離乳食と虫歯菌

昨日、四国の松見歯科診療所さんで教えていただいたことです。
: 離乳食をあげる時、お母さんが口の中で食べ物を噛んで柔らかくしてから、子供にあげてもいいかどうか?
: O Kです。
これは、私が子育て中の方からよく聞かれる質問でした。
マクロビオティック的にお答えはしてきたのですが、きちんとお医者さんのご見解をお聞きしたいと思っておりました。
先月、東京のリマ・クッキングスクールで、某歯科医師さんの講座がありましたので受講しました。
すると、その中で、「虫歯菌は移るからお母さんが口の中で噛んだものを子供に与えてはいけない」というお話があったのです。
ん?
何か変だなぁ?
それで、昨日、私の担当歯科衛生士さんと松見哲雄歯科医師にご質問させていただいたという訳です。
                *    *    *     *
解りやすく言ってしまえば、「虫歯菌は確かに移るけれど、だからといって虫歯に必ずなるわけではない」ということ。
要は、虫歯菌があっても虫歯にならない環境であればいいわけです。
子供は無菌状態では育てられません。
いい菌も悪い菌も同居していて、その中でも悪い菌に打ち勝っていく逞しさ(免疫力)が求められます。
お腹(腸)の中と同じですね。
さあ、あなたはどのように思われますか?
あ、そもそも、まず、お母さんが虫歯菌の心配をしなくても良い状態にしなければ。。。
出産前にきちんと、歯の治療とお手入れをしておきましょう♪


カテゴリー: マクロビオティックが楽しい♪, 子育て・野口整体・アトピー, マクロビオティックと歯科治療 パーマリンク

コメント

  1. fujitamanegi より:

    私も母や姉から「母親からの食べ物の噛み与えは厳禁!」と言われましたが、お構いなしに噛み与えしてます。おそらく私からうつったと思われるインフルエンザに、生後2ヶ月の小さな体で耐えることが出来たんだから、虫歯菌にも負けないはず!という、意味不明の(?)考えからです。
    お医者様の見解を拝見して、安心しました。ムスコはもうだいぶ普通の固さのものも食べられるようになりましたよ~。子供といる時間、楽しくてたまりません!産んで良かったです♪

  2. マクロ美風 より:

    fujitamanegiさん、しばらくです~♪

    >おそらく私からうつったと思われるインフルエンザに、生後2ヶ月の小さな体で耐えることが出来たんだから、虫歯菌にも負けないはず!

    な~んて力強いお言葉でしょう!
    母は強し!ですね~。

    >お医者様の見解を拝見して、安心しました

    この記事を書いて良かったです~。
    ありがとう!

    >子供といる時間、楽しくてたまりません!産んで良かったです♪

    嬉しいなぁ♪
    妊娠前のfujitamanegiさんを思うと、本当に逞しくなりましたね~。
    息子ちゃんにも、fujitamanegiさんにもお会いしたいな~。
    新緑の季節に青森でお会いしましょうね!
    早く計画たてなくちゃ(^^;)

  3. 松見歯科診療所 今川さえ より:

    すばらしいですね!
    お母様とお子様のお口、食べ物の管理がしっかりできていれば、何の問題もありません。

    私の知り合いで、お子様が小さい頃、「あめちゃん」を噛み砕いて与えていた方がいらっしゃいましたが、その方は現在、親も子も歯の状態はよろしくないようです。
    お口の管理、食べ物の内容がよければ今の状態には至らなかったと思います。

    いい身体を維持してくださいね!!

    fujitamanegiさまのコメントを拝見し、私も子どもと過ごせるお母さんになりたいと思いました。
    ありがとうございます!!

  4. 松見歯科診療所 今川さえ より:

    この前の治療のときのお話を取り上げて下さったんですね!!
    ありがとうございます。
    お母様の持っている「悪い菌ちゃん」に着目しがちですが、「いい菌ちゃん」もたくさんいます。
    お母様が悪い菌ちゃんをやっつけてくれるいい菌ちゃんを育てて、お子様のお口も守って行きたいですね。
    ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。