マクロビオティックの陰陽料理と秋田から通われた塾生さんのこと

むそう塾は5月が新学期です。
2008年から始まっていた「玄米の炊き方教室」を受講された塾生さんから、おかずも教えてほしいと言われ、教室をリニューアルしてコース制をスタートさせたのが2009年でした。
京料理とマクロビオティックの陰陽を融合させたお料理は、見事な美味しさで、第1期の幸せコースは7クラス、第2期の幸せコースは8クラスと大所帯でスタートしました。
その第2期に秋田から通ってくださった“つむぎ”さんがいました。

つむぎさんは2010年の1月に愛クラスを受講されたのですが、その年の5月から幸せコースに通って下さいました。
ご病気を抱えておられたこともあって、いつも真剣な姿勢が印象的でした。
当時は日本海周りの夜行列車があって、それで往復されていましたが、途中からその路線が廃止されたので、飛行機での往復になりました。
しかし、時間的にちょうどよい便がなく、結果として2泊3日での京都通いとなりました。

小さいお子さんも含めて4人のお子さんを育てながらの京都通いは、仕事や費用だけでなく、家事を含めて人間関係の細かな気配りにまで大変だったと思います。
たった1日の授業のために、他の29〜30日間をどんな姿勢で過ごすかが問われる場面ですから。
自分のしたいことを実現するために、他の日の使い方を最善の状態にしておく氣の流れ。
ここがうまく流れなくては、ご家族様からブーイングが出ます。

でも、つむぎさんは見事に一度も遅刻や欠席をすることなく、足掛け8年をかけて先月秘伝コースを修了されました。
お子さんの学校との関係で、途中で通えない年もありましたが、ずっと気持ちを京都に向け続けてくださるには、並々ならぬ陽性の力が必要になります。
その精神力もさることながら、飲んでいたお薬をもう飲まなくてもよくなった事実が彼女の頑張りの背中を押してくれたのかもしれません。
早い段階で薬離れができて、私も本当に嬉しかったものです。

むそう塾には遠くから通われる方が多く、北海道や九州から何年も通ってくださる方が何人もいます。
以前は沖縄から通われて、潰瘍性大腸炎がよくなった塾生さんもいました。
むそう塾は病気を改善するための塾というわけではありませんが、陰陽バランスの取れた美味しいお料理を教えているうちに、結果としてそれを召し上がった人の健康がアップして、病気にサヨナラできたということです。
玄米ご飯とマクロビオティックの陰陽と京料理の力だけなんですけどね。

つむぎさんはとてもお料理が上手で、毎日のお弁当投稿でも100点の常連さんですが、過去にそのお弁当のことで記事にしたものがありますので、それもお読みくださると、つむぎさんにより親しみを感じるかもしれません。

娘へのお弁当を3年間作り終えて(1)「お弁当の想い出」 2017.1.31
娘へのお弁当を3年間作り終えて(2) 玄米ご飯をお弁当に 2017.2.1
『OBENTERSとともに。娘へのお弁当作りを通して感じたこと』(3)  2017.5.11



(京都 瓢亭)

この木の幹を眺めていると、長年かけて目的を達成するつむぎさんのエネルギーを見た気がしました。
雨に濡れて一層美しさを増す幹が、彼女のこれからに幸あれと語ってくれているように私は思えました。
季節ごとに色合いを変えながら、じっとそこに佇む姿には、生命力の強さを感じます。


+ – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床のご注文方法(2018年度の場合)
2018年 中川式糠漬け(じゃい安Direct)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材

+ – + – + – + – + – + – +


カテゴリー: マクロビオティック料理教室 むそう塾, マクロビオティックが楽しい♪, からだ, こころ・想い パーマリンク

コメント

  1. つむぎ のコメント:
    美風さん、こんにちは。

    私が京都に通った日々のことを想って書いてくださってとても嬉しいです。
    ありがとうございます。

    初めて幸せコースに通った日のことは今でも忘れられません。

    当初は飛行機で通うことにしていたのですが、
    「さぁ、楽しみにしていた一年が始まる♪」
    と喜び勇んで空港に向かったのに、空港に着いてみたら急に発生した濃霧の影響で欠航。
    関西方面へ向かう便がありません。

    「初回からなんじゃこりゃ〜!?」と思わず叫びたくなるのを堪えて頭を切り替え、
    飛行機では向かうのが無理⇨ではJR新幹線で行く!? ⇨いやいや、この時間だと仙台止まりの列車しかない⇨う〜〜〜ん、どうしたものか…⇨そうだ、確か夜行列車の路線があったはず! ⇨(検索してみて)空席もある!⇨帰りは飛行機で秋田空港に戻ってくるから、車は空港の駐車場に置いたままにして、すぐにリムジンバスで秋田駅まで Go! ⇨秋田駅みどりの窓口で夜行列車のチケットを無事Get ♪⇨やれやれ…ホッ(*^^*)! という顛末に。
    はじめは冷や汗をかきましたが、夜行列車に乗る頃にはかなり楽しんでいました。
    翌朝は座席をご一緒したご婦人方(兵庫から来ていて東北を旅行してきたという)ふたりと談笑したり、麦畑の広がる風景を初めて見たり、琵琶湖の眺めが不思議な感じだったり…
    (それでも、もうこんな思いをするのは御免でした・苦笑!)

    そして、無事に教室に到着。
    第1回目の授業が始まり、自己紹介の時に来る際のトラブルについてお話しすると、
    中川さんが「通ううちにそういうことは無くなってきますよ」とお話ししてくれたこと。
    それは本当でした。

    北国ですので天候などによる交通障害を覚悟していましたが、だんだんとその心配をすることもなくなり、悪天候が自分の出発日を避けてくれているのでは!?とさえ思う程になりました。
    逆のパターンもあって、例えば京都へ向かう日の数日前に家族に不満の思いを持って接すると出発日の天候が急にアヤしくなってきたり…。
    気のせいと言われればそうかも知れないのですが、日々の暮らし方で良い流れに乗れるかどうかはやはり決まってくるなぁと身に沁みて感じたものです。

    むそう塾ではお料理だけではなくて、毎日の暮らし方や生きる姿勢など、ほんとうに大切なことを多く教えていただきました。
    今年はコースに通うことができませんが、日々むそう塾からの発信を受け取れることに感謝してより深く学ぶべく精進します。
    これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。
    • マクロ美風 のコメント:
      つむぎちゃん、こんばんは。

      コメントに書かれてある幸せコース第1回目のことが、私も強烈に印象に残っています。
      よく機転が利く人だなあと感心したものです。
      日々の時間をやりくりしての京都通いは、大変ではあるけれど楽しかったと思います。
      人は成長することに喜びを見出すので、そんな足掛け8年だったことでしょう。

      >気のせいと言われればそうかも知れないのですが、日々の暮らし方で良い流れに乗れるかどうかはやはり決まってくるなぁと身に沁みて感じたものです。

      気のせいではありません。
      それが氣の流れというものです。
      自分が陰の氣でいるか陽の氣でいるかによって、周りをも変えるだけの力になるわけです。
      そのことを体験されたので、これからはもっともっと暮らしが面白くなりますね。

      またTwitterや単発講座でお会いしましょう。
      こちらこそ、これからもよろしくね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です