健康の七大条件(注釈つき)

<健康の七大条件> 注釈つき

1.ご飯がおいしい(旺盛な食欲、どんな簡素な食事でも感謝の念でおいしく戴ける)
2.けっして疲れない(常に心身に活力がみなぎっている)
3.よく眠れる(4、5時間の熟睡で朝ぱっと飛び起きれる)
4.物忘れしない(年齢に関係なく記憶力がさえている)
5.けっして怒らない(いつもニコニコ)
6.万事スマート(行動も思考も)
7.嘘をつかない(嘘をつかないというとピンときにくいかも知れないが、正義に生きるということである。千万人といえども我往かん、という強い意志と正義観と実行力をいう。こういう人を信(マコト)の人というのである。)


1〜3:生理的な条件(各5点)
4〜6:心理的な条件(各10点)
7:(55点)

<岡田定三著『正食生活術』 正食出版刊より>
素晴らしい本です!
こちらから買えます。

*    *    *    *

岡田定三氏は大阪にある正食協会の会長さんです。
桜沢如一先生の難解な文章を解りやすく解説してくださり、私も先生の解釈に助けられたことが多いです。
上記の他に私からも少し補足をします。

2.疲れたと口にするようではダメです。どこかが重い・だるいと言うのはすでに不健康な証拠です。
3.桜沢先生は3分以内に熟睡できることと言い、6時間以上眠るのは惰眠と言い切ります。
6.即断・即決・即行動が出来ること。
7.保身のために汲々とするような生き方ではなく、堂々と王道を歩む生き方。
7番目は1〜6の条件を全部合わせたより重大な意義を持っていて、桜沢先生は7番目の条件を「正義」としています。
そして、1〜6は一切7に含まれているとも。
この「正義」については、一冊の本を書かなければいけないほどだと書いています。
この辺のことは、上記にご紹介した本にも簡単に書かれていますので、お読みになることをお奨めします。

 


カテゴリー: マクロビオティックが楽しい♪ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です