「マクロビオティックの認知度 年代別」-電通YR調べ-

マクロビという考え方(なかなかさんのブログ)で、「日本のマクロビオティック人口調査 その2」が掲載されました。
今回のデータは、「マクロビオティックの認知度 年代別」です。
これは実感として、よく理解できます。
マクロビオティックを扱ったブログを拝見しても、子育て中の人がとても多いですから。
やはり、妊娠・出産を通して、生命や環境のことに目が向き、母親自身も変わっていくケースが多いのだと思います。
また、最近では、中学生や高校生の時点でマクロビオティックと出会って、取り入れている人たちもいます。
嬉しいと同時に、マクロビオティックの未来に、明るさも感じます。
これから新しい命を産み落とす女性たちには、本当に整った体になってほしいと、心から願っています。
さらに、発生学の勉強をすればするほど、女性の食事、特に妊娠時期の食生活の大切さを痛感するのですが、男性はその点に関して、ちょっとピンとこないのかも知れません。
実感が湧かないのかな?
これからは、ご夫婦で食生活の大切さについて語り合えるといいですね。
お若い皆さんの応援をさせていただきますので、共に勉強して、マクロビオティックを楽しみましょう♪










 


カテゴリー: マクロビオティックが楽しい♪ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です