動物性を食べてもアトピーが良くなった例とお弁当添削の力

このブログをご覧になってくださる方の中には、マクロビオティック料理教室なのに動物性を使うの?と怪訝に思われる方が多いでしょうね。
私自身もマクロビオティックを習い始めた時の自分の気持ちを振り返ると、まさか動物性を使ったお料理教室を開いているとは夢にも思いませんでした。
私自身が動物性も甘いものも一切排除した食生活を経験した結果と、教わった先生や周りの人たちの体調や考え方を総合して考えた結果が、少しの動物性はあっても良いとの結論に辿り着いたからです。

実際にあった話なのですが、とてもひどいアトピーの方がむそう塾に来られて、徹底した動物性排除で良くなられました。
しかし、月日の経過とともに今度は違う場所に症状が現れ始めました。
動物性抜きで改善した経験を持つ彼女は、あれがいけなかった、これがいけなかったと前の経験を頼りに食べ方を工夫するのですが、一向に良くなりません。
その後、おつき合いの関係上、動物性をいただくこともあったようで、その頃には完全にベジ一本でいたわけではないのですが、ちょっとだけ変化がありました。

そんな彼女がOBENTERSとして毎日お弁当添削を受けるようになったところ、中川さんから陰陽バランスを取るために動物性も入れるように指導され、しぶしぶ(笑)動物性を少しだけ入れたお弁当を召し上がっていました。
そんなことをしながら数ヶ月経った今、再発したアトピーは綺麗に治ったと報告を受けました。
そして体調も良いとのことで、おまけつきの快復でした。
自分だけでお弁当を作ると、どうしても独りよがりのメニューになってしまいますが、中川さんに添削を受けると思うと気を引き締めて献立を立てますから、その半強制的な場面が良い方に影響したのだと思います。

病気というのは陰陽バランスの崩れた結果ですから、それを本来の陰陽バランスに戻すことをしてあげれば、身体はちゃんと働くわけですね。
そんなお手伝いの一つにお弁当が役立って、とっても嬉しいです。
直接指導した中川さんは私以上に嬉しいことと思います。

今朝もOBENTERSの投稿がたくさんありました。
毎朝毎朝、パソコンの前にへばりついて何時間もお弁当添削のために時間を費やす行為は、奉仕の精神がなければ続けられるものではありません。
しかもその指導内容は超一級のレベルであり、どんな料理専門家が読んでも勉強になる内容を含んでいます。
惜しげもなくTwitter上にそれを披露して塾生のお弁当を育てる中川さんに、私はほんまもんの愛情と根性を感じます。

そんな中川さんと手を取り合ってむそう塾を運営することになったご縁は、まさしくマクロビオティックが運んで来てくれたものでした。
今までも、これからも、マクロビオティックを知って良かったと思える生き方をしたいと思います。

なお、サイトの方に「マクロビオティックの盲点」というコーナーがあり、そちらにもアトピー関連の記事を書いていますので、お読みくださいませ。
「おせち料理に思うこと」

塾生お弁当 むそう塾

 
 

【地鶏つくねバーグ葱添え、小松菜塩茹、金平、焼椎茸酢橘醤油】
(OBENTERSの作品より 料理:kotoさん)

 
 


カテゴリー: マクロビオティックの指導現場からシリーズ, マクロビオティック料理教室 むそう塾 パーマリンク

コメント

  1. koto より:

    美風さん、記事にして下さってありがとうございます。
    先日のアトピーの記事にコメントしよう・・・と思いながら、しそびれて
    いました。
    こんな風に取り上げて下さって、とても嬉しいです。

    OBENTERSが始まった頃、最初は投稿せず皆さんの美味しそうで
    美しくて、手の込んだお弁当を毎日見ているだけでした。
    ただ、どの方のお弁当にも毎日動物性のメインがあって・・・普段、皆さんの
    食生活まで覗けることはないので、正直ちょっとした衝撃でした。
    むそう塾生だから(笑)もっとベジな食生活だと思っていたからです。

    最初の2ヶ月間投稿しなかったのは、やはり動物性を毎日いただくことに
    抵抗があったからです。
    まわりの方とのおつきあいで抵抗感は少なくなってきてはいたのですが、
    毎日、毎日・・・は何だか不安でした。
    でも、投稿している塾生さんも、私のまわりにいる人も、毎日動物性をいただいていても
    とっても元気で健康的。
    自分が間違っているのではないかと思い始めたのです。
    そこで、自分への挑戦のつもりでOBENTERSに参加させていただきました。

    最初の頃はベジなお弁当を作ることもあり、そんな日は必ず中川さんに
    「今日のメニューはあなたには陰性過ぎます」というコメントをいただきます。
    ちゃんと一人ひとりの体調や体質に合わせてアドバイスをして下さって、
    その上プロの盛付のご指導もいただいて・・・中川さんの愛情の深さには
    本当に感謝しています。

    美風さんがおっしゃるように、やはりバランスなんだと実感しています。
    人それぞれの体質があるので一概には言えませんが、私の場合は、
    動物性を排除することで必要なたんぱく質が不足していて、その結果
    お肌も弱くなっていたのではないかと思っています。
    今では毎日良質の動物性を毒消しを考えながら美味しくいただいていますし、
    以前よりも旬の果物もいただくようになりました。
    (砂糖、甘いものも一切排除していた時期もあったので、果物もまったく口にしない
    時期も・・・)

    OBENTERSに参加させていただいてから、お弁当以外のお食事も変わって
    きましたし、以前よりもずっと楽しくお料理しています(笑)
    もちろん、毎日のランチタイムが何倍も充実したものになっていることは
    言うまでもありません。

    人それぞれOBENTERSへの想いはあると思いますが、私にとっては
    偏っていた食生活を変えてくれた大きなきっかけになりましたし、まさか
    アトピーが改善するとは思ってもみませんでした!

    この先、また出ることがないとも限りませんが、食生活も精神的にも
    うまくバランスをとっていきたいと思います。

    いつも気にかけて、見守って下さる美風さん、中川さん、出来の悪い
    塾生ですが(苦笑)これからもよろしくお願いいたします!

    最後に…画像を修正して掲載していただき恐れ入ります。
    見ていただく中川さんに同じ注意を受けないよう練習します。

    • マクロ美風 より:

      kotoちゃん、こんばんは。

      >むそう塾生だから(笑)もっとベジな食生活だと思っていたからです。

      これは案外盲点かも知れませんね。
      マクロビオティックをしているからきっとベジは食べていないなんて思っていると、実際はそうではなかったという人がゴロゴロいますから(笑)
      生真面目なkotoちゃんの一面をのぞいた気がします(^^)
      そんな性格を踏まえてのアドバイスでした。

      毒消しというのは、言い換えると陰陽バランスを取ることに他なりません。
      きょうのお弁当も地鶏の毒消しに葱と椎茸をたっぷり摂り、さらに牛蒡も加わっています。
      素晴らしいメニューですね。
      「動物性を摂るときには質の良いものを少しだけ」というお約束も守れています。
      こんなにバランスの良いお弁当で体調が悪くなるはずがありませんよね。
      これからも毎日のお弁当と、kotoちゃんのさらなるパワーアップを楽しみにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。