玄米炊飯に使用する圧力鍋について

昨日の愛クラスでは、中川式玄米炊飯で使用するお鍋を準備しないまま受講された新人さんがズラリといらっしゃってビックリしました。
玄米ご飯を炊くのにお鍋の種類が大きく影響するとの認識がなかったようです。
厳密に言えばどのようなお鍋でも玄米ご飯は炊けますが、消化吸収力や美味しさの点で、それぞれ見事に差があります。
むそう塾では消化吸収力の良い玄米ご飯にこだわっていますので、当然お鍋の選定もプロの厳しい目で選び抜かれています。
これから愛クラスを受講されるかたは、早めにお鍋を用意して取り扱いに慣れておいてください。
受講してから購入しようと思っていると、習った炊き方をどんどん忘れてしまいます。
帰宅したらすぐ炊き始められる環境を調えてから愛クラスを受講されるのが最も賢い受講のされ方です。
玄米ご飯を炊くために最も適したお鍋は
シコマチックeコントロールで、玄米を炊く量によって鍋の大きさを次のように決めます。
・800ccまで:「シコマチックeコントロールVision(ビジョン)2.5L」
・900ccまで:「シコマチック eコントロール3.0L」
・1500ccまで:「シコマチック eコントロール4.5L」
圧力鍋はむそう塾がスタートしたときからいつも最良の炊き上がりができるものを選んでいます。

入手できる圧力鍋はすべて試した結果、現在はこのeコントロールシリーズがベストと判断しています。
少量向けの 「シコマチックeコントロールVision(ビジョン)2.5L」は、シリット社のeコントロールシリーズの中のビジョンシリーズで、日本では販売されておらず、ただいまドイツで追加製造中です。
順調に進めば9月末に入荷予定です。
ですから、現在少量の玄米ご飯を炊きたい方は、「シコマチック eコントロール3.0L」で炊いて、ビジョンが入荷したならビジョンに乗り換えることをお奨めします。
え? 圧力鍋を2台も? と思われるかも知れませんが、3.0Lのお鍋はお料理で使うときにとても使い勝手が良いので重宝します。
これからの寒い季節に、このお鍋でふろふき大根なんて最高に便利です。
買って良かったと思えるお鍋です。
瞬速料理講座でも3.0Lのお鍋は大活躍でした。 
蒸し器としても利用できるからです。
お魚を煮るときにも最高です。
では、eコントロールの 2.5Lとビジョンの2.5Lの差はなにか?
それはビジョンの方が美味しく炊き上がるのです。
詳しくはこちらの記事をお読みください。 
なお、販売価格と在庫状況をご案内しますので、ご購入の参考になさってください。
*   *   *
【Vision(ビジョン)2.5L】
定価50,190円(税込)

本体(47,250円)+専用ガラス蓋(2,940円)をセット
・むそう塾生割引価格:35,000円(税込)
・色:グレーのみ
【eコントロール3.0L】
・むそう塾生割引価格:39,000円 (税込)

・色:ピンク/ブラック/イエロー/レッド/グリーン(京むらさきは品切れ)
【eコントロール4.5L】
・むそう塾生割引価格:42,000円 (税込)

・色:京むらさき(あと2個)/ピンク/ブラック/イエロー/レッド/グリーン
【送料】
送料はむそう塾が負担

【購入方法】
購入ご希望のかたは下記項目を明記の上、末尾のアドレスまでメールでご注文ください。
・氏名
・郵便番号
・住所
・電話番号
・メールアドレス
・むそう塾の塾生番号
・パスポート番号(ある人のみ)
・受講予定講座名(初めての場合)
・個数
・希望の大きさ
・希望の色
<送付先メールアドレス>
musojyuku@gmail.com
以上


カテゴリー: マクロビオティックが楽しい♪ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です