鱧骨切り特訓講座の復習  Isさん(120-2)

今日はすこし慌てたのか うっかりミスが多かったですね。
頭をうっかり外してしまったときの骨のすき方もお教えしてあるので無理をして怪我をしないようにしてください。
豚鼻処理が浅かったために背びれを抜くのがスムーズに行かないのはご自分でも気づいておられますね?
骨切りは力みが中指薬指小指に出ているので刃を下ろすときと抜くときに刃の角度が変わっています。 そして力むことで尻もち状態になり左身がめくれて右身が降り足らずになります。
「あたし、ヘタになってる」と思われたかもしれませんが、想定済みです。
そんなこんながあってじわりじわりとうまくなって行くのです。
準備をして心の準備もして慌てないように練習しましょう。


カテゴリー: 塾生さん鱧骨切り パーマリンク

コメント

  1. 友紀 より:

    みてくださり、ありがとうございます。
    出勤前までに済ませなきゃと思って、朝慌てておろして骨切りまでしたので、いろいろミスしました。骨切りは、いつもよりも力んでしまっていたのですね。なんでこんなに、めくれていくの〜?!と焦って余計に力が入ったのかもしれません。
    時間に余裕を持って、落ち着いて練習するようにします。
    ご指導ありがとうございます。

    • nakagawa より:

      友紀さん  コメントありがとうございます。
      慌てたり 時間が無いときにぱぱっとやってできる技術ではありません。
      とくにヘタクソなうちはじっくり向き合って時間と気持ちを確保してから練習しましょう。
      でないとバンドエイドの嵐になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。