「美風ゼミ@仙台」まであと2週間!

仙台で初めての「美風ゼミ」。
3人体制で準備をしてくださっています。
花華さん、かおるさん、minminさん、本当にありがとうございます。
心から感謝しております。
イベント名 「美風ゼミ@仙台」
チューター マクロ美風
日  時    2008年3月29日(土)
  A「美風ゼミ」 13:00?17:00
B「懇親会」  19:00?21:00
場  所     A「美風ゼミ」青葉区中央市民センター 2階第4会議室
(※仙台駅より、徒歩約15分)
B「懇親会」:ひな野一番町店

定  員     「美風ゼミ」「懇親会」とも:20名

参加費      A「美風ゼミ」:5,000円
B「懇親会」  :2,100円
お子様    「美風ゼミ」「懇親会」ともにO K
(お子様の面倒は保護者の責任でお願いします)
こちらの記事を参照のこと
お申込み先   下記までメールを!

A「美風ゼミ」:シンプルに穏やかに>の“かおる”さんまで
                ransuke36@mail.goo.ne.jp
<下記事項を記入のこと>
・件名:「美風ゼミ仙台参加希望」
・お名前
・ご住所
・人数
・電話番号
・ブログ名 or ミクシィ名
・ハンドルネーム or ニックネーム
・ゼミへのご要望・質問など
B「懇親会」:仙台発!プチマクロビ生活>の“花華”さんまで
snow5flower@yahoo.co.jp

どちらも、折り返し「お申込み受理」のメールをお送りします。
*    *    *    *
★なお、翌日の30日(日)に、「ランチ会」を予定しております。
この「ランチ会」は、ゼミや懇親会に参加できない方でも、ご自由に参加できます。
ご一緒できるかたは、マクロ美風までメールをくださいませ。
    form@bifu.co.jp
関連記事
「美風ゼミ@仙台」の開催に寄せる想い
 ・「美風ゼミ@仙台」でのお子様連れについて


カテゴリー: マクロビオティックが楽しい♪ パーマリンク

コメント

  1. shizu より:

    いつも楽しく読んでいます。
    一つ疑問なのですが、ゼミにはどれも5000円の参加費がかかりますね。
    なぜこの値段なのでしょうか。
    場所代だとしたら、どこの場所。仙台だろうが東京だろうが大阪だろうが、どこの施設を借りるのも値段が同じなのでしょうか。
    値段が高いとか安いとか言っているわけではないのですが、みんなから集めた会費はどうなってるのでしょうか。
    一度も内訳を聞いたことがありません。
    みんなを助けたいみたいな事をおっしゃられているのなら、なぜお金を取るのですか?なぜ助けたいという気持ちから、お金というものが発生するのでしょうか?
    交通費でしょうか?それならそれで、きちんと内訳を教えていただきたいです。

  2. マクロ美風 より:

    shizuさん、初めまして。
    コメントをいただきまして、ありがとうございました。

    まず、参加費についてのお尋ねですが、これは美風ゼミを始めるにあたって、最後まで悩んだことでした。
    私一人の考えでは結論を出せず、恩師と尊敬している方にご相談させていただきました。
    そこで出された結論が、全国一律5,000円だったのです。
    内訳としましては、会場費・私の交通費及び宿泊費などです。

    一応定員は20名にしてありますが、10人前後で開催しているのが現状です。
    精神的にリラックスしていただくために、どこの会場も広めのお部屋を用意しておりますので、自ずと会場費は割高になります。
    やはり、会場費が一番高いのは東京で、参加人数が一番少ないのも東京です。
    反対に、地方は会場費は東京に比べて割安なのですが、私の交通費と宿泊費がかります。
    このようなわけで、毎回赤字になるかどうかスレスレの線で開催しております。

    それから、お金をいただくことに関して。
    「マクロビ井戸端会議」で2年以上の間に、北海道から沖縄までの各地に訪問させていただきました。
    もちろん、交通費・宿泊費は自分もちですから、回数も多かったため、相当の出費をしました。
    そんな時、「無料だとお願いしにくいから、有料にしてくれた方が頼みやすい、せめて交通費だけでも出してはどうか」と検討してくださる所が出てきました。
    びっくりすると同時に、そのお気持ちがとてもとても嬉しかったです。
    このような経緯がありましたので、美風ゼミでは、最初からお金をいただくことにして、参加者のご負担は全国同じにさせていただいたのです。

    マクロビオティックに関する活動は、本来無料でするべきものかも知れません。
    しかし、そうなると、私のように財力の伴わない者は、身動きがとれません。
    皆様にお伝えしたい気持ちはあっても、お店を持つこともお教室を持つことも許されません。
    自宅も、家族の事情を考慮すると、狭いマンションで私が自由に使える空間がありませんでした。
    それで、その打開策としてブログを通じての発信を考えたのです。

    お蔭様で、ブログが多くの方との出会いを作ってくれて、「マクロビ井戸端会議」から「美風ゼミ」につながりました。
    どこの会場でも、皆さんが真剣にマクロビオティックを考え、向き合おうとしておられる姿が伝わって来て、いつも感動させられます。
    たとえ赤字になって、持ち出しになったとしても、お金には換えられない喜びがそこにあります。

    私は、いつもいつも、そのことが嬉しくて一連の行動をとって来ました。
    でも、それは自己満足であって、shizuさんのように外から眺める方には、別の捉え方があるのですから、そのことに対する配慮が足りなかったかも知れませんね。
    申し訳なく思います。

    なお、マクロビオティックの指導者クラスでも、多くの先生が共通して抱える問題は、実はこのお金でもあります。
    外からみると華やかに見えていても、実は金銭的に苦戦されている先生も少なくありません。
    ここが、これからのマクロビオティックの大きな課題でもあるのですが・・・。

    以上が、美風ゼミのお金に関わる正直な経緯です。
    このようなお返事でご納得いただけましたでしょうか?

  3. ジュンコ より:

    いろんな価値観があって 5000円払っても参加したいと持っている人もいれば 私のように 正直
    5000円プラス 夜の親睦会 となると大きな出費だと思って  夜だけという参加を決断することもあるし。

    お子さんへという 記事でもありましたが 1時間でも5000円 それを私は高いと感じたので 夜だけの参加にしました。
    もちろん 美風さんとお話できないかもしれないというのは 承知の上です。

    意外と仙台も反応がないようにおもうのですが。

    私も他からのいろいろアドバイスがあって 最後まで参加を悩んでいました。
    今回は まずは 美風さんに会ってみたい その思いだけの参加です。

    美風さんの思い いつもすばらしいな~と思っています。 

  4. J より:

    美風ゼミリピーターのJと申します。
    いつも美風さんのゼミでは濃密な時間を過ごさせて頂き、また人生さえも見直せる大きな気づきをいただいております。

    地方にいて病気も抱えているとなかなか学びたくてもその場まで赴くことが出来ず悩み多いまま、孤立してしまうことが多くなります。

    そんな中、美風さんが地方の隅々にまで飛んできてくださり、しかもこの料金設定で続けてくださっていることはほんとに有難く思っております。

    地方ではまだまだ人が集まらず、美風さんの交通費すら出せない状況で心苦しく思っております。
    少しでも地方でこの輪が広がるよう、微力ながら努力していきたいと思っています。

    また美風さんは3日家を空けると300通メールが届くとおっしゃっていましたね。そのメールにも寝る時間を削って、誠意を尽くして出来る限りのお返事をされています。とうぜんそこには金銭のやりとりは発生していなくても・・・。そのことを考えると、いまの料金でも申し訳ないくらいです。

    美風さんが、そして参加者の方々がともに幸せな時間を過ごせるよう自分には何ができるのか考えたいと思いました。

    美風さん、いつもありがとうございます。

  5. マクロ美風 より:

    ジュンコさん、こんにちは。
    ブログでもゼミのことを取り上げてくださって、ありがとうございます。

    ところで、ゼミの参加時間なのですが、1時間だけでも2時間でも、ご都合のつく時間帯だけの参加でよろしいですよ~と書きましたね。
    でも、その時に参加費については触れていませんでした。
    ごめんなさい。
    私は、1時間でも5,000円とは、一度も口にしたこともなく、前例もありません。
    お子様をつれての外出は、なかなか思うに任せられないのは、同じく子育てをした者として、良く理解できます。

    今回は懇親会のみのご参加ということですが、ゼミの参加費については1時間も4時間も一緒と言うことは考えておりませんので、ご相談くださいね。

    もうすぐお目にかかれるのを、楽しみにしております。

  6. マクロ美風 より:

    Jさん、こんにちは。
    身に余るお言葉をいただきまして、恐縮でございます。
    私としては、ゼミの参加者全員の方々にご満足していただけるようにと思っておりますが、皆さんの価値観は多様ですから、浅学の私がその役目を果たしていないのかも知れませんね。
    皆様のご意見には、真摯に耳を傾けさせて頂きたいと思っております。

    なお、メールに関しましては数が多いため、すぐにお返事が出来なくて、本当に申し訳なく思っております。
    メールですと、お顔を拝見していないため、やはりアドバイスの限界があります。
    ですから、直接お会いしてお話をさせていただく場として、美風ゼミを始めたのですが、今までにないスタイルであるために、なかなかこの参加費をご理解いただけないのかも知れません。

    地方(北海道)で生まれ育った私としては、学びたくても学べる場がないことを、イヤというほど味わって来ました。
    それは、マクロビオティックに関しても同じです。
    ですから、地方にもマクロビオティックを語り合いながら、疑問点を解消したりお友達を作る場を提供したいという想いがずっとありました。
    それが美風ゼミなのですが、何しろ、私の思いつくまま1人で運営しておりますので、至らないところが多々あることと思います。
    ぜひ、Jさんのように、実際にご参加くださった方のご意見を反映させた集まりにしたいと思っておりますので、これからも、どうぞ、色々とお教えくださいますように、お願いいたします。

  7. ジュンコ より:

    わかりました。
    先ほど 幹事さんのブログを訪問させていただいたら18名の参加があるということ
    たくさんの方に参加していただけるようで よかったですね。

    時間によっては 料金は相談で というのを 幹事さんの ブログで発表できませんでしょうか?

    きっと そのことで参加を躊躇している人がいるかもしれません。
    主婦にとって 5000円は大きいです。
    私だけかもしれませんが。
    私もぜひとも お子さんがいる方に マクロビという考え方を知ってほしいと思っています。

    よろしくお願います。

    それと ランチの会の参加のメール 届いているでしょうか?
    たくさんのメールが来ていると上の方のコメントを見て 確認されているか不安になりました。
    よろしくお願いします。

  8. マクロ美風 より:

    ジュンコさん、ごめんなさい。
    現時点で18名ですと、これ以上あまり人数を増やさない方が良いと思うのです。
    なぜなら、美風ゼミは、人数を集めることを目的にしているのではないからです。
    あまり人数が増えてしまうと、ゼミの内容が充実しなくなる恐れが出てきます。

    参加者の皆さんと、少しでもお話をする時間を、可能な限り作りたいと思っています。
    ですから、幹事さんのブログに参加費のことも含めて記事を書いていただくことは、今回は見送らせて頂きたいと思います。
    大変申し訳ありませんが、その点をどうぞご理解くださいますように、お願いいたします。
    本当にすみません。

    なお、ランチ会のメールは届いておりません。
    削除済みのメールもチェックしましたが、ありませんでした。
    お手数ですが、もう一度お送りいただけますでしょうか?
    よろしくお願いいたします。

  9. マクロ美風 より:

    shizuさん、おはようございます。
    昨日の私のお返事では、shizuさんのご質問に完全にお答え出来ていないと思いますので、追記させていただきます。

    ahizuさんは、「会費」というお言葉を使われておりましたので、その点についてのご説明です。
    美風ゼミは不定期の開催で、ご都合のよい方が参加してくださるオープンな集まりです。
    会員制ではありませんので、「会費」ではなく「参加費」として、5,000円を1回ずつお支払いいただいております。
    ですから、一般的に会員様向けに用意される収支報告書なるものは存在しません。

    もしかして、美風ゼミのスタイルを、会員制と混同されていらっしゃるのかなと思いましたので、老婆心ながらつけ加えさせていただきました。
    何卒、ご理解いただけますように、よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。