花粉症の話

けさの京都は雨でした。
さきほどから雪に変わりましたが積もってはいません。
雪国出身の私は慣れていますが、暖かい地方の人は慣れていないのでお気をつけて。
一番注意が必要なのは歩き方ですね。
大股はいけません。
小股でチョコチョコかかとを跳ね上げないように歩きます。
もちろん靴底も皮はダメ。
ゴムが一番ですが、最近は色々と良い加工のされた物が出回っています。
足許さえ注意したら、雪だって怖くありません。
でも、都会は雪仕様になっていないので、ちょっと積もると大騒動ですね(笑)
あ、花粉症のお話を書くつもりでした^^;
今年は花粉が猛威を振るうとかいわれておりますが、これは花粉には迷惑な話だろうと思います。
人間が勝手に木を植えて、勝手に育てて、気がついたら杉の木は邪魔者にされているんですからね。
でも、これは人間に原因があるってことを、そろそろ気づくべきではないかと思うのです。
花粉症の症状の代表格は、クシャミ・鼻水・目のかゆみ・目の充血ですが、頭痛・倦怠感・皮膚のかゆみを訴える場合もあります。
我が家の3人家族ももれなく(笑)これらの症状がありました。
夫は仕事に差し支えるというので、病院で注射を打ってもらった年がありました。
止めろといったのですが、薬好きな夫はさっさと病院に行ってしまったのです。
まだ結婚して間もない頃でした。
その後この注射は骨に影響を与えることがわかり、体育の授業に支障を来す子供や、生理が止まる女性の情報が入るようになったので、止めてもらいました。
でもね、マクロビオティックをして玄米ご飯を食べて、砂糖や乳製品や水分や果物を控えていると、あら不思議?
花粉症がグンと軽いではありませんか!
3年以内に我が家は花粉症にオサラバしました。
以前にも書きましたが、花粉症で現われる症状は陰性なものです。
発症部位も粘膜などの陰性部分が多いですね。
ですから、陰性な砂糖・乳製品・水分・果物を控えると良くなるのは、誠に陰陽の理に適ったことなのです。
花粉症の症状が出始めている人もまわりで多くなって来ました。
今年はもう間に合いませんが、今からでも少しずつマクロビオティックで頑張っておくと、来年は確実に反応が違うことに驚かれると思います。
陰性な食事はたまにお楽しみでいただく。
あるいは体調のコントロールとして、一時期いただくくらいにして、普段はちょっと陽性を意識した献立にしておくと快調に過ごせることが多いです。
ただし、最近は陰性も沢山、陽性もバッチリ摂っている人が多いので、体が複雑で対応の難しい人がゴロゴロいます。
でも、一つひとつゆっくり頑張りましょう。
必ず体は応えてくれますから。
体は嘘をつきません。
ですから、食べ方の誤りが花粉症を招くといっても間違いではないと思います。
キッパリ!


カテゴリー: マクロビオティックが楽しい♪ パーマリンク

コメント

  1. てんこ より:

    美風さん、こんにちは。

    きっぱり!、が気持ちいいですね~。
    幸い花粉症ではないのですが、参考になりました。
    体が応えてくれると、自信がもてるようになりますね。
    少しずつですが、確実に変化している自分が嬉しいです。

  2. マクロ美風 より:

    てんこさん、おはようございます。

    >体が応えてくれると、自信がもてるようになりますね。

    そうそう。
    確実なる手応えは強~い味方です。
    その積み重ねは自信になります。
    こうしてぶれない自分になって行くんですよね。

    >少しずつですが、確実に変化している自分が嬉しいです。

    良かった~♪
    嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です