ドッグフードよ、さようなら!

リマ・クッキングスクールに通っていた時、同じクラスに三人の男性がいた。
そのうちの一人は、はるばる長野県からやってきて、まじめに取り組んでいた。
いつもニコニコして、穏やかな語り口にとても好感がもてた。
その後、「正食医学講座」や「大森式運命学養成講座」でも一緒になり、
親しくお話をさせてもらった。
彼は「動物病院」を開業している獣医師で、マクロビオティックでワンちゃんの
食事指導をしているそうだ。
効果は抜群で、病気の治癒はもちろんのこと、無駄吠えはしないし、体臭を
はじめとするイヤな臭いもなくなって、スゴイですよ?と話していた。
私は、「ヘェ?、そんなもんかねぇ?」といった感じだったが、大森先生の講義を
聞いていると、彼のいうとおりだった。
大森先生は、すでに犬をつかって色々な実験を試みていたのだ。
              ◇    ◇    ◇
やはり、リマ・クッキングスクールに通って、何冊も本を書いている獣医さんが
もう一人いる。
須崎動物病院」院長の「須崎恭彦」さんだ。
その中の一冊、「愛犬のための手作り健康食」は、犬だけでなく、人間にも
そっくり当てはまる内容が盛りだくさんだ。
特に、「排毒を知るため、判断食に挑戦する」のくだりは、須崎さん本人の体験
なので、食べ過ぎの方、判断食に興味のある方は、お読みになることを
お勧めします。
彼は「ストレス・コントロールのインストラクター資格」もあり、飼い主にとっては
心強い存在だ。
ブログも参考になる。「獣医師、須崎の、ペットに手作り食


カテゴリー: マクロビオティックが楽しい♪ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です