料理嫌い

今週は自宅で家事が出来たのは1日だけでした。
中川式糠漬けのクイック講座に始まりクイック講座で終わる一週間です。
クイック講座の合間をぬって埼玉まで帰り、バーっと家事をこなして昨夜京都に来ました。
それでも自宅に帰ると家族は安心するので、たった1日でも帰る意味はあります。
なにより糠床のことも心配なのでね。
一番気がかりなのは家族の食事です。
一切お料理をしない夫と息子なので、私が不在中の食事は乱れるしかありません。
それを修正するために、自宅に帰ったら1食でも、ひと口でも手作りの体調修正料理を作ってあげます。
それはもう祈るような気持ちで台所に立ちます。
どうか病気をしないでおくれ。
どうか体調を崩さないでおくれ。
どうか太らないでおくれ。
他人様にお料理の大切さをお伝えしながら、自分の家ではメチャクチャな食事だと本末転倒ですから。
以前から息子にお料理をしてみないかと持ちかけていたのですが、彼は一貫してNOです。
彼曰く、嫌いなものはキライなんだそうな。
さらに、車が嫌いな人は車の運転が下手なように、スポーツが嫌いな人はスポーツに関心がないように、自分にとっての料理はそれと同じなんだと言います。
そんな男にならないように、3歳の時から一緒に台所に立ってお料理したのに・・・。
小学生の時には上手にお料理をしていたのに・・・。
あれは何だったんだろう?
そうは言っても、食べ物は生きて行くために不可欠の問題だから、もう少し関心を持ってほしいなぁと母は思うのでした。
私は小学2年生の時からお料理を作り続けているけれど、それは好きだったから。
息子も好きなことは頼みもしないのに嬉々として寝食を忘れて没頭しているので、まだお料理にそれだけの魅力を見い出せていないんだろうなぁと思います。
いかにして料理嫌いの若い男性に関心をもってもらうか?
なかなか手強いテーマですが、私のこれからの大きな課題でもあります。
おっと、これはお料理嫌いの女性に対しても共通の問題ですね。
がんばろ。


カテゴリー: 中川式糠漬け, マクロビオティックが楽しい♪ パーマリンク

コメント

  1. げんたろう より:

    私が思うに、何か〇〇料理に興味を持たなければ自分でやろうという氣にはならないと思います。

    その点、私はマクロ以前にイタリア料理に興味を持ち、パスタなどは自分でも作れるようになりましたし、
    マクロの影響を受けた後も蕎麦に凝ったと思えば、ベジタリアン料理でインド料理にも興味を持ち、普通のカレーへの興味は段々と薄れましたし、
    さらには韓国料理にまで触手を伸ばすといった感じですから、
    こうやって書いてみるとまあ、色々なものに興味を持ったものだと半分呆れてしまいます(笑)

    そうは言っても料理について確かな技術は身についておらず、あくまで野郎が自身のために何か作るレベルでの延長線上ですから、大したものは作れないと自覚していますが、
    たまねぎのみじん切りなど、慣れれば機械にかけるのではなく、自分でやらなければ納得出来なくなるので、何かしらの興味を持たなければどうにもならないのだと思います。

    そう言えばマクロ以前には、中華料理に凝った時期もありましたが、
    サラダ油のせいか?血圧が上昇してしまい、流石にドクターストップが掛かったなんてこともありました(笑)

    父の最期を考えると、若い時期にマクロに出会い、高血圧とオサラバ出来たことは幸いなことでしたけどね。

    食養料理ということで言えば、私は玄米しか炊きませんし、胡麻塩作りの他には強いて言えば、時々味噌汁を作るくらいで他の料理は殆んどやったことがないと言うか、出来る技術が無いのが本音ですが、
    好奇心をそそられるほどの興味を持たなければ、自らやろうとは思わないのが本音かな?と思います(笑)

    そういう意味では食養と言いますか?和の技術ももう少し身につけたほうが良いと思いますが、
    それには自己流では限界があると思うので、ちゃんと習わなければいけないのだと思っております。

  2. マクロ美風 より:

    げんたろうさん、おはようございます。

    息子はまだまだ車に全神経が行っております(笑)
    せめて食い道楽なら楽しみもあるのですが、そうでもなさそうです。
    げんたろうさんのお料理体験も参考にしつつ、気長に息子の変化を待ちたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です