夫の居眠り運転事故と感謝の想い

実は夫が居眠り運転をして、事故を起こしてしまいました。
事故は4月7日(日)で、ゴルフの帰りに起きたそうです。
夜の8時頃、救急病院からiMessageをしてきて知ったのですが、怪我は脛(すね)と足の甲を打撲しているだけで、骨折はしていないとのこと。
膝小僧はぶつけていないので、歩くこともできるということでした。

車の多い国道を走っていたのに、他の車にぶつかることもなく、歩行者に怪我をさせることもなく、歩道脇のコンクリートにぶつかって止まったという現実が奇跡のように思える事故だったそうです。



こういう写真が送られてきて、車はともかく、命に別状がなかったことに胸をなでおろしました。
車は当日保険会社に運ばれて行き、昨日ディラーに運ばれて来ましたので対面してきました。
壊れた部分が外されて、むき出しになっていました。





驚いたのは、エアバッグがこんなにも!というくらい、あっちこっちで開いていたことです。
生まれて初めてエアバッグに触って来ました。
(写真を撮っておけばよかった)

夫は車がドン!とぶつかってから目が覚めたそうなので、完全にシートベルトやエアバッグに助けられたと思います。
凄いなあと思ったのは、膝から下の部分にもエアバッグがあって、それも開いていたので、打撲だけで済んだのだと思います。

ところで、夫は常々運転席をかなり前に出して運転する癖がありました。
息子から「事故が起きた時に危ないから、もっと後ろに下がらないと駄目だよ」と注意されていたのですが、無視していたのです。
そうしたら、この事故で息子の言うとおりになってしまったわけです。

さあ、この事故を境に、夫の癖は直るでしょうか?
癖を直すことの難しさは、むそう塾の指導で日々経験しているのですが、命がかかった場合でも直せない人がいるので、夫の今後を注視したいと思います。

*   *   *

昨日、夫からのiMessageでこんなのがありました。
今回は奇跡的な条件が重なって、生かされているということを実感しました。ありがたくて、ただただ、神仏や御先祖様に又自分の運に感謝しています。貴女とこれからも夫婦でいることが出来て良かった。
これから一生感謝に徹する事にします。今回生かされた事でもう充分で、これ以上何も望まず感謝の日々を送ります。

人は死と背中合わせになると、最後は感謝の気持ちが沸き上がってくるといいます。
失ったかもしれない命。
でも、今こうして生かされている。
ただただ生きていることに感謝。

私の父はシベリアでの長い捕虜生活を体験していて、まさに生かされていることに感謝あるのみで、何も不満を口にする人ではありませんでした。
その忍耐力に驚いた少女時代の私は、大人になって父の気持ちが少し理解出来るようになりました。

結婚して子どもを育てながら、人の命ということをいつも考えながら暮らすうちに、「感謝」が悩み事のすべてを解決するように思えて来ました。
感謝のある日々と、感謝のない日々は、結果が180度変わってきます。
私も、周りのすべてに感謝しながら生きる想いを、さらに強くした3日間でした。


カテゴリー: こころ・想い パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です