嬉しい備考欄

今は、「第6回 むそう塾」の受付中です。
お申込みフォームには備考欄があって、思い思いのコメントを書いて下さいます。
昨日はとても嬉しいコメントがありました。
<お譲様>
●なかがわさんで『ひるめし』をいただき、玄米ご飯の美味しさにビックリしました(もちろんおばんざいもとっても美味しかったです)。
あまりに美味しかったので母に話したところ、母も大変興味を持ったので二人で参加を決めました。
宜しくお願い致します。
<お母様>
●夫が大病してから玄米ご飯を食べるようになったのですが、夫は玄米ご飯があまり好きではありません。
仕方がないので分搗き米と玄米を交互に炊いています。
できれば毎日玄米ご飯を食べて貰いたいので、美味しい玄米ご飯の炊き方を知りたくて参加を決めました。
11月5日楽しみにしています。
*    *    *    *
嬉しいですね?。
お母様とお譲様がお二人でお申込みをしてくださいました。
きっとお父様は、玄米ご飯が美味しく感じられないのでしょう。
大病ということは、命にかかわるようなご病気なのかも知れません。
でも、何とかしてお父様に玄米ご飯を食べて欲しいと願うお母様のお気持ちや、お嬢様のお気持ちを考えると、この文章を拝見していて、涙が流れてしまいました。
そう。
病気の時って美味しくないものは喉を通りません。
ですから、たとえ病気の時でも「美味しいね」って食べられる玄米ご飯を皆さんに炊き上げて欲しいのです。
そのために中川さんは、ご自分の力のすべてを投入して、美味しい玄米ご飯にこだわり続けているのです。
それは、愛する奥様に玄米ご飯を食べさせて救ってあげる時間すら与えられなかった男の意地なのかも知れません。
「もう誰も病気になって欲しくない」。
それが彼の強い思いでもあります。
*    *    *    *
とっても嬉しいコメントだったので、中川さんにもお送りしました。
中川:「嬉しいねー!」
「この人のためだけにむそう塾を開いてもいい!」
「何なら家まで教えに行ってもいい!」
美風:(そんな時間が取れるわけないのに・・・)
11月5日。
今から楽しみにお待ちしております。


カテゴリー: マクロビオティックが楽しい♪ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です