マクロビオティックの指導現場より 妊娠・出産・母乳・離乳食の陰陽

これから妊娠・出産・授乳・離乳を経験するであろう女性たちだけでなく、ぜひ男性たちにも知っておいていただきたいお食事のことを書きます。
一般的なお食事は空腹を満たすためと、喜びや癒しのためにいただくことが多いのですが、マクロビオティックのお食事はその他にもう一つ目的があります。
それは「質の良い血液をつくる」ことです。
この一点のために陰陽を駆使してあれこれ模索するわけです。
しかしどんな場合でも忘れてならないのはバランスであって、何かを排除することではありません。
排除の論理は正しいマクロビオティックの考え方ではありません。

女性の体はとにかく冷やさないことです。
妊娠時期は特にその意識が重要で、体を冷やす食べ物や環境は羊水が増えるだけでなく、赤ちゃんに体脂がついてしまいます。
動物性脂肪が多い場合も赤ちゃんに体脂が増えます。
いつも少し陽性になる食事を心がけますが、あまり動物性が多いと子宮口が締まりすぎて、出産の時になかなか赤ちゃんが出て来れません。
反対に陰性な食べ物が多いと、出産の際に微弱陣痛で、こちらも赤ちゃんが出たり引っ込んだりすることになってしまいます。
妊娠中にしっかり陰陽バランスを取っておけば、痛みもほとんどなく、お産に要する時間も少なく、出血も最低限に抑えられます。

そしていよいよ授乳になっても、乳腺を詰まらせる要因が少ないので、スムーズな母乳ライフが楽しめます。
この母乳を飲ませることが、実はママにとっても大変重要なことで、妊娠で大きくなった子宮を収縮させたり、ホルモンを活性化させたりして、ママ自身がどんどん美しくなるのです。
よく、子供を一人産んだくらいの女性が最も美しくて色気があるというのは本当で、出産と授乳のご褒美でもあるわけです。
授乳中は乳腺を詰まらせる原因になるようなお食事は控えるようにして、母乳の質にいつも気を配りましょう。

さて、いよいよ離乳の時期がやって来ます。
断乳なんて寂しいことは言わないで、自然にバイバイできるようになりましょう。
だいたい母乳は生後1年くらいで乳糖の分解酵素がなくなって、澱粉の分解酵素がメインになりますので、歩けるようになったら離乳完成が照準です。
それ以後の母乳はスキンシップ目的のことが多いので、さっさと授乳を切り上げても構いません。
ただしこの離乳は個人差が大きいので、月齢に惑わされないようにしましょう。

一方離乳食ですが、育児本にとらわれずに、あくまで赤ちゃんの反応を優先して進めます。
赤ちゃんは自分にとって必要な食べ物とそうでない食べ物を本能で見分けますから。
最も注意すべきは、大人より薄めの味を心がけることです。
大人が味見してちょっと物足りないくらいでも良いのです。
なぜなら、赤ちゃんは大人より陽性だからですね。
食材や料理方法も陰性寄りで構いません。
大人の感覚で動物性のものをせっせと摂る必要はありません。
陽性が過ぎると大きく育ちませんので注意しましょう。

ああ、また時間がなくなってしまいました。
きょうは愛クラス(玄米の炊き方秘伝)があります。
ではこの辺で。

 
 

妊娠・出産・授乳・離乳食 マクロビオティック 

 
 


カテゴリー: マクロビオティックの指導現場からシリーズ パーマリンク

コメント

  1. てんこ より:

    美風さん、大変参考になる記事をありがとうございます。

    >いつも少し陽性になる食事を心がけますが、あまり動物性が多いと子宮口が締まりすぎて、出産の時になかなか赤ちゃんが出て来れません。
    >反対に陰性な食べ物が多いと、出産の際に微弱陣痛で、こちらも赤ちゃんが出たり引っ込んだりすることになってしまいます。
    やっぱり妊娠・出産という大仕事をこなすには、陰陽バランスが欠かせません。
    陣痛もないのに勝手に子宮口が開いて流産になってしまう『頚管無力症』という状態もあって、これは『極陰』だな〜と思っていました。
    安定した妊娠とパワーあふれる分娩のためには妊娠前からしっかりした母体を作り上げておく必要があるのですよね。
    皆さん、妊娠されてからは多少お食事に気を配られるのですが、それでは遅い〜!といつも心のなかで叫んでいます。

    記事の離乳の部分を読んで、子供二人が自分たちで卒乳していったことを思い出しました。
    私は小学校くらいまで続けてもいいな〜なんて思っていたのですが、二人とも1歳半の時、ある夜突然、沿い乳なしで寝るようになりました。
    その後乳腺炎などトラブルにならずスムーズな卒乳でしたが、ちょっと寂しかったです。
    あの頃から自分のことは自分で決めたい人達だったのですね。
    (私に似てる?!)

    また子育ての記事を楽しみにお待ちしております。

    • マクロ美風 より:

      てんこさん、おはようございます。

      >陣痛もないのに勝手に子宮口が開いて流産になってしまう『頚管無力症』という状態もあって、これは『極陰』だな〜と思っていました。

      そうそう、それはもう完全なる極陰性ですね。
      妊婦のお尻をペシペシしたいです(笑)
      妊娠する前から母体をしっかりさせておくことはもちろんですが、私は男性にも妊娠前からちゃんとした精子が作れるよう頑張ってほしいと思っています。
      最近は精子の質のせいで妊娠しない人も多いからです。
      オスとして男性が精子とともに弱体化していることに食生活が無関係なはずはないとも思います。

      離乳については、息子が9か月のとき、お昼まで飲んでいたおっぱいを夕方にはイヤイヤして、それっきり飲まなくなってしまいました。
      私の方はといえば、張ったおっぱいを絞れば次のおっぱいが作られることを考え、そのままにしておきましたが、乳腺炎にもならずに授乳が終わりました。
      あっけない卒乳に少し寂しさを感じたのはいうまでもありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です