「マクロ美風の家事アドバイス講座」申込状況

掃除や片付けには流派も決まり事もありません。
その人が気持ちの良いようにすれば良いのです。
気持ちが良いとは、「氣」が落ち着くことでもあります。
そのような場所は「良い氣」に満たされていて、いつまでもいたくなるような心地良さが伴います。
たとえば神社仏閣お城は「いやしろ地」
と呼ばれる最高の氣が流れる場所に建っていますね。
反対に死者が出たり事故があった場所は「けがれ地」として避けられるものです。
あなたのお家はどんな所に建っているのでしょうね。
地名で見当のつくこともあります。
さて、土地の素性が大丈夫なら、そのうえに建つ建物の素性はどうでしょう?
この建物の素性も大丈夫なら、建物の管理状態はどうでしょう?
あなたはその家にいて居心地が良いですか?
心から寛げる空間ですか?
今住んでいるその空間を最高の氣が流れる空間にするため、まずは自分に出来ることをしましょう。
それが片付けであり、掃除です。
その方法に決まり事はありませんが、私達はマクロビオティックを知っている者として最低限、宇宙の秩序に合わせた整え方はしたいと思いますね。
そこでマクロ美風流ということで、タイトルに「マクロ美風の」と入れて家事アドバイス講座を開催することにしました。
宇宙の秩序と同期出来た時、あなたには心の安らぎやみなぎる自信が生まれて来ることでしょう。
それはまさしく良い氣に包まれた証拠です。
ご自宅をそんな空間にするために、一緒に片付けを通じて氣を高め合いましょう。
なお、現在のお申し込み状況は下記のとおりです。
お仲間同士が励まし合いながら、最後まで到達出来るよう願っています。
*   *   *
<「マクロ美風の家事アドバイス講座」申込者一覧>
<3月26日(土)(東京)>満席
01 Ar(28−4)(4/20も受講)
02 Na(2−1)(4/20も受講)
03 Hi(22−1)
04 Ta(34−1)
05 Sa(15−10)(4/20も受講)
06 Mu(30−3)
07 Fu(35−6)(4/20も受講)
08 Yu(8−10)
09 Ok(34−6)個別アドバイスなし
10 Ha(29−4)
11 To(43−6)
12 Ka(29−6)(4/24も受講)
13 Ok(12−2)
14 Se(27−3)
15 Ho(3−3)(4/20も受講)
<4月20日(水)(東京)>満席
01 Ar(28−4)(3/26も受講)
02 Na(2−1)(3/26も受講)
03 Et(31−3)
04 Is(25−2)
05 Bu(40−2)
06 Ha(29−3)
07 As(46−3)
08 Ho(3−3)(3/26も受講)
09 Mo(8−3)
10 Fu(35−6)(3/26も受講)
11 Ko(36−6)
12 Is(44−1)
13 To(43−2)
14 Ta(32−4)
15 Sa(15−10)(3/26も受講)
<4月24日(日)(京都)>満席
01 Mi(23−3)
02 Ha(12−10)個別アドバイスなし
03 No(21−2)
04 It(11−10)
05 Ha(31−7)
06 Ka(8−15)
07 Ak(35−9)
08 Ka(29−6)(3/26も受講)
09 Ta(8−9)
10 Sa(31−9)
以上、お申し込み順に列記しました。
曜日変更のご希望が相次ぎましたので、ご希望内容にお間違いがないかどうかご確認下さい。


カテゴリー: マクロビオティックが楽しい♪, マクロ美風の家事アドバイス講座 パーマリンク

コメント

  1. 舞Ko36-6 より:

    美風さん、こんばんは。
    日付の変更、ありがとうございました。

    自信・・・自分でも不思議ですが、ついてきたみたいです。
    「ここで、生きている」ことを、感じています。
    ここで芽生えてきたかけらを、揺るぎなく確かなものにしたいです。
    当日を楽しみにしています。
    よろしくお願いいたします♪♪

  2. エリコ より:

    美風さん こんにちは。

    参加者ではないのにコメント、ごめんなさい!

    参加者のみなさんのリストの前に記された文章がとても魅力的で、その時期に日本にいたら伺いたかったなと思いました。

    ヨーロッパでも、教会等はいつもよい氣(表現する言葉がそのまま当てはまるのかわかりませんが)の在る場所に建てられているといいます。1年前に一軒の家を買ったのですが、夫の知人に見てもらうとあまり氣を感じないということでした。その家には、行こうとすると何かそれを遮る事が起こって(いつも決まって娘に関することで)、結局一度も足を踏み入れることがありませんでした。私的には娘が一生懸命知らせてくれていたのかなとおもいました。結局事情があって、元の家主に再度買い取ってもらったのですが、それでよかったなと思っています。

    その友人に、主人に一番合う土地を探してもらったのですが、なんとお城でした(笑)高すぎて買えませんが、昔の人たちは西洋でも東洋でもそういうことにきちんと氣を使っていたのですね。

    長くなってしまいました。
    今は、自分なりに掃除とお方付けを頑張ります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です