砂糖と乳製品に関する内海聡先生の記事より

Facebookで医師の内海聡先生の書かれた記事が私の書きたいことそのものなので、こちらでリンクさせていただきます。
先生は特定の健康法を勧めているわけではなく、社会と物事の本質を見極めて情報を発信されているのですが、大いにマクロビオティックとリンクする部分があります。
しかし、桜沢先生の不十分な部分はちゃんと指摘しており、ある意味で巷のマクロビオティックの先生より正確にマクロビオティックを分析されていると思います。

私は常々、街で見かける女性たちを望診していて、せめて砂糖と乳製品を控えるだけでも体調が激変するのになあと思っていました。
そして、主食をしっかり摂ってほしいとも。
そんなことを内海先生も書かれています。

なお、むそう塾では煮物の授業で陰陽の差を目のあたりにして、皆さんが驚かれます。
鍋の中で起こっている現象は、私たちの体の中で起こる現象と同じなんだと知った時、お砂糖に伸びる手が引っ込みます。
甘味料はすべて陰性に作用しますので、このことをしっかり頭に入れておきましょう。

 
 

<内海聡先生の記事より>

美しくなるために♡

女性はいつも美容のことを考えていらっしゃいますが、そのためには食事を見直すことが一番の近道です。そして数ある食べ物の中でも砂糖と乳製品こそ、女性が最も多く食べていながら最も美容を損ねる食べ物だということが言えます。砂糖が脳にいいというのは部分的には嘘であり、筋肉にいいと言っているのも部分的には嘘です。観念的にいえば砂糖は筋肉を緩めるとよく言われます。

これは黒砂糖やてんさい糖や三温糖だから美容にいいなどということはありません。これらが急速に糖分をあげる限り、体の糖化(glycation)がおこり、コレステロールに影響を与え粥状動脈硬化を作り出し、活性酸素を生み出し過酸化を誘導します。糖化が進むと体内ではAGE(糖化最終生成物)が生成され、お肌や筋肉のハリを損ね、性格的にも悪い女性に見えるようになります。

果糖はそれ以上の猛毒になります。フルーツばかり食べていて美しくなれることはありません。フルーツのビタミンやミネラルは確かに健康や美容にはよいですが、昨今のフルーツは糖度が増されているばかりか農薬がてんこ盛りです。なのでできれば無農薬のフルーツをホールフードでうまく食べて、果糖液糖やHFCS(高フルクトース・コーンシロップ)は決してとらないようにしましょう。ジュースやお菓子などによく入っています。

牛乳や乳製品も美容の大敵です。牛乳は骨を強くする作用はなく、カルシウムは逆に失われマグネシウムは入ってきません。栄養価が高い食品だというのも間違いで、子牛にとっては育つための栄養やホルモンが含有していますが、これの人間が取るとむしろ「早熟」と「早老」をもたらします。つまり肌も老化していき癌化しやすく、ビタミンCを使ってしまいコラーゲンの合成にも減ってしまうのです

また、現在の牛乳はホルモン剤や抗生物質やワクチンを多量に使用されており、体にとって猛毒であり乳癌、結腸癌、前立腺癌、子宮癌、卵巣癌などの危険性が増します。特に三大乳業メーカーである明治と森永と雪印は、どんな商品をとっても日の打ちどころがないほどに最悪であり、昔から牛乳利権で人の健康をむしばんできました。美しくなりたい女性の方はこのような食品に手を出すのではなく、発酵食品や野菜、質の良い魚貝類や肉やごまや海草や豆類、玄米や七分つきの米などもうまく活用して、ぜひビューテフォーになってください♡

 
 

ホテルオークラ京都 桃李

 
 

(ホテルオークラ京都 桃李)

 
 


カテゴリー: マクロビオティック料理教室 むそう塾, マクロビオティックが楽しい♪ パーマリンク

コメント

  1. 初心者 のコメント:
    はじめまして。
    マクロビオティック初心者のものです。

    リウマチの主人、頑固で後ろ向きな自分、3歳と0歳の家族です。

    マクロビオティックの考えが、また陰陽を理解することで主人のサポートにつながり、自分も変われるのではないかととある有名どころの通信教育を始めましたが、本当にこれでいいの?幸せになれる?と疑問ばかりでそんななか、こちらのブログと出会いました。

    今は毎日ストーカーの用に、過去の記事を拝見しています(笑)
    皆さんのお弁当の写真も拝見し、勉強しています。

    授乳期でなければまず玄米の炊き方講座をすぐにも受けてみたいなと感じさせられていますが、まずはやれることから実践しています。

    砂糖抜き 動物性を減らす 調味料をいいものにする

    これだけでも私がまずポジティブになってきました。

    朝昼は白米を土鍋炊き、夜だけ玄米を土鍋炊きで、いろいろ実験中ですが…

    お魚、卵は主人も私も好きで、また直感的に必要と感じていて口にします。なので毒消しはすごく学びたいなと感じています。

    大変おこがましいですが、良い記事おすすめの本があれば紹介していただけると嬉しいです。今は大森さんの本はとても気になっています。

    いつか先生方と実際にお会いできることが叶うように、まず少しずつ進んでいきたいです。
    • マクロ美風 のコメント:
      初心者さま、初めまして。
      コメントをありがとうございます。

      まずは某指導校の通信教育を受けられているとのことですから、本来ならそちらのご指導を優先なさって構わないのですが、ちょっと気になる点がありますので、こちらで簡単にコメントをさせていただきます。
      それは玄米ご飯についてです。
      他所様の指導方法に口をはさむつもりは毛頭ありませんが、むそう塾は玄米ご飯について徹底的に追究した結果、独自の炊き方を開発しております。
      その炊き方が出来るようになった塾生さんたちの変化を見ていると、土鍋で炊いた玄米ご飯の効果をはるかに凌ぐものがあります。

      あなたにお会いしたことがありませんので、あなたが陰性か陽性か、はたまたお子さんやご主人の体質も把握していない段階では詳しいアドバイスは差し上げられないのですが、間違いなく今は3歳のお子さんが食べられる(厳密には喜んで食べたがる)玄米ご飯を炊き上げることが最も大事なことです。
      それを考えると、土鍋でどのような方法の炊き方なのか存じませんが、圧力鍋より玄米の皮感が残りやすい炊き上がりの玄米ご飯をお子さんに食べさせた場合、これから先玄米ご飯を食べなくなる可能性があります。
      そうすると、「茶色いご飯はイヤ!」というトラウマが残ることになりますので、細かいことは抜きにしても、主食であるご飯の炊き方だけは白米玄米を問わず、しっかりと体調に合った炊き上がりにされた方が良いと思います。

      このブログでも何回も書いていますので、すでに目にされたかも知れませんが、主食は体調を一番左右させる力を持っていますから、まずはそこからスタートなさるのが一番の近道であり王道です。

      次に毒消しのお尋ねですが、このブログでも何本も記事を書いています。
      ブログ内検索で「毒消し」と入力すると、記事がたくさん出てきますが、ざっくりまとめたものが次の記事になります。
      http://musojuku.jp/bifu-blog/?p=61757
      通信教育でも毒消しのことは教えていただけると思いますが、もしご不明の点があれば、ブログ内検索をご活用くださいませ。
      毒消しの本も出ていますが、帯に短し襷に長しの感じなので、まずは基本形を押さえて、それを類推していける力をつけられた方が実用的だと思います。

      なお、HPトップにある「マクロビオティックの盲点」の記事はすべてお薦めですので、ぜひお読み下さい。
      http://musojuku.jp
      きっと通信教育では得られない生のマクロビオティック界の現状を知ることができて、あなたが間違ったマクロビオティックに行かないブレーキになってくれることと思います。

      私もあなたにお目にかかれる日がありますことを心待ちにしております。
  2. 初心者 のコメント:
    早速のお返事ありがとうございます。
    土鍋炊きは近くでマクロビオティックを実践している方のおすすめで(盲点の記事にもあるように、昔からある器具がいいよという意味もあるそうです)真似をして、より陰性に炊き上げるやり方です。

    が、こちらのブログ拝見してからまた考え直し、自分はおそらく陰性より、主人もどちらかといえば…と感じているので今は圧力鍋の方がいいのでは!?と思い、今夜からはそうしてみようと思います。
    ご指摘の通り長女は二回で玄米を嫌がりました。我が家のお米がコシヒカリだからなのかとも思ったりしましたが…たくさん噛むのが嫌だそうで…
    体の声を聞きながら、ツヤツヤふっくらおいしいご飯を炊けるように勉強したいとおもいます。

    毒消しの記事も昨日検索方法を発見し、順番に勉強させていただいています。
    ありがとうございます。

    現在授乳期で、上の子の時も同じで助産師さんいわく痩せる体質だそうなにですが、8キロほど痩せ40キロギリギリです。授乳期は動物性、カロリーの高いものを避けている関係もありますが、これ以上は体重は落としたくなく、マクロビオティックの現場から一般的に気をつけることがありますか?もしかしたら盲点の記事の陰性に偏りすぎの話にも通じるのかとも感じてはいます。白米菜食気味なので…ちなみに身長は153ほどです。

    リウマチの人は熱帯性の食べ物は避けるようにともありますが、これも毒消しをうまく使い、体の声を聞きながらがマクロビオティックなのかなとも思っています。まだ浅い知識なのでずれていたらすみません。

    家族みんなが幸せになれるご飯づくり、また生き方になるようにゆっくりでも前に進みたいと思います。
    これからも勉強させていただきます。
    • マクロ美風 のコメント:
      初心者さん、こんにちは。

      お返事が遅くなりましたが、HPの「マクロビオティックの盲点」で記事にてお答えしました。
      <「砂糖と乳製品に関する内海聡先生の記事より」に寄せられたコメントに対するお返事>
      http://musojuku.jp/?otoshiana=otoshiana-71475
      あなたと同じ環境にある方は多いので、もっと多くの人に共有していただきたいと思ったからです。
      そうして一日も早く玄米ご飯を体に負担のない状態に炊き上げて、笑顔でお子さんが食べられる状態になさってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です