幸せコース感想文」カテゴリーアーカイブ

「マクロビオティックの陰陽がわかる」感想文(10) 陰陽の交通整理をしよう

「マクロビオティックの陰陽がわかる感想文」も10回目になりました。
まだ2名の方が未提出ですが、厳密にはもう締切日を過ぎているので、この辺でおしまいにしようかと思います。
幸せコースは3クラスで24名の方が学んでくださっているのですが、それぞれに温度差があるのは当然であり、目的もバラバラです。
これこそが陰陽であって、感想文の提出一つとっても、こちら側も学びがあります。
それらを踏まえたうえで、その人にとってピッタリの陰陽バランスを調整できるようにアドバイスをさせていただこうと思っています。

今回は93-4の“えれこ”さんの感想文をご紹介します。
多岐にわたってご自分の感想を盛り込んであり、ご主人様と陰陽を一緒に考えている姿が微笑ましくていいなぁと感じましたので、抜粋ではなく全文を掲載させていただきます。
(一部改行などの手直しあり)

私がマクロビオティックに興味を持ったきっかけは、子どもの頃からのアトピー体質のため健康情報を色々集めていたからです。
それまでは一般的なお料理教室に通って自分なりに料理をしていました。

2014年の春頃、スーパーで購入した鶏の手羽元を食べていた時に周りに分厚くついた肉に対して骨が細くて少し力を入れるとポロポロと崩れていくことに気が付きました。調理してあるとはいえ、不自然さや気持ち悪さを感じ食事を中断してインターネットで食肉がどのようにして作られているのかを調べ始めました。
サイト「菜食のススメ」に行き着き、家畜動物達のあまりの惨状にショックを受けると同時に自分が感じた違和感は本物だったのだと確信しました。

元々肉や魚を食べる事に罪悪感や一種の気持ち悪さがあったため、その日から動物性食品を買わない生活が始まりました。
ビーガン料理の作り方は図書館で借りた色々なマクロビの本やインターネットを参考にもどき料理を沢山作りました。菜食のお料理は生々しさがなくて工作感覚で楽しく作っていました。

そんな生活を1ヶ月ほどしていると、家の近くで新しくマクロビの教室が始まりました。
これは今の生活を後押ししてくれていると感じて通い始めました。
私がお世話になったA先生はKIJの卒業生で、福岡や海外でもマクロビの勉強をされていた方でした。A先生はお料理を伝えたい訳ではなく、軽やかに生きていくためのマクロビを伝えたいといつも仰っていました。お手当ドリンクを飲み続けてはいけないことも、動物性を食べる時の毒消しのこともしっかり教えてくださいました。2016年の春まで、約2年間お世話になりました。

妊娠中に梅醤番茶を飲み続けていたのは、妊婦だから貧血に良い梅醤番茶を普通より沢山摂る必要があると勝手に解釈してしまったからです。
2015年の夏に娘を妊娠していることがわかるまでほぼビーガンの生活をしました。約1年程の期間でした。その間の身体の変化は、便秘がなくなり、花粉症がなくなり、経血がサラサラで臭いがなくなりました。主人は80キロ近くから65キロほどまで痩せました。(身長170cm)

良いことばかりだと思っていた菜食生活でしたが、妊娠してからお肉が食べたくなった事とこれから産まれてくる子供を菜食で育てる事は無理があると感じた為、ゆるく動物性を食べる生活に切り替えました。
マクロビのレストランも食べ歩いてみましたが、どの地域でも同じようなメニューと同じような味で飽きてしまったのもあります。

植物性のお菓子に至っては、「身体にやさしい」とよく書いてありますが実際に食べてみた負担は普通のお菓子よりも大きいように感じてどんどん疑問が湧いてきました。陰陽の考え方は面白いけれど、植物性のみにこだわるのはやめようと思いました。

普段の食事を考える中で、電子レンジや化学調味料でいっぱいの「普通のご飯」には戻れないのでどのように食べていけば良いのか混乱していました。出産も刻一刻と迫って焦っていました。
そんな中2016年1月に第93回目愛クラスでむそう塾のお世話になりました。

2冊の課題図書は、陰陽に振り回されている自分の人生を生きやすくするにはどうしたら良いのかヒントを貰う気持ちで読みました。どちらもわかりやすく大切な事が沢山書いてあると思いました。
ほとんどの内容ははすでにA先生から2年間かけて教わった事がある内容でした。当時とは受け取り方が違いとても新鮮な気持ちで読み進めていきました。奥が深くてまだピンとこない箇所も沢山ありました。知っている事と理解している事は全く違うので、これから幸せコースで学んで行く中で自分の中に落とし込める部分をしっかり増やして行きたいです。
特に印象に残った部分について感想を書いていきたいと思います。

*   *   *

「指定本」

46ページからの陰陽の見方の5つのポイントはこれから陰陽で物事を見るときに忘れてはいけない大切なポイントだと思いました。しかしこの部分が一番自分の中で落とし込めていないと感じます。
頭の中が混乱した時は5つのポイントに帰って来ようと思います。
100ページの「なぜ年をとると一日が早いのか?」での時間(陽性)と空間(陰性)の関係がとても興味深かったです。

玄米炊飯の時にお米を洗う時と◯◯の時は特に自分の氣が入りやすいと感じています。どちらもお米に集中しているかどうかで体感時間が全く違います。考え事をしていたり、気が散っている状態ではあっという間に時間が過ぎて行きます。そんな時は炊きあがりも美味しくならないので、いつも良い緊張感があります。
普段の生活でも目的もなく漠然と過ごしているとあっという間に一日が終わってしまいます。自分の人生をより良くするためには周りの状況に気を取られすぎるととても損をしてしまうと気が付きました。

主人が糠漬けの覚え書きを見て、仕事の資料と勘違いをしました。めっき液も層が分かれていてエアレーションを行うそうです。玄米を炊いている時も私が◯◯をしているのを見て、めっき液も◯◯数が決まっていると興味深そうに話してくれました。

その会話の中で、めっきの腐食テスト時にオーブンで焼いて極限まで酸化させると何故か紫色になるという話になりました。初めは陽性にしているのにどうして紫になるんだろう?と思いましたが、定理11のように陽が極まって陰になったのかもしれないと気が付いて陰陽の面白さを体感しました。

家事アドバイス講座の時にも本物に囲まれた生活を意識するとめっきは本物でもあるし、偽物でもあって面白いという話を夫婦で話していました。
これから陰陽研究会監修の「魔法のメガネ」を読もうと思っています。普段の暮らしの中で陰陽で物を見ていく練習をしていきます。

*   *   *

「推薦本」

私が一番大切だと思ったのは24ページの食べ物の陰陽表の中の両端の部分でした。極陽性に「あたたかい心で作られた食品、まごころを込めて作られた食品」と極陰性に「怒りながらや不機嫌な気持ちで作られた食品」と書かれています。自分の体験からも強く納得できました。

子供の頃、実家では誕生日はちらし寿司と決まっていました。幸せで印象に残っている年は母がニコニコしていて自分の為に作ってくれた事が伝わってきて思い出すと心が暖かくなります。同じちらし寿司でも、仕方がなくやっつけで作ってもらった年のことを思い出すと今でも悲しい気持ちが蘇ってきます。

行列のできる飲食店に行くと、しばしば客を捌くだけの全く氣の込もっていない食事が出る事があります。そんな時は夫婦で「無を食べてるみたい。」と心がスカスカになっていくのを感じます。どんなに良い材料で美味しい味付けでも満たされる事はありません。

第107回目の愛クラスの日に中川さんの福ZENを戴いた日は、満たされた感覚が家に帰ってからもずっと続いてもう一生甘いものやパンを食べなくても生きていけるんじゃないかな?と感じた事を思い出します。
食べる時間はあっという間ですが、食事は心身の芯まで影響を及ぼすのだと感じています。

私自身もOBENTERS™の投稿を通じて自分の氣がどれだけ料理に影響を与えるのか痛感しています。「気持ちを込める」事が大切なのは理解してもどうやって良いのか中々わかりませんでした。
5月20日の投稿では楽しい気持ちで家族の事を想いながら玄米を炊飯しましたが、途中で横もれがありました。そのタイミングで娘が起きて火加減の調整をするか娘の所に駆けつけるのかの選択に迫られました。駆けつけるのが遅いと主人の睡眠を邪魔してしまうし、お鍋の中をイメージすると大丈夫だと感じて、横もれしたまま炊飯を続けました。

白米の準備もしていましたが美味しかったのでドキドキしながらその玄米御飯で投稿しました。中川さんからのご指導では「あなたは自分では気付いてないかもしれませんが、ご飯の炊きあがりがすごく進化しています。イラ感ゴワ感なくくどいもっちり感もなくふうわり炊けているじゃありませんか。素晴らしい。」と言っていただきました。データに囚われていたら失敗したご飯になっていたと思います。料理は頭ではなくて感じる事だという大切な体験が出来た日になりました。

私は気持ちに波があって良い時と悪い時を行ったり来たりしながら今までの人生を生きて来ました。今は玄米御飯が自分の状態を教えてくれます。まだ玄米炊飯を再開して1ヶ月程ですが落ち込む時がすでに数回ありました。そんな時も自分の状態に気がつけるのでどん底に落ちる前に立ち直るのが速くなって来たと感じています。

余談ですが、最近松下幸之助の奥さんの著書を読みました。お料理に関する箇所で鮮度の良いものを食べる事、天然の物を選ぶ事、盛り付けを整える事、鱧の骨切りの事まで書いてありました。むそう塾で大切にされている事ばかりで驚きました。

幸せコースの第1回目から生活を朝型に切り替えました。私は朝の爽やかな空気が大好きです。今まで自分の時間を作るために深夜を使っていましたが、朝活動する方が私には向いているようです。子育てに追われて余裕がなかった生活に少しだけゆとりが出て来ました。
これから安定した気持ちで玄米を炊き続ける事が出来るか、お料理と向き合う事が出来るかどうかが私の課題です。

先日は落ち込みそうになった絶妙なタイミングで麗可ちゃんがメッセージをくれました。本当に有り難かったです。今までは自分だけでどうにかしようと足掻いていましたが、今は中川さん、美風さん、麗可ちゃんが力をくださっている事を強く感じます。
主人も応援してくれています。パソコンの場所も譲ってもらいました。後は私がどれだけ頑張れるかにかかっています。
幸せコースを通じて本当の幸せを掴み取りたいと思っています。これからもご指導どうぞよろしくお願い致します。

*   *   *

<マクロ美風より>

まず最初に、あなたの頭の中には色んな情報が入っていますから、それらを交通整理することから始めましょう。
幸いにあなたは、持ち前の陽性さに救われて、マクロビオティックで体調を崩すことはありませんでしたが、確固たる裏付けがあって進んで来たわけではないので、これからは一つひとつを丁寧に陰陽で判断して行きましょう。
その振り分け基準は、あなたのご主人様が案外陰陽的に良い感覚を持っておられるので、大いに話し合うのが勉強になっていいですね。

中川さんは、玄米炊飯にしても糠漬けにしても、とてもロジカルに説明していますから、案外男性の理解者が多いのです。
きっとご主人様もそのお一人になっていただけると思います。
ご夫婦で陰陽のお話が出来るのは幸せですね。
きっとご主人様のお仕事にも参考になることがあると思いますので、仲良く話し合ってみてください。
話すことによってあなたの知識も深まりますから。

ところで、あなたは馬力はあるので勢い良くスタートするのですが、まだ馬力任せなので途中で失速することがあります。
それは陰陽調整ができていないからであって、全体を見渡して「今」の力配分が出来るようになると、もっと暮らしやすくなります。

たとえばこの感想文ですが、改行がとても少なくて読みにくい書き方でした。
それは「想いを吐き出す」排毒状態になっているので、改行をして読みやすくするという「全体」を見ることが出来ていないからですね。
こういうことは暮らしぶりにも出てきますので、一呼吸置くことを意識するようにしてみましょう。
グンと風通しが良くなって、人間関係もスムーズになりますよ。

本当に強い人は、攻めるばかりではなく、じっと待てる人だったりします。
これこそ陰陽のお手本だと思いませんか?
これからはそんなことも意識して暮らしてみましょう。
1年後、2年後、どんなあなたになっているか、とても楽しみにしています。

すでに今は、もう最初の愛クラスでお会いしたあなたではなくなっていますよ。
進化しています。
これから毎月マル秘特訓が始まります(笑)
お楽しみに♪


他の塾生さんの感想文は「幸せコース感想文」からどうぞ。




(京都 瓢亭)


+ – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床受付方法のご連絡(2017年度の場合)
中川式糠漬け(じゃい安)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材


カテゴリー: マクロビオティックの指導現場からシリーズ, 幸せコース感想文 | 2件のコメント

「マクロビオティックの陰陽がわかる」感想文(9) 人は食べたもののようになる

感想文の続きです。

まずは98-4のコタリンさんです。
〝身土不二“”一物全体“はわかりやすいけれど
〝陰陽“はよくわからず、意識してきませんでした。
〝陰陽〝相反すもの、プラスとマイナス、
“食べ物”や体質の陰陽判断に使うもの、という感じでとらえていました。
なので、美風さんがブログで“陰陽で考えてみればわかりますね”と書かれていても
なんのことだかまるで分らない状態。“まあ、分からなくても現状の生活には困らないし。まっいいっか”と
お気楽な考えでした。

コタリンさんらしさを表した文章で、微笑んでしまいます(^^)
そうなんです。
“まあ、分からなくても現状の生活には困らないし。まっいいっか”でもいいのです。
そして、ほとんどの人がマクロビオティックや陰陽のことなど知らずに生きているし、素敵な人生も楽しい生活もしているのです。

だから、別に陰陽なんて知らなくてもいいのですが、あなたは病気でご主人様を亡くされ、ご自分も大病をされ、お子さんの健康を心配されてむそう塾に来られました。
ですから、なるべく病気にならないように普段から気をつけておくことは知っていても損ではないと思うのです。
その第一歩で割と効果的なのがマクロビオティックの食事法です。
これから少しでも陰陽をお食事に反映して、肉体や精神面も病気に遠い暮らし方が出来るといいですね。

“腰紐”の話も興味深いものでした。幼少期、家に出入りしていたお米屋さんや酒屋さんが前掛けをかけておへその下で結んでいたのもすべて意味のあることだったのでね。むそう塾がエプロンをしてひもを腰で結ばない理由はここにあるのでしょうか?

むそう塾のサロンエプロンは、丹田を意識した暮らし方をするためにデザインしました。
重心を上に上げないようにするためです。
こんなふうに具体的なことで陰陽を確認出来るよう、カリキュラムを編成してありますので、これからグイグイ食らいついて来てください。

*   *   *

次は82-2の“もも”さんです。
一部を抜粋させていただきます。

ももさんのように、男性と同じ働き方をされている女性って多いですよね。
深夜残業も含めて、女性の体を無視した働き方は、本当の男女平等ではありません。
でも、そんな時代だからこそ、陰陽を踏まえて自分と自分をとりまく環境とのバランスをうまく保って、病気をしないように生きる術が必要だと思います。
そのためにマクロビオティックの陰陽は大いに頼もしい味方になってくれます。

「人は食べたもののようになる」というのは、疑いのない真実です。
そしてまた、環境の影響も受けるのです。
ですから、食べ物と環境を改善しながら生きることは、生き方を創造することになります。
どんな人生にしたいか?
どんな生き方をしたいか?
では、どんな物を食べたらいいのか?

そんなふうに逆算しながら、今口に運ぶものを決めるのもマクロビオティックの考え方です。
自分の将来像を描きながらお食事や働き方を調整するって、何とも楽しいことだと思いませんか?
これからあなたが、心からの笑顔で日々が送れるようサポートしていきますので、一緒に頑張りましょう。


他の塾生さんの感想文は「幸せコース感想文」からどうぞ。




(南瓜のケン 料理:京料理人  中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)


+ – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床受付方法のご連絡(2017年度の場合)
中川式糠漬け(じゃい安)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材


カテゴリー: マクロビオティックの指導現場からシリーズ, 幸せコース感想文 | 2件のコメント

「マクロビオティックの陰陽がわかる」感想文(8) 陰陽の存在に気づく

マクロビオティックの陰陽って、最初は本を読んで半信半疑になるところから始まると思うのですが、それは義務教育で習ってこなかったからですね。
でも、陰陽というのは、習うとか習わなかったとかいうこととは無関係に、この世の中に厳として存在しているものなのです。
ただそのことに今まで気づいていなかっただけです。
ですから、そのことに気づけた今は、日々の暮らしや行動を陰陽の視点から洗い直してみたら良いのです。
そうすると、面白いように自分のことが分かるようになります。
そして副産物として、他人のことも分かるようになります。
それが生きやすさや、新たな展開につながって行きますので、そんなことを考えただけでもワクワクすることでしょう。
では、塾生さんから寄せられた感想文をご紹介しましょう。

まずは、104-4のkanamiさんからの感想文です。
kanamiさんはお仕事が忙しくて、お食事にかける時間よりも睡眠を優先する暮らし方をされていたそうです。
そうなりますよね。そして、そういう人が今はとても多いです。
でも、これから幸せコースで美味しいお料理を習うと、ちょこっと作ろうかなという気持ちが芽生えてくると思いますので、徐々に変化されることでしょう。
そのくらい美味しいものの力は凄いのです。

この陰陽の法則を理解・活用することで、後回しにしがちであった自身の心身の調和が図れ、自身が安定することで初めて他者も大切にでき、人生をより豊かで充実したものにできるのではないかと考えています。

はい、そのとおりです。
まずは自分の心身が安定していること。
ここが大切です。
そのための具体的方法の第一歩が、陰陽バランスを考えた食べ方なのです。
これからは、何かを口にされるときに、いつも陰陽を考えながら召し上がっていると、だんだん体の方が変化してきますので、そうなると面白くなってくるはずです。
その次に、精神面の変化に気づくでしょう。

*   *   *

次は104-3の“かとり”さんです。
指定本と推薦本の2冊をお読みになってのご感想です。

実際最初に読んだ感想は、なるほどとは思うものの
そこまで新しい考え方ではないと感じました。
それに近い考え方が自分の中にあったのかもしれません。
ただ、それを実践してはいなかったので、身の回りの
出来事を陰陽で考えたりすることは楽しく、
また陰陽そのものに善悪はないという考え方に
宇宙の大らかさを感じていました。

調理は「知恵を使って宇宙の理に叶うように陰陽をすべてに調和させる」
ことであると読んだことをきっかけに、物の見方と合わせて
新しい対処の仕方を身に付け始めたと考えています。

知っていることと、実際にそれを使ってみることでは、世界がまるで変わって来ますので、ぜひこれから実際に活用してみてください。
マクロビオティックの考え方は実学なので、知識として頭の隅っこに鎮座させても効果は薄いのです。
まずは日々の食べ物から陰陽を意識して、次に体の陰陽的反応を確認して、それから精神面の陰陽がどうなったかまで確認するようにすると、俄然マクロビオティックの考え方が生活に活きてきますよ。
それができるようになると、人生そのものが変化してくるようになります。
楽しみですね。

*   *   *

次は108-1の“みら”さんです。
8年ほど前のマクロビオティックとの出会いは久司酵素で、体質を改善したくて酵素を取り始めたこともあり、はじめマクロビオティックとは食事法だと思っていました。
酵素だけでなく食事も変えていきましたが、こういう食べ物は良い、こういう食べ物は良くないと頭で捉えて、だんだん凝り固まった考えになり、体で感じることは二の次になっていきました。
むそう塾のブログに出会わなければ、恐らく逆に体調を崩していたと思います。

きわどいところでむそう塾にご縁がつながってホッとしました。
愛クラス以降の変化は、陽性の力が目に見えるほど効果を発揮していますね。
クシ酵素時代の陰性な体に、これからは中庸と陽性を上手に取り入れてあげましょう。
そうすると、面白いように心身が変化してきますよ。
これから幸せコースで具体的な陰陽をお伝えして行きますので、まずは食べ方から陰陽を意識していきましょう。
そうこうするうちに、肉体面や精神面での変化も実感できて、ますます日々の生活が充実してくるようになりますよ。

あなたが素晴らしいなぁと思ったのは、ちゃんと「無双原理の12定理」に当てはめて、身の回りのことを考えていらっしゃることです。
12定理は分かりにくいものも含まれますが、理解出来るところから活用されると陰陽が早く身につきます。
これからが楽しみですね。

*   *   *

次は107-4の“みそっ娘”さんです。
彼女は推薦本も読んで2回目の感想文提出になります。

「もし私たちの心身が不健康であったり不幸ばかりが続くならば、それも自然の成す技であり、成るべくして成った因果応報であると受け止めるべき」とか
「私たち一人一人が神と直結しているのであり細胞の一つ一つに宿っていることを認識することが大切」といった言葉は、学校や社会で慣れ親しんできた「科学的」な感覚だと「怪しい」と思いたくなるけれど、日常的な経験や実感に基づいて定理や法則をなぞっていくと、どうにも否定のしようがない真実だなと感じました。

「調和」という言葉が非常に多く出てきていました。そしてその言葉が今の自分にじんじん沁みました。私は身近な家族に対して、真逆の態度を取ってきたからです。
母と衝突しては、声を荒げたりふてくされたり沈み込んだり。子供と一緒にいても、気持ちを自分の興味や欲望にばかり向けてしまい、後になってぐずる息子に手を焼いたり。
本を読んでからは、玄米ごはんの穏やかさにより意識を向け、気持ちがざわついたときは心の中で「調和、調和…」と唱えながら日々を過ごしています。外から見たら1ミリにも満たないような変化かもしれませんが、それでも確実に何かが変わっていくような気がしています。

きちんと本を読んで、ご自分の生活に落とし込もうとされているのが伝わって来ます。
あなたは「外から見たら1ミリにも満たないような変化かもしれませんが」と書かれていますが、私には大きな変化と写っていますよ。
必ず今の心の変化が実を結ぶ時が来ます。
案外早いのがお子さんの変化になるかもしれません。
子供は敏感に氣の違いを感じ取りますのでね。

あなたは家業として「見えない世界」を相手にしていますので、陰陽の考え方はスッと入って行くと思います。
そして、それを本当に咀嚼できたら、もっと素晴らしい商品が出来上がることでしょう。
そのくらいあなたは陰陽を活かせる立場におられますので、ぜひマクロビオティックを最大限に活用されて、プライベートもお仕事も充実した人生になさってください。
今後のあなたの変化を大いに期待しています。


他の塾生さんの感想文は「幸せコース感想文」からどうぞ。




(南瓜の桂むき 料理:京料理人  中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)


+ – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床受付方法のご連絡(2017年度の場合)
中川式糠漬け(じゃい安)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材



カテゴリー: マクロビオティックの指導現場からシリーズ, 幸せコース感想文 | コメントする

「マクロビオティックの陰陽がわかる」感想文(7) 魔法のメガネを持つ

続々と送られてくる幸せコースの感想文を読んでいると、つくづくマクロビオティックって罪作りだなぁと感じます。
マクロビオティックの上っ面だけが広まってしまって、本当に良さを発揮する陰陽の奥深さ(哲学部分)が置き去りにされた感があります。
その結果、マクロビオティックは今やあまり良い印象を持たれないことも多いのですが、正しく知っていただくと、人生の羅針盤になりうる素晴らしい内容を持っています。
むそう塾ではそこのところを丁寧にお伝えしています。

では、107-2の“ぽん”さんの感想文をご紹介しましょう。
すでに18日に指定本の感想文は提出くださっていて、今回は推薦本の感想文です。
彼女の文章は多くのマクロビオティック初心者に該当すると思いますので、引用しておきましょう。

衝撃的だったのは
何でも食べられる体を作るための正食であり、病気の人の食箋にしても、1ヶ月分以上の食箋は書けないと言われている
さらに、一度書いてあげた食箋を5〜6年も守り続けるバカがいる
と書かれていたことで
まさにこの数週間で私が体感したことそのものでもあるのですが、
食事は体調によっていかに見直しが必要で、いかにデリケートかつ影響力のあるものであるかという事がよくわかりました。
体調不良にも関わらず、頑なに良いと信じて数年間菜食を守った自分自身は本当にバカだったなと思います。

ここで重要なことは、「何でも食べられる体を作るための」というくだりです。
ですから、個人差の大きい体質や体調を無視して、頭だけで排除一辺倒のお食事をしてはいけないのだと理解出来たことでしょう。
そして、お食事は体調に合わせて刻々と変わることが自然なのです。
きわどい病気の場合には、たった1食でも命取りになることもありますから、食箋というのは実に難しいものなのです。

幸せコースに通っていらっしゃる塾生さんに対しては、私が毎月その人の体質と体調を踏まえて食べ方指導をできるのですが、突然メールで「何を食べたらいいですか?」と質問されるのが一番困ります。
一度もお会いしたことのない人ならなおのこと。

ぽんさんは医療従事者だったご経験も含めて、次のようなご感想も書いておられます。
課題図書を読み、今は
体のパーツや働きのみならず、その人の背景や何もかも全て、陰陽で見る事ができることがわかります。
この陰陽の視点があれば、
人の全体像を全て陰陽から分析する事ができ、
どのようなところが宇宙の秩序から外れて現状に至ったのか、
今必要なケアや今後の生活について、
陰陽に基づいてもっともっと広く深く分析し、アプローチする事ができるのだなと思いました。
陰陽の考え方が、広く医学の世界、世の中に広まって欲しい!!!と切に思いました。

相当しっかりと陰陽のことを把握してくれて、感想文を宿題にして良かったなと思いました。
これからのぽんさんの人生は大いに変化することでしょう。

*   *   *

次は98-1の“さなえ”さんです。
陰陽の見方の5つのポイントを人生における考え方のポイントととらえてくださいました。
視野が広がるし悩みや問題も解決の糸口が見えてくる。
出来事は降りかかってきているのではなく自分が引きつけていると見る事もできて、人のせいや環境のせいなど周りのせいにして不可抗力と思うのではなく自分や環境を整えることで解決への一歩を踏み出せる。
自分のできることに集中してより力強く生きていけると思います。

とても大事なことを把握されたので、あとはそれをいかに実行するかにかかっています。
マクロビオティックは実学なので、実践してこそその良さを味わうことが出来るのです。
それが出来るようになると、お顔の表情が変わったり、姿勢が変わったり、何よりも目が輝いて来ます。
それらを可能にするのは、感謝の気持ちが本物になった時です。
これからの1年間でどこまでさなえさんが変化されるか楽しみにしています。

*   *   *

次は103-1の“みな”さんです。
まずはみなみさんの感想文をご紹介しましょう。
私がこの本を読んで最初に感じたことは、陰陽とはこんなにも面白いものだったんだ!こんなにも身近なものだったんだ!ということです。
以前、マクロビオテイックを習いに行った時は、陰陽は宇宙と自分が繋がっているという大きな枠組みばかりが自分の中に残り、正直身近なものとしては実感できていませんでした。

私の陰陽の認識が大きく変わったのは、愛クラスに参加してからです。中川式の玄米を食べ、食べた後の体調の良さ、気持ちの変化に今までに私の感じたことのない陰陽の力を感じました。陰陽の本当のすごさを身体で実感できたことで、私の中のストップしていた陰陽を理解して実感してみたいと思うようになりました。中川式の玄米を食べていたから、この本に書かれていることがより身近に感じられるようになったのだと思います。

陰陽の見方5つのポイントはとてもわかりやすく、スムーズに自分の中で理解することができました。特にpoint5の陰陽を善悪と捉えないことは、私の今までの間違った考え方をすうっと解き放ってくれました。

みなさんはのんびりとしたご性格なのですが、この文章からは心の高鳴りが伝わって来ます。
この高鳴りをそのまま持ち続けて、日々の生活を陰陽の目で見ていくことが出来れば、生活は激変します。
しかし、この文章だけに終わってしまうと、1年後もあまり変化がないことになります。
せっかく飛行機代をかけて京都まで通われるのですから、ぜひ1年後には別人になってほしいと思います。
中川さんと2人で三人四脚の応援をしますから、全力でくらいついて来てください。
そして、ご主人様にもビックリしてもらいましょう。

*   *   *

次は107-4の“みそっ娘”さんです。
彼女はマクロビオティックは初めてなのですが、とても正確に陰陽を把握されています。
「無双原理の十二定理」にも触れ、定理6の例として挙げられた文章から次のように判断されているところが素晴らしいです。
「石の壁も原子レベルでは隙間だらけで、電子が動き回っている」とありましたが、人間の身体やもしかしたら心にも、こうした定理は当てはまるのではないだろうか、目の前の相手も、自分自身も、見えないレベルで常に変化しているということなのかもしれないなと感じました。

そうなんです。
マクロビオティックとは、目に見えない世界を見てしまう“魔法のメガネ”を持つことに他ならないのです。
ですから、自分や周りの目に見えないことまで感じ取れるようになって行くのです。
今までの学校教育では、目に見えることを重視してきましたが、これからは見えない世界を愉しんで行きましょう。
これがむそう塾に通う中で、徐々に出来るようになって行きますから、1年後の変化が今から楽しみですね。
あなたは勘もよいし、自分で調べる力もおありなので、かなり成長されると期待しています。

もう1冊の推薦本が届いたら、そちらの感想文もいただけたら嬉しいです。
もっと陰陽のことが解るようになりますので。


他の塾生さんの感想文は「幸せコース感想文」からどうぞ。




(京都 瓢亭 2017.5.22)


+ – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床受付方法のご連絡(2017年度の場合)
中川式糠漬け(じゃい安)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材


カテゴリー: マクロビオティックの指導現場からシリーズ, 幸せコース感想文 | 4件のコメント

「マクロビオティックの陰陽がわかる」感想文(6) 陽性から中庸へ

最初は、幸せコースの宿題である感想文を記事にするつもりはなかったのですが、送られて来る感想文に心を動かされる内容のものが多くて、ついつい記事を書き続けています。
私の方も勉強になりますし、マクロビオティックが世の中でどのように受けとめられているかの現状を知ることにもなりますので、貴重な文章だと思って記事に残しています。

では、送られて来た順に感想文へのコメントを書いていきます。
102-3の“ともちん”さんは、iPhoneからあっさりとした内容の感想文を送ってくれました。
ともちんさんらしい(笑)
iPhoneから色々なことを済ませてしまう癖がついているんですね、きっと。
「体調不良を救う「現代版マクロビオティック食事法」(1)〜(4)」の記事にも書きましたが、なるべくパソコンを活用していただけたら、むそう塾からの情報が漏れなく正しく伝わるようになります。

たとえば、満員のエレベーターの中で、階数表示を見上げる行動など。
一見無意識な行動と思いきや、陰陽の視点でみるとちゃんと理由があったのですね。
あったんですよ。
行動にはすべて陰陽があります。
考えていることにも陰陽があります。
ですから、それらを陰陽で納得することによって、自分の行動を良くも悪くもすることが出来るのです。

人間は自然の一部を忘れずに、家族の健康・笑顔を大切にしていきたいと思いました。
ぜひ、このことを忘れないようにしましょう。
何かに迷ったら、いつもここに立ち返って答えを出しましょう。
間違いのない判断ができますよ。

*   *   *

次は62-4のYOCOさんです。
指定本と推薦本の2冊をお読みになっての感想文でした。
あなたは「無双原理の十二定理」を理解しようと、ずーっと頑張っていらっしゃいますね。
特に定理9.10.11への疑問は、教室で会話をしながらですと、すぐ理解できるようになりますよ。
内容が具体的になるからですね。

陰陽は厳然とある。
このことを再認識しました。
これが理解できると、あとは話が早いのです。
私たちはその陰陽のエネルギーバランスで生きているだけなのですから。

ちょっと長くなりますが、YOCOさんの文章でとても良いところがありました。
お食事も他の方へのツイッターやブログのご指導で、あなたに足りないのは優しく炊いたもの。と美風さんが繰り返しおっしゃっていたことを我が事と捉え、固まった心や細胞を緩められるようそれまであまり口にしてこなかった煮炊きしたものを意識的に摂るよう、またそんなお料理を作る工程を自分なりに大事にして参りました。

そんな中で、昨年のお出汁講座受講時に  福ZENで1番の楽しみになったのが、おからの炊いたんでした。

どちらかというとそれまでは苦手な陰のお惣菜というポジションのそのお料理を楽しみにしていた自身に我ながら驚きました。
先日の授業でもふか〜く味わって頂きました。
本当に何度頂いても美味しく、心から癒されます。

そうなんです。
強い陽性をお持ちのYOCOさんには、中庸のお料理が合うのです。
え? 強い陽性なら陰性が合うんじゃないの?
と一般的には考えがちですが、陰性を使うのは急いで結果を出したい時に向いています。
じっくり結果を出したい時には、むしろ中庸を使った方が穏やかに移行できます。
この辺の陰陽の使い方はかなりレベルが高いのですが、YOCOさんはご自分で陰陽を調節できて偉いなと思いました。

よく年齢とともに食べ物の好みが変わると言いますが、それはマクロビオティック的に言うなら、年齢とともに陰陽が変化しているから当然の結果なのです。
ですから、自分の陰陽が変われば、結果として美味しいと感じるお料理も変わってくるわけです。
これは別に年単位ではなく、日々起きていることなので、私たちは自分を陰陽の視点で観察するようにすると、どんどん面白くなって、生きるのが愉しくなってきますよ。


他の塾生さんの感想文は「幸せコース感想文」からどうぞ。




(おからの炊いたん 料理:京料理人  中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)


+ – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床受付方法のご連絡(2017年度の場合)
中川式糠漬け(じゃい安)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材


カテゴリー: マクロビオティックの指導現場からシリーズ, 幸せコース感想文 | 6件のコメント