ブログ開設2周年&「美風ゼミ」について

このブログを開設したのは2005年8月15日
そして、1周年目の2006年8月15日の記事には、【これからの私のマクロビオティック】として、今後の抱負が書かれています。
その中にこんな一文があります。
>マクロビオティックについての誤解や、認識の相違に悩む人達のための、新しい受け皿をつくれたらいいなぁと思っています。
             
ブログ開設2周年目の今日、その想いを具体的にご案内させて頂きたいと思います。
               *    *    *    *
私は「マクロビ井戸端会議」で、とても多くのことを学びました。
それまでが机上のマクロビオティックだったとしたら、「マクロビ井戸端会議」は生きたマクロビオティックと言ってもいいでしょう。
そこには、生きた人間模様があり、生きた問題があり、生きた答えがありました。
それらが楽しくて、次から次へと各地で開催される「マクロビ井戸端会議」に参加しているうちに、遂に北海道から沖縄まで行ってしまいました。
さらに、各地でお勉強させていただいているうちに、共通点があることに気がつきました。
そして、それは大変深刻です。
それらを解決するにはどうしたらいいのだろう?
それが昨年の8月15日の記事の背景になりました。
そして、その「受け皿」として、「美風ゼミ」を作りたいと思いました。
札幌の「Lilas(りら)・マクロビオティックスクール」では、すでに「美風ゼミ」を開催していますが、深いお話ができて、とてもいい雰囲気です。
               *    *    *    *
長い目でみた場合は、「美風ゼミ」も各地で開催できるようにするのが理想的なのですが、まずは東京で開催したいと思っています。
東京でじっくりと時間をかけて、望ましい形を模索してみたいのです。
昨年の私は、地方に行くことが多くて軸足がしっかりしていなかったのですが、今年は東京を中心にしてホームグラウンド的なものを整えたいと考えています。
そして、マクロビオティックについての誤解や、認識の相違に悩む人達が、「美風ゼミ」で解決の糸口を見つけて、笑顔になってほしいのです。
○○派も△△派も□□派も、みんな「マクロビオティック」の名の元に、「一つ」になりたいのです。
それぞれの違いを知り、それぞれの良さを知り、多くの情報を整理して自分にピッタリのマクロビオティックを、自分の判断で選ぶ。
そんな当たり前のことを、当たり前にできる場。
それを作りたいのです。
たとえていうなら、「マクロビオティックを交通整理する」感じでしょうか?
マクロビオティックのお料理を教えてくれるところは沢山ありますので、お料理はそちらにお任せして、私は「マクロビオティックの運転の仕方」をお伝えしたいと思います。
 ・今の自分の体調とどう向き合えばいいのか?
 ・どんなふうにしたら、マクロビオティックを続けられるのか?
 ・自分にはどんな勉強の仕方が合っているのか?
 ・非協力的な家族とどう向き合えばいいのか?
 ・子供とどう係わればいいのか?
 ・外食はどうしたらいいのか?
などなど、挙げればキリがありません。
そんなマクロビオティックにまつわる様々な問題を、ゼミに参加している人達がみんなで共有して考え議論しましょう。
そして、 「問題解決の考え方を練習」して、自力で答えが出せるようになるのが目標です。

そのためには、時々外部から先生をお招きすることもあります。
体質や体調のチェックをしてもらうこともあります。
そして、たまにはお楽しみもしましょう♪
和気あいあいと、心地よい空間の中でマクロビオティックを身につける場。
それが「美風ゼミ」でありたいと願っています。
              *    *    *    *
これがこれからの1年間、目指すところです。
さて、来年の8月15日は、どんな目標が出てくるのでしょうか?
今から楽しみです。
関連記事
「Lilas(りら)・マクロビオティックスクール」の新講座について
「マクロビ井戸端会議」の原点と「美風ゼミ」について
第1回「美風ゼミ@東京」を終えて


カテゴリー: マクロビオティックが楽しい♪ パーマリンク

コメント

  1. 門左衛門 のコメント:
    残暑お見舞い申し上げます。
    「マクロビオティックの交通整理」待ってました!「問題解決の考え方の練習」私たちに一番足りないものだと思います。
    一人一人が自分にあったマクロビオティックを見つけ、続けていけるようになると良いですね。
    東京でのゼミには是非参加したいです。
  2. かなりあ のコメント:
    美風さん、おはようございます。

    残暑お見舞い申上げます。



    美風さんのお考えが形になっていきますことは、

    とても凄いことだと思います。



    私は勉強量も経験も、まだまだ全然足りないですから、

    もっと勉強や経験をしまして、美風さんのようになれれば良いなと、

    思うこの頃です。



    東京でも「美風ゼミ」を開催されるのですね。

    私の上京と上手くタイミングが合いましたら、

    こちらのゼミにも参加したいと思います。

    その時は是非是非よろしくお願い致します。



    北海道でのゼミも、楽しみにしております。
  3. 凛りん のコメント:
    よく、わかります。私自身、喘息の息子に給食を中止して、お弁当を持たせて学校に通わせました。喘息の問題は解決しました。しかし、子供の社会性に、偏りを感じることが少なくありません。

    現代の資本主義社会の中で、一般的な社会生活を送って行こうとすると、マクロビオティックな生き方は、競争社会向きでは無いですし、世間一般的な人間関係も築きにくいような気がします。

    お互いの価値観を認め合い、尊重しあって生きていける社会にするためには、どうしたらいいんだろう?と考えると、袋小路にハマリますね。

    もっと、エゴイストになれば、簡単に答えが出そうですけれどね。(苦笑)



  4. どいしゅう のコメント:
    お時間があれば大阪でもぜひ!
    マクロ美風さんの交通整理ステキです♪

    > ○○派も△△派も□□派も、みんな「マクロビオティック」
    > の名の元に、「一つ」になりたいのです。

    以前、一緒にお食事に行ったときにお話してましたね。
    私も同感です!

    これ、ぜひ実現したいです。

    そして、食育の観点から政治家を出すのもいいですね。
    ↑が終わったら次のステップはこれでいきたいですね~

    4月からお会いしていないですね!
    また、ゆっくりお話したいです(ラブコール☆)

  5. マクロ美風 のコメント:
    まぁ、門左衛門さん、何てステキなタイトルなんでしょう!

    >「マクロビオティックの交通整理」・「問題解決の考え方の練習」

    これは、1年以上模索してきたテーマです。
    一方的に教えて貰うのではなく、自分の頭で、自分の言葉で考えながら答えを出す。
    そんな場にしたいと思います。

    なお、ご参加の意思表明をしてくださって、とても嬉しいです。
    ありがとうございました。
    お会いできる日を楽しみにしております♪

  6. マクロ美風 のコメント:
    ついに、東京での「美風ゼミ」を書かせて頂きました。
    札幌同様、どうぞ、よろしくお願いいたしますね。

    でも、「美風ゼミ」の発祥の地は札幌ですから、札幌もきちんと続けますよ~。
  7. teku-teku のコメント:
    おひさしぶりです。
    札幌での「美風ゼミ」をうらやましく思っておりました。
    いよいよ東京でも開催されるのですね。待ってました!
    いつまで経っても初心者の私ですが、参加させていただけると嬉しいです。

  8. マクロ美風 のコメント:
    文章から、凛りんさんのマクロビオティックに対する真剣な姿勢が伝わって来ますね。

    >現代の資本主義社会の中で、一般的な社会生活を送って行こうとすると、マクロビオティックな生き方は、競争社会向きでは無いですし、世間一般的な人間関係も築きにくいような気がします。

    確かにやり方によっては、このような側面があるのは事実ですね。
    でも、マクロビオティックの考え方は、それらを超越しているのではないかと思うのですが、いかがでしょうか?

    そこのところを、みんなで理解できたら嬉しいなと思います。

    凛りんさんとは、機会がありましたら、色々なお話をさせていただきたいです。
    素晴らしい時間がもてそうですもの。

  9. マクロ美風 のコメント:
    どいしゅうさん、お久しぶりです。
    相変わらずご活躍されているようで、何よりです。
    大阪の「マクロビ井戸端会議」からお目にかかっていないですね~。

    これからの私のマクロビオティックに対する方向性に、共感していただいて、とても嬉しいです。
    大阪でも開催できたらいいですね。

    ところで、どいしゅうさんは政治家まで視野に入れているんですね?
    お若いから、どいしゅうさんは候補№1ですね。

  10. マクロ美風 のコメント:
    うわ~、teku-tekuさん、お久しぶりです~。
    随分お会いしていませんね~。

    まぁ、「美風ゼミ」にお出でいただけるんですか?
    嬉しいな。
    和気あいあい、「知らないことを知らない、解らないことを解らない」といえる雰囲気づくりから始めたいと思っていますので、お気軽にご参加くださいね~。
    再会を楽しみにしております。

  11. いちご のコメント:
    東京でも始動なんですね。
    機会があれば ぜひ参加したいのですが 
    今の所 日程などの構想は どんなふう何でしょうか?

    本当は 名古屋での 早い開催を望みますが・・・
    事情は 色々あると思います。
    一歩 一歩ですものね・・・。

    まだまだ 暑い日が続きます 体大切に・・
  12. マクロ美風 のコメント:
    いちごさん、ごめんなさい。
    現在、会場の手配なんですよ。
    それが決まれば、告知できるのですが、もう少しお時間を頂戴するようになります。
    ごめんなさいね。

    それから、これからの1年間は、東京に軸足を置きたいと思っていますので、名古屋での開催がいつになるのか、検討がつかないのです。

    必要なら開催のタイミングが訪れるでしょうから、自然に任せて楽しみにしたいと思っています。
    すべては、流れに従うというスタンスでいたいのですが、こんな感じでお許しいただけますか?
    すみません。

  13. mk のコメント:
    美風ゼミ、楽しみです。
    何かお手伝いできることがありましたら、いつでもお声かけてください。
    学校へ行っていないと、疑問があっても質問することすら出来ないですものね。
    問題解決できるだけの力をつけたいと思うこの頃です。
    そして人の役にたつ人になれるといいなぁとも思っています。
    厳しい残暑が続いておりますが、どうぞご自愛ください。
  14. らいおんママ のコメント:
    はじめまして。いちごさんの所から来ました。マクロ美風さんの書かれている、「マクロビオティックの運転の仕方」で、まさに悩みをかかえる一人です。料理教室は名古屋でもいくつかありますが、そういったゼミは聞いたことがないので、是非名古屋でも開催してほしいと思います。地方にマクロビオティックの若葉マークをつけた運転者が沢山いると思います。気長に待っています。活動がんばって下さい。
  15. いちご のコメント:
    美風さんだから・・・
    きっと流れに逆らわず 時を待つのだと思っています。
    きっと 「まさに 今・・・」って時が訪れるのだと思います


  16. ひろ のコメント:

    「美風ゼミ」へ参加できる日が待ち遠しいです。
    楽しみが身近にどんどん増えて嬉しい!バテてなんかいられないですね~。

  17. マクロ美風 のコメント:
    ありがとうございます!
    そんなふうに仰っていただいて、とても嬉しいです。

    >学校へ行っていないと、疑問があっても質問することすら出来ないですものね。

    そうなんです。学校に行っていない人も気軽に参加して、ちょっとした疑問や悩みをみんなで解決するのが、この「美風ゼミ」の目的です。

    >問題解決できるだけの力をつけたいと思うこの頃です。
    そして人の役にたつ人になれるといいなぁとも思っています。

    これは、どちらも大切ですよね。
    きちんとお勉強されているmkさんは、その目標が近づいていますね。
    色々と教えてください。

  18. マクロ美風 のコメント:
    らいおんママさん、はじめまして。
    勇ましいハンドルネームですね(笑)

    「美風ゼミ」を心待ちにしてくださって、大変ありがとうございます。
    そのような人達の声が、私のエネルギー源です。

    >地方にマクロビオティックの若葉マークをつけた運転者が沢山いると思います。

    そうですね。
    それは「マクロビ井戸端会議」の時に実感しました。
    ぜひ、名古屋でも開催できるように努力しますね。

    コメントをいただきまして、ありがとうございました。
    とても嬉しかったです。

  19. マクロ美風 のコメント:
    いちごさん、お待ちいただいてありがとうございます。
    一応、東京での日程のみ記事にしましたので、ご検討いただけますか?
    うまくスケジュールが合うと嬉しいのですが。

  20. マクロ美風 のコメント:
    ひろさんのお教室とぶつかりませんか?
    それが気がかりです。。。

    沖縄で楽しんで来られましたか?
    また、沖縄で語り合いたいですね。
    沖縄料理も味わってみたいなぁ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です