選挙や政治のこととマクロビオティックの陰陽

私は中学生の頃から政治に関心を持っていました。
学校からの帰り道に、習ったばかりの政治の話を学友と話していたのですが、話の決着がつかなくて、私の家の近くの道路で大きな声で話を続けていました。
しばらくすると母が家から出てきて、そんな話をすると、親も同じ考えだと思われるから、人前で政治の話をする時には注意するようにと言われました。

その時には「なんで?」と母の意見に逆らったのですが、当時の私は親の支持する政党と違う政党の主義が良いと思ったのです。
今思えば青臭い考え方で、世の中の裏表もまったく分からないままごとのような内容だったのですが、母親の考え方と違っていて、何か裏があるのかもしれない空気は感じたのでした。

その後に親が政治というものを解説してくれたり、政治の話を子供の前ですることはなかったのですが、私はずっと政治に関心をもっていて、高校生の時には新聞部でかなりの量の原稿を書いていたものです。
高校生活最後の記念にと思いを込めて書いた原稿は、顧問の先生が「思想的に偏りすぎている」といって没になりました(泣)

戦争のことや自衛隊のことを先生に質問しても、納得できる答えをもらったことはなく、自分で入手できる本を読んでもスッキリしませんでした。
大人になると、そういうことの裏事情もだんだん分かるようになってきましたが、それほど政治は複雑なものなんですね。
ですから、18歳から選挙権を認められても、果たしてどれほどの人が納得して投票できるかは疑問です。

ところで、マクロビオティックの陰陽の視点で選挙を考えると、また違った見方ができて、とても面白いです。
望診も兼ねて観察していると、陰陽での見方が出来るのですが、本当に政治家っていうのは陽性ですねぇ。
逆に言うと陽性でなければ務まらないのが政治家でもあります。
陰性になると淘汰されてしまう世界ですからね。

私が総理大臣になってほしいなぁと思う政治家は、体調を崩して政界から去ってしまいました。
どんなに素晴らしい考えをもっていても、どんなに人徳のある人でも、運と健康がなければその目的を叶えることができません。
何を目指すにしても健康が第一ですね。




(2017年産の玄米ご飯 料理:京料理人  中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)

私は今、京都で食事日記の添削中です。
うどんだしを使った講座が続いていたので、玄米ご飯に飢えていました(笑)
京都のマンションで玄米ご飯を炊きましたが、中川さんも玄米ご飯を炊いたそうです(^^)
その写真を載せておきますね。

何日か玄米ご飯が入らないと、「玄米ご飯がほしい!」と体の声が大きくなってきます。
白米ではダメなんですねぇ、玄米なんです。
白米の糖質部分がほしいのではなく、白米にはない部分(ミネラルやビタミンや排出力)を体が欲しがっているのがビシビシ伝わって来ます。

玄米を炊いて梅干しを入れて自然塩をつけて海苔を巻いたおにぎりをパクリ!
ああ、幸せです\(^o^)/
食事日記頑張ります!


+ – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
「2018年度(第10期)幸せコース」授業日程のご案内
中川式糠床受付方法のご連絡(2017年度の場合)
中川式糠漬け(じゃい安)のご注文案内
中川式鉄火味噌のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材


カテゴリー: マクロビオティックが楽しい♪ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です