼女にハマってほしくないものの一つがマクロビオティックだという表現もあるくらいで、マクロビオティックの考え方はとても誤解されています。
一番バランスを主張しているはずのマクロビオティックが、そんなに極端に偏って受け止められてしまうことを、私はとても残念に思います。

きょうの講座には40名のお申し込みがありました。
当初は30名のつもりだったのですが、ご希望者が溢れてしまったので、席を増やして開催することにしています。
5時間ぶっ通しでひたすら皆さんのご質問にお答えしていく講座なので、どうぞ疑問点を解消すべく、どんどんご質問なさってください。
中には自分と同じ疑問をどなたかが質問してくれる場面もあることでしょう。
この公開講座の良いところは、他の人の質問からも学びが得られる点です。
限られた時間ではありますが、健康を目指す食べ方と、健康を土台にした生き方を一緒に考えてみたいと思います。

本来のマクロビオティックが正しく伝わりますように。

 
 

秩父高原のポピー

 
 

(秩父高原牧場のポピー)

 
 


カテゴリー: マクロビオティック料理教室 むそう塾, マクロビオティックが楽しい♪ パーマリンク

コメント

  1. こみゆ のコメント:
    今日はつたない質問にお答えいただき、ありがとうございました!アサリは海塩でないと砂をあまり吐かないし、季節になれば野の花は誰にも世話にならず見事に咲き、環境や状況に素直に生きているのに、人間はいろいろ手間がかかって面倒くさいなぁと思いますが、そういう諸々すら面白がれる人に近づいてゆきたいです。目指せ生足!厚みのある身体!
    • マクロ美風 のコメント:
      こみゆさん、おはようございます。

      昨日は遠くからお越しくださいまして、ありがとうございました。
      アサリと野の花のように、私たちも環境に合わせる能力をちゃんと持っています。
      しかし、人間はなまじ脳みそがあるために、余計なことを考えてしまうんですね。
      それが体調不良の一因になっています。
      ですから、それを可能な限り自然な状態に近づけてあげれば良いわけです。
      面倒くさいなぁではなく、それらの反応を楽しみながら生きられるのは人間の特権でもあるわけですから、それをプラスに考えて暮らしてみましょう。
      またお会いできますように。
  2. takako のコメント:
    初めて参加させていただきました。
    目からウロコ。ああ、そういうことだったのか・・!と
    驚いたり、腑に落ちたり、感じることの多い濃い時間でした。
    奥深い陰陽の世界を感じながら、日々、客観的に自分を見つめて成長していきたいと
    感じました。
    まずは、甘いもの絶ちをして、心と身体の変化を見つめてみます。
    そして、前を向いて次へ!次へ!ですね。
    引きずり症候群から抜け出して、頭と心の整理に取り組んでみます。
    思い切って参加してよかったです。
    ありがとうございました。
    • マクロ美風 のコメント:
      takakoさん、おはようございます。

      昨日はご参加くださいましてありがとうございました。
      目からウロコが落ちたようで良かったです(^^)
      客観的に自分を見つめるってなかなか出来ない人が多いのですが、これが一番間違いのない方法です。
      今は文明の利器もあるので、それらを総動員してでも客観性を意識されると、人間関係までスムーズになりますよ。
      引きずり症候群は陰性なので、グンと陽性に切り替えれば別世界が展開します。
      これからもブログの記事にはそんなことが登場すると思いますので、引き続きお読みいただければヒントになることがあると思います。
      またお会いしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です