マクロビオティックで体調不良になった時 〜指導現場から〜

昨日はマクロビオティック相談について記事を書きましたが、その後メールのやり取りをして、主食がとんでもないことになっていることが判明しました。
本を片手に玄米ご飯を炊き上げても、その炊き上がりが著者の伝えたかった炊き上がりかどうかを確認するすべもなく、ただひたすら「玄米が体にいいんだ」と思い込んで食べているのです。
危険ですね。

私がびっくりしたのは、土鍋で炊いたあとの玄米ご飯を冷凍しておき、それを解凍してお弁当に持って行くということです。
冷凍おかずを凍ったままお弁当に詰めるのが普通に行われている今の時代では、そういう発想も当たり前なのかもしれません。
当然、玄米ご飯はかなりポロポロしているそうで、夜は解凍した玄米ご飯をオーブントースターで温めたり、少しのお水を加えて温めたりしているということでした。

私がとても悲しく思うのは、人生で一番輝いているはずの年齢で、こんなにも心が冷えるお食事をしていることです。
お食事は本来楽しい時間のはずなのに、彼女は頭でっかちになっているので、玄米を口にすることで安心してしまって、美味しさは忘れてしまったのでしょう。
でも、主食はとっても大事なんです。
毎日食べるものだからです。
ですから、その主食だけは最高の状態に炊き上がったものを口にしてほしいし、その炊き上がりが食べる人の体調に合っていることが一番健康的です。

当然のことながら玄米ご飯を炊くお鍋の陰陽も考えるべきですし、その前にそのお米が彼女に合っているかどうかも考えなければなりません。
玄米であれば何でも同じではないのです。
白米ならそこまで細かく考えなくても大丈夫なのですが、玄米は白米と同じ考えでは体調にピッタリ合わない人が出てきます。
そこが玄米炊飯の難しいところでもあります。

そういうことが背景にあるので、彼女には玄米を食べることをストップしてもらいました。
まずは白米で栄養補給をすることが先決の状態だったからです。
でも、多くの人がここで「えっ?」と思うんですよね。
玄米の方が栄養価があるのに、なぜ白米に?って。
確かに栄養成分表では玄米の方が栄養的にはすぐれていますが、それは体がきちんと吸収できればの話です。

マクロビオティック的にはもっと玄米から離れない食べ方をアドバイスする指導者もいらっしゃるでしょうが、彼女のような場合は一度一般的な和食の良さを思い出してほしいのです。
そして、精神的にほっこりと出来る状態まで戻す必要があります。
良好な人間関係のためにも。
生きることも含めて、日々が輝いて楽しい毎日が送れるようになってもらうため、まずは仕切り直しをしましょうとアドバイスをしました。
その上で、本当に彼女にふさわしい玄米ご飯を食べられるようになって、真の健康と考え方を味方につけて、人生を謳歌してほしいと思います。

*   *   *

全国には彼女と似たような人がたくさんいるはずです。
そういう人たちのために、あえてオープンにしてこの記事を書きました。
体調に合っていない玄米を食べて、かえって体調を悪くしてしまっているのに、好転反応だと思って突き進まないでください。
ここを乗り越えれば良くなるなんて素人判断をしないでください。
前の記事のAさんのように、腎臓に負担がかかっている状態は危険です。
以下にAさんの文章を抜粋します。

最近は好転反応なのか足がひどくむくみ、感情もうつむきがち。
好転反応が出ているときは特に食事に気を付けたほうがいいそうなので、
当分の間は菜食でいこうと思っております。
マクロビオティックとは何なのか、何を食べればいいのか、
病気は治るのか……悩みが多くて、勉強も身に入らないです。

悩みとしては他に、体力がなくなったことです。体重も減りました。
体力的にも精神的にも、動きたいのに動けないのは辛いです。

いかがですか? 危険ですね。
一般的に野菜は体に良いと思っておられるでしょうが、彼女のように緊急を要する場合は、案外と動物性を摂る方が早く効果が出ます。
野菜はもともと体内でエネルギーになるために時間がかかることと、傷ついた胃腸では吸収力が劣ってしまうからですね。
ですから、この場合は菜食で行くなんて呑気なことを言っていないで、好きだった動物性を召し上がってほしいと思います。
最初は動物性を頭が拒否するかもしれませんが、そういう感覚から抜け出ることが一番の解決法です。

マクロビオティックは素敵な考え方だけれど、食べ方を誤ると悲惨な結果になります。
そのことをしっかり認識しましょう。
私はAさんのような人をたくさん見てきました。
でも、白米を食べるようになって、笑顔が増えて、生理が再開して、妊娠もしてくれて、幸せに暮らしているとの報告が寄せられています。
Aさんに似た人はとても多いですし、腎臓に負担がかかっている状態は危険ですから、そういう人はこの記事を参考にして、早く対処してくださいね。

 
 

里芋の海老そぼろ餡かけ マクロビオティック京料理教室 むそう塾

 
 

(里芋の海老そぼろ餡 料理:京料理人  中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)

餡は体の芯から温まるので、寒い季節にはピッタリのお料理です。
冷え性の人にはおすすめです。

 
 

+ – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材

 
 


カテゴリー: マクロビオティックの指導現場からシリーズ パーマリンク

コメント

  1. ちさと より:

    私も今。ものすごい体調不良になってます。完全マクロビではありませんが食事療法して3ヶ月弱。体重減少でフラフラめまい酷くてほとんど寝たきりになってしまいました
    動ける日が来るのだろうか悩んでます

    • マクロ美風 より:

      ちさとさん、初めまして。

      食事療法されているとのことですが、ちゃんと指導者についておられるのでしょうか?
      ついておられるのなら、急いで連絡を取って、指導内容を改善してもらいましょう。
      もし、お一人でされているのなら、すぐその方法はやめましょう。

      私は何人もあなたのようになる人を見てきましたが、他に重大な病気を抱えていないのであれば、お食事を改善すると動けるようになります。
      あなたの詳しい状況がわかりませんので、これ以上のコメントはできませんが、もし体重が40kgを切っているようなら、なおのこと危険ですから、そのことだけは申し上げておきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です