むそう塾生のかつらむき ある塾生のあゆみ

初めて彼女がむそう塾に来てくれた時、パサパサした髪と艶のない皮膚で、いかにも体力のない表情をしていた。

その彼女が頑張って幸せコースを受講してくれた。
桂むきに並々ならぬ努力をして、素晴らしいフィニッシュだった。

そんな彼女が、その後、上級幸せコース→満足コース→秘伝コース→煮物コースと進み、素晴らしいお料理が出来る女性になった。
一流料亭以上の味も、マクロビオティックの陰陽を踏まえたお料理も見事な腕前に成長した。

そして、今はお母さんとなるべく、新しい命を育んでいる。

そんな彼女が満足コースの時にむいていた大根のかつらむき。
彼女の優しさのすべてが凝縮された、素晴らしいむき上がり。

愛クラスを受けに来た頃とは別人になった。




(かつらむきをする塾生の舞さん 2014年当時 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)



(かつらむきされた大根 舞さんが満足コース当時の実力)


そして、

こんなにも素晴らしい煮物が作れるようになった。


+ – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床受付方法のご連絡(2017年度の場合)
中川式糠漬け(じゃい安)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材


カテゴリー: マクロビオティック料理教室 むそう塾 パーマリンク

コメント

  1. のコメント:
    美風さん、こんばんは。
    記事にしていただいてびっくりしました。

    愛クラス受講からのことを思い出しました。
    ど陰性だった私は、先のことを考えすぎては不安になったり心配になったり気が散ったりしていたのですが、
    美風さんに目の前のことに集中することを教えていただき、
    中川さんには熱中したくなるようなお料理と生き方を見せていただいたおかげで
    ひとつひとつのコースを悔いなく過ごすことができました。
    自分としては、その時々でできることをできるだけ、でやってきただけなのですが
    こうして振り返ってみると、だいぶ遠くまで連れてきていただいたのだな
    と改めて感謝の気持ちで胸が詰まりました。

    愛クラス受講から数えてちょうど7年目あたりが
    出産予定日になります。
    長い年月はかかりましたが、なんだかんだ言ってもこうして歩めてこれたのだな
    と自信になりました。本当にありがとうございます。
    • マクロ美風 のコメント:
      舞ちゃん、こんにちは。

      過去記事を検索していたら、舞ちゃんの写真が出てきて、あまりにも懐かしいので記事にしたのでした。

      >ど陰性だった私は、先のことを考えすぎては不安になったり心配になったり気が散ったりしていたのですが、

      笑えます〜(^^)
      そうそう、そんな舞ちゃんでした。
      そして、同じタイプの後輩がゴロゴロいます。
      まずは「ど」をとって、ただの「陰性」になってもらうことからスタートです(笑)

      7年間で別人の成長をされましたね。
      お見事でした!

      「目の前のことに集中する」。
      このスタイルはすべてに当てはまりますね。
      お子さんが産まれたら、「目の前のこと」は赤ちゃんのことですからね。

      >ひとつひとつのコースを悔いなく過ごすことができました。

      何という素晴らしいことでしょうか。
      真摯に向き合ったものだけが味わえる、特別な世界ですね。
      これからも、大いに陰陽バランスを意識してお暮らしください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です